ページの先頭へ△

2019年08月11日

沖縄本島は天気の影響は少ないが波の影響はモロ!物資が・・・

そーいえば、台風前まで毎日のようにアップしていた、夕焼けや朝日の写真が、台風以降はぱったり止まりましたよね。もちろん、台風の影響で不安定な天気続きだったのもありますが、サガリバナなどの天気に左右されないものならアップできたものの、台風情報まとめに疲弊してそれどころじゃありませんでした^^ゞ

そもそもその花々を撮影していた朝ランも、ここ最近は不安定な天気で予定通りにすることができず、走ったとしても雨の影響が少ないコースがゆえに、花々もあまり望めないコースばかりでしたからね(水たまりが少ない道を選んでいました)。

ってことで久しぶりの朝日・夕焼け写真は、リアルタイムなものではありませんが、先日の台風9号が最も接近した「多良間島」のもの。

多良間島〜港桟橋朝日
多良間島〜港桟橋朝日


多良間島〜普天間港朝日
多良間島〜普天間港朝日


島の状況はどうだったのか、なかなかわかるすべがありませんが、大きなニュースが出ていませんので、どうにかやり過ごすことができたのかと思います。そもそも今回は風台風ながらも、最大瞬間風速が「46m」だと、それほど「猛烈」ってわけではありませんでしたけどね。ただその風も宮古島で記録されたもので、多良間島での計測は台風の影響で停止してしまい、多良間島ではもっと猛烈だったのかもしれませんけどね。

でも多良間島は平たんな島なので風もそのまま抜け、比較的台風には強い島だと思います。真ん丸の島の海側は至る所に防風林的な林がありますし、島内にも防護林があるので、今回の台風でも集落は守られていたのかと思います。

ただ写真の場所は防風林の先の港なので、しかも東向きだけあって今回の台風9号の南東の風がモロ。といっても写真の「普天間港」は今はメインに使われていないものの、昔からある港なので今までも何度となく台風を耐えてきたものなので大丈夫だとは思いますけどね。

ちなみに今日の宮古エリアは朝から晴れ。多良間島も午前で31度超を記録。風もすっかり落ち着いたので、あとは海が穏やかになるのを待つだけですね。通常だと、風が落ち着いた2日後ぐらいになって波も落ち着くので、まともな海に戻るのは連休明けかな?でも連休明けの沖縄は旧盆入りなので、タイミングとしてはまずまず。多良間島へ帰京される方も多いかと思います。

た・だ・し、台風10号からの波が入ってこなければ・・・

<今後の沖縄海域の波予想>

8/11 沖縄本島海域3-4m/宮古八重山海域4-5m
8/12 沖縄本島海域3-4m/宮古八重山海域2-3m
8/13 沖縄本島海域4-5m/宮古八重山海域2-3m
8/14 沖縄本島海域5-6m/宮古八重山海域2-3m



予想通り、台風10号の波が思いっきり入ってきそうです。

ただし進路から遠い宮古・八重山は船便が全て欠航するレベルではなく、八重山では西表島上原便と鳩間便が欠航するぐらいじゃないかな?波照間便は微妙ですが、もろに波を受ける南波ではなく北波なのでギリギリってところかな?多良間便はもともと今日の日曜日は運休ですが、明日以降なら台風9号の余波も減って無事に運行できるかな?

しかし沖縄本島海域はもろに旧盆休みに台風10号の高波が直撃。まず最も台風に近い大東島への船は確実に欠航(既に8/5以降ずっと欠航中)。慶良間便は今日こそ運航していますが、明日以降は特に高速艇は厳しいかも?でもまだ東波なので、沖縄本島が波をブロックしてくれるので、本島西岸航路はまだマシかもしれませんね。

そして最も気になるのが沖縄〜鹿児島航路。既に本土からの物資はかなり滞っていて、本土からの物資に頼っているドンキホーテは空の棚ばかりでした。現にマリックスラインは8/7以降欠航しており、8/11の鹿児島発沖縄行きは運航していますが、8/13以降はまた欠航。そりゃ、沖縄への物資も滞るわけです。

台風9号も10号も直接的な影響がない沖縄本島も、この船便欠航による影響はかなり大きいです(物資不足を実感!)。

台風10号が完全に日本海域から遠ざかるまで、沖縄の物資不足傾向は続きそう。ってことは物資がまともに整うのは、台風0号が本土を抜ける8/15から3日後の8/18以降?(輸送に2日かかるので)。台風の直接的な影響はなくとも、船便への影響がモロの沖縄。

<台風9号と10号による船便への影響>

  • 鹿児島〜沖縄航路 8/7以降欠航、8/11-12再開、8/13以降欠航
  • 大東島〜那覇航路 8/5以降欠航中(8/16再開予定)
  • 慶良間航路 8/11は通常運行(8/12以降は微妙)
  • 八重山航路 8/8-9全便欠航、8/10午前便欠航(午後再開)、8/11波照間便欠航(最終便未定)
  • 多良間航路 8/7以降欠航中(8/12再開の可能性大)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/11-11:17 | 沖縄台風/災害情報

台風9号の次は台風10号!大東島の風向きがポイント



ホントに沖縄には「台風一過」はありませんね。むしろ台風の後はその雲の一部が残り、新たな「プチ台風」的なものによって大雨になることが多いです。昨日の沖縄本島はまさにその典型的な気象で、特に沖縄本島北部ではかなりの大雨になりました。台風9号による雨が少なかった分、プチ台風で一気に降った感じです。昨日1日で辺戸岬で「106o」、水族館がある本部で「94o」と猛烈。那覇でも昨日は「42o」も降ったのでかなりのレベルでした。

でも今朝はプチ台風が北上しきったので、沖縄への影響は少なく、よーやく雨を心配しないで済みそうな感じです。

しかし今後は当初は沖縄への影響はほとんどないと思われていた「台風10号」による影響。米軍予想が2日連続で同じコースということで、ほぼこの近辺で進むとなると、沖縄にも間接的な影響がありそうです。現在はプチ台風や台風9号の影響で「南風」ですが、これが「北風」になったら、台風10号の間接的な影響がある証拠。

今後の沖縄は風向きに要注意です。同時に波の向きも変わりますので、お盆休みに泳がれる方は海から風が入ってこないビーチを選びましょう!(南風なら北向きビーチ、北風なら南向きビーチ)。

とはいうものの、今年のお盆は旧盆と全く同じ日程なので、旧盆の時期に海で泳ぐのは沖縄ではNG。特に旧盆最終日の「8/15」は、ご先祖様があっちの世界へ戻る日なので、その日に泳ぐと一緒にあっちの世界へ連れていかれてしまうと言いますからね。もちろん迷信のようなものですが、ただ今年はあながち間違っていないかもしれません。

台風10号の奄美・沖縄への接近が8/14前後となれば、波は8/16頃まで残るので、まさにお盆休み・旧盆休みの「8/13-15」の南西諸島の海はかなり危険!ご旅行で沖縄・奄美にお越しの方もお盆休みの期間は海に入らない方がおすすめかと思います。見た目では大丈夫そうでも、海の中は流れが速いこともありますので、特に湾状で囲まれていないビーチ以外は泳がないようにしていただきたい次第です。

<湾状のビーチの例>
・渡嘉敷島のトカシクビーチ
・阿嘉島の阿嘉ビーチ
・宮古島のインギャー
・伊良部島の中ノ島
・石垣島の底地ビーチ
<流れが速い危険なビーチの例>
×阿嘉島のニシ浜
×宮古島の与那覇前浜
×来間島の長間浜
×伊良部島の渡口の浜
×石垣島の米原ビーチ
×黒島の全てのビーチ
×波照間島の全てのビーチ


ちなみに竹富島のコンドイビーチや、久米島のイーフビーチは、湾状ではないものの、超遠浅なので波が入りにくく、泳げるかもしれません。ただし満潮時は波が入ってくるので避けた方がおすすめかと思います。また沖縄本島のビーチはほとんどが、もともと波が入りやすい岩場を埋めている「人工ビーチ」なのでおすすめではありません。防波堤で囲まれたいかにも「造られたビーチ」以外は、本島のビーチはあまり泳がない方が良いかと思います。

なので今後の沖縄は台風10号による波がいつ入ってくるかがポイント。それを占ううえでも、「大東島」の状況をチェックするのがポイントです。南西諸島で最初に影響を受けそうですからね。大東島が北風に変わったら、沖縄・奄美は要警戒です!

もちろんもっとも警戒が必要なのは「本土」だと思いますが、沖縄から状況はつかめませんので、本土の気象予報士殿やメディアにお任せいたします。といってもあおるばかりで参考になる情報は発信されないと思いますが・・・(数値を並べた結果ばかりで明確な予想を述べない・・・)



※台風9号の南風と台風10号の北風で相殺されて朝の段階で無風
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/11-06:16 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲