ページの先頭へ△

2019年07月08日

本物の梅雨明けは観測史上最も遅い?でも役人が認めませんがw

この週末は完全に「宮古・八重山は梅雨明け」のままでしたが、「沖縄本島・大東島は梅雨に逆戻り」って感じでしたね。那覇だけでもとにかく不安定な空模様で、1日を通すと読みにくい天気でした。でも短時間あたりの天気は、沖縄に住んでいると読めるようになるので、週末の外出は多少の予定変更はあったものの、雨で中止になることはありませんでした。

土曜日は夕方に買い物もできましたし、日曜日は午前中に遠出もできました。

しかし日曜日は本気で怖かったです。その遠出をして戻ってきた30分後。家のすぐ近くに落雷。猛烈な閃光と同時にものすごい音が鳴りましたからね。まさに稲光と轟音が同時だったので、すぐ近くでの落雷だった証拠です。まぁ那覇市街なので、落雷があっても建物の避雷針に落ちますので、心配は要りませんが、その落雷の30分前まで自転車で外を移動。高い建物が少ない道だと、非常に危険だったことでしょう。

わずか30分が大きく明暗を分けていたかもしれませんね。

でもその午前の外出は気温もそれほど高くなく、そして風もなかったので移動はスムーズ。用事も無事に済ますことができました。ただ帰りは少しだけポツポツ来ていましたが、歩いていても傘をさすレベルではなかったので、自転車でも問題なし。

雨の読みは上手くいったみたいです。

しかし本島や大東島はこんな感じで不安定な天気の週末でしたが、宮古・八重山は同じ沖縄地方なのに、どっちも梅雨明け後の晴天続き。気温も33度近くまであがっていましたしね。ちなみに週末の那覇は最高でも28度台で、最低気温は24度台と、まさに梅雨時期の気候でしたね。

ホントに沖縄気象台が出す「沖縄地方の梅雨」って、実際はその逆になるんですよね。


まずは「沖縄地方の梅雨入り」が発表されたあとの1ヶ月は9割晴れ。
そして「沖縄地方の梅雨明け」が発表されたあとの1週間は半分が雨。


なんだかな・・・

まぁ梅雨入り後の晴れ続きは毎年のことなのでどうでもいいですが、梅雨明け発表後の雨続きは近年でも珍しいです。この状態なら、沖縄地方の「6月29日」の梅雨明けは取り下げて、修正した方がいいかと思いますね。でもそうしちゃうと、観測史上最も遅い梅雨明けになってしまうので、役人はこの「記録更新」を非常に嫌がります。多分修正はないかな?

でもこの戻り梅雨(っていうの?)のおかげで、ここ最近の那覇はエアコン要らず。過ごしやすい陽気で助かっています。台風以外で過ごしやすい陽気になるのはホントに珍しいです。

さて、本物の梅雨明けはいつになるんでしょうね〜。

ちなみに今朝の那覇は久しぶりに雨無しで、青空も望めています。でも空気感は「梅雨明け」ではなく「梅雨真っ只中」の感覚。まだ本物の梅雨明けまでは時間がかかりそうです・・・

今朝の那覇の空模様



昨日の沖縄各地の最高気温

#石垣島 32.8度
#多良間島 32.7度
#宮古島 32.5度
#西表島 32.4度
#波照間島 32.4度
#与那国島 32.4度
#下地島 31.9度

#久米島 30.7度

#那覇 28.8度
#南大東島 28.7度
#名護 27.8度
#南城 27.5度
#辺戸岬 26.6度


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/08-08:37 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲