ページの先頭へ△

2019年08月14日

台風10号にも役立つ?勝手に「台風対策まとめ」w

Facebookページツイッターでは書ける内容に限界があるのでブログにも。もちろん私的な意見なので、その旨ご理解願います^^ゞ

#台風前

  • 飲み水の確保(水道が止まるのはもとより停電時に冷蔵庫も開けられない)
  • パンや乾物の購入(カップ麺はお湯が作れないし冷蔵庫も開けられないのでパンがベスト)
  • 電池の購入(懐中電灯などの電池は意外と切れている)
  • 固定用のロープ購入(外のものの固定だけではなく室内でドアの固定などにも使える)
  • 目止め用のテープ購入(ビニールテープで2-3cmの幅広のものは重宝)
  • 氷購入ないし製氷(停電時の冷蔵庫対策)
  • USBで稼働するファン準備(窓は開けられないし停電でエアコンも使えないので重宝)

#台風直前

  • 外に出してあるものを全て室内へ移動(洗濯機も台風で動きます)
  • 外のバイクや自転車を倒して固定(バイクも平気で倒れます)
  • サッシの目止め(鍵を閉めても窓から浸水するので隙間を全て目止め)
  • 窓周りにタオルを敷く(窓枠からの浸水対策)
  • 充電(停電するまで充電しっぱなしがおすすめ)

#台風接近時

  • 懐中電灯を常に携帯(停電は前触れないのでライトは常に携帯)
  • 外に絶対出ない(ドアを開けた瞬間吹き飛びます)
  • 窓もドアも絶対開けない(窓を開けた瞬間ガラスが割れる可能性も)
  • 余計なことは何もしない(台風時は耐えるのみ)
  • スマホの電池を消費しない(スマホや携帯は生命線になるので無駄な電池は消費しない)

#停電時

  • 復旧時の火災防止のためブレーカーを下げる(できれば照明以外のブレーカーを下げましょう)
  • クーラーバッグに氷を入れる(冷蔵庫代わり)
  • 必要なものを冷蔵庫から移す(1日分程度)
  • 冷蔵庫に氷を入れ二度と開けない(1日はもちますし冷凍庫は開けなければ何もしないでOK)

#台風直後

  • ブレーカーを確認しながら戻す(火災防止)
  • 目止めをとって風や雨水が入り込まないか確認(外に出れるか否かの確認)
  • 外部を水洗いする(ドアも扉も壁も全て水をかけて流す)
  • エアコン室外機を稼働させる前に水洗いする(故障防止)
  • 排水溝の掃除(台風前にやっても詰まるだけ)
  • 車・バイク・自転車などの清掃(車は洗車機にかけるだけじゃダメで底は綿密に清掃)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/14-13:59 | 沖縄台風/災害情報

昨日のオレンジ色な光景。ウンケーの那覇(旧盆入り)

沖縄は台風の影響はほとんどないので平和な記事も^^ゞ

ここ数日の沖縄那覇。台風10号の間接的な影響で風が強いけど、その分、空気の流れがあって気候的には快適。天気も日中はその風が雲をどけて晴れているのですが、何故か朝だけは毎日曇り。今にも雨が降りそうな低い雲ですが、今のところ那覇では雨無し。

今日も朝ランの際はずっと曇っていましたが、走り終わるころになると、よーやく雲の切れ目も出てきて、そして仕事をする時間になると晴れています。

まぁ朝ランの際は晴れても曇ってもどっちでもいいのですが、朝ランの際に朝焼け撮影もしていたので、ここ数日は朝焼け撮影できず。でも夕時はその逆で、日没まではほぼ快晴。日没するぐらいから雲が増え始めるので夕焼けは無理ですが、夕日だけはここ数日望めています。昨日もばっちり。

昨日(8/13)の夕闇と夕日





あと日中は日中でとにかくいい天気の沖縄那覇。日差しも強烈ですが、風があるので外出もそんなにきつくはなかったです。ただ風がない場所は猛烈な暑さになるので、ここ最近の沖縄はいつもの「日影を選んで歩く」のはもとより、「風抜けがいい場所を歩く」ことも気を遣うようにしています^^ゞ

なかなか2つとも条件がそろう道は少ないですけどね・・・

それはさておき昨日の外出時。既にこのブログでもお伝えしていますが、今年は「ホウオウボクの花」がとにかく遅咲き。例年なら5月か6月に満開になる花が、何故か今年はこの8月に満開。もともとホウオウボクの開花時期は夏全般なので8月の開花も珍しくないものの、那覇のホウオウボクは毎年5月と6月の梅雨に開花するイメージが強いです。

しかし今年は真夏の青空をバックにオレンジ色の花を望める、まぁ景色的には良い感じですが、な〜んか違和感を感じる次第です。まっ、綺麗だからいいですけどね^^ゞ

そーいえば本土のお盆でオレンジ色の花と言えば「ほおずき」ですよね。ほおずきにご先祖様の魂が還ると言いますが、沖縄ではその伝統はありません。そもそも沖縄のご先祖様は歩いて還ってくるようで、なにせウークイの送る日には、躓かないように「杖」を用意するって言いますからね〜(本土では飛んでくるイメージですが・・・)。

2019年はホウオウボクが遅咲き!例年なら5月や6月




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/14-12:55 | 沖縄ライフ

今日は時すでに遅し!台風10号の通過を待つべし!!



台風10号による影響。メディアは明日の8/15ばかり注意を呼び掛けていますが、沖縄から見ると接近前の今日の時点で既に危険。沖縄に住んでいる人なら、本土の今日の状態なら外出すらしませんね。なのにいかにも明日が危険だから今日中に移動をするようにメディアなどは呼び掛けていますが、時すでに遅し。むしろ台風が通過しきる8/16以降に移動した方が無難だと思います。。

とにかくメディアも気象庁などから出る気象情報も、とにかく遅い!台風はいかに早く情報を察知し、いかに早く対応するかが運命の分かれ道。今の本土の状況は全て「1日遅い」呼びかけで、完全に手遅れ。なので本土の方は、今日・明日の移動はあきらめ「8/16」、できれば週末の「8/17-18」まで休暇を伸ばして移動するのがおすすめです。焦って今日(8/14)移動するのが最も無謀だと思います。

台風接近時、とかく前日は前触れなく突然荒れますので、動かないことが鉄則だと思います。

特に太平洋側で、北側に山があるエリアは、南から湿った空気が入り山にぶつかり雨雲が発生。突然、猛烈な豪雨になりますので土砂災害などに要警戒です。帰省などの大きな移動は台風明けがおすすめですが、避難活動は今日の早い時間にしておきましょう。特に危険なのは台風が通る豊後水道よりも、中心から少し離れた東側の「高知県」。もろに北側に山がある地形なので、最も危険度が高いと思われます。

まぁ沖縄同様、高知の方も台風には慣れている方だとは思いますので、備えはあると思いますが、帰省で台風慣れしていない人も多そうなので、別の意味で心配です。台風の怖さを知らない帰省中の人が、無謀にも海に近づき、突然の高波に流される・・・

台風の暴風も豪雨も高波も前触れはありません。突然やってきます。

移動は台風明けまで持ち越し、避難は今日の早い時間に済ませて、あとは台風が通過しきるまで耐えましょう。過ぎ去らない台風はありません。安全な場所で待っていれば必ず過ぎ去ります。とにかく今日・明日の本土の方は「むやみに外に出ない」の一言につきる次第です。


ちなみに沖縄も大東島が暴風雨の範囲に入っていますが、沖縄でも最も台風に強い島なので、この程度なら特に問題ないと思います。奄美群島にも大きな影響がありそうですが、大東島同様に備えは十分してあると思いますのでこちらも大丈夫かと思います。

沖縄本島も今朝はかなり強い西風が入り込んでいて、海は大しけ。陸上の西岸になると暴風が直接吹き込んできますので、沖縄でも西岸の海には近づかない方が良いと思います。でも東岸には台風からの波が直接入ってきますので、結果的に今日の沖縄本島は「いかなる海にも近づかないこと」がおすすめです。

反面、宮古・八重山は風速5m程度なので、風はそれほど強くはありません(本島10m/大東島15m)。台風10号で日本で唯一影響がほとんどないのが、この宮古・八重山かもしれませんね。といってもご旅行で避難できても本土への飛行機が欠航する可能性が高いですが・・・


とにもかくにも本土の方に言いたいのは、今日・明日の2日間は、避難以外の外出は一切しないで済むように備えていただきたい次第です。

台風は接近する当日よりも、その前日の今日の方が突然荒れるので、危険度が高いのをご理解くださいませ。
タグ:台風10号
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/14-08:39 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲