ページの先頭へ△

2019年06月06日

今日は「糸満ハーレー」旧暦5月4日の本物のハーリーです!!

糸満ハーレー〜港へ飛ぶ
糸満ハーレー〜港へ飛ぶ


糸満ハーレー〜港へダイブ
糸満ハーレー〜港へダイブ


2018年の糸満ハーレーでの光景。

見事でしょ?我ながらこんな瞬間をよくも撮影できたものと驚きます。ちなみに1枚目の足から飛び込む人の写真は、決して合成ではありませんよ〜。リアルに港に向かって宙に飛んだ瞬間です。っていうかこの光景も、港全体を撮影しようと思って立った場所で、いきなり目の前の人が飛び込んだので撮影できたもの。まさに想定外の出来事でした。

でも大人はみんな足から飛び込みますが、小中学生は頭から飛び込みますね。若いですよね〜(大人にはその勇気がなかなかありませんよねw)。

さて、今日の糸満ハーレー。

那覇ハーリーはGWに行われますが、あれはまがい物です。本当は今日の「旧暦5月4日」に行われるもの。中でも糸満のものは、沖縄でもナンバーワンレベルの盛り上がり!既に競漕は始まっていますが、注目のこの「港へダイブ」は・・・

午後1時ぐらいに開催!

ちなみに参加は自由。でも普通の服装でそのまま飛び込むと、おぼれる可能性が高いので、飛び込む方は事前に水着ないし濡れても泳ぎに影響がない装いが必須。さらに一度飛び込むと、かなり泳がないと陸上に上がることができませんので、それなりの泳力も必須です。

でも糸満ハーレーでのこの港へダイブは、安全対策も施されていて、飛び込む前に浮き輪が各地に設置されていますし、万が一陸までたどり着けなくても、ボートや水上バイクがケアしてくれますので安心です。

そして飛び込んで目指すは・・・

アヒルとスイカ

獲ったもの勝ちです。そのまま持って帰れます。アヒルに関しては動物愛護なんちゃらからクレームもありますが、あくまで伝統行事なのでその点を理解して頂きたいものです。またスイカは浮き輪代わりになるので、意外と狙い目です。まぁどちらも持ち帰るのは大変ですので、地元の人がメインで飛び込みますが、そのシーンを見るだけでも楽しいので、今日の午後1時は糸満漁港へ!

もちろんその前後の競漕も見物ですけどね^^ゞ

2019年の糸満ハーレーの情報

【名称】糸満ハーレー/ユッカヌヒー(ハーリー・海神祭)
【開催】2019年の旧暦5月4日は「6月6日」
【場所】糸満漁港
【時間】午前10時〜午後4時(港へダイブは予定では午後1時10分〜29分)




2018年の糸満ハーレーの光景

<競漕>


<港へダイブ〜アヒル>


<港へダイブ〜スイカ>



糸満ハーレーの旅行ガイド

糸満ハーレーで港へダイブ!沖縄伝統行事・ハーリーを全身で楽しむ!!




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/06/06-09:49 | 沖縄イベント情報

梅雨明け後は雲が多くなる沖縄!その分、空の色が朝夕楽しい!!

今朝も那覇は「最低気温26.1度・湿度95%」。梅雨明け後の真夏の数値です。そして朝ランして実際の空気感を、まさに肌で感じてきましたが、100%梅雨明け後の空気感でした。汗のかき方でリアルに季節感が分かります^^;
  • 【梅雨入り前】汗はかくけどすぐに乾く
  • 【梅雨の期間】気温が低めなので意外と汗をかかない
  • 【梅雨明け後】ウェアから汗がしたたり落ちてしぼれるレベル

まさに今朝は最後の状態。走り終わった後、何もしていないのにウェアから汗がポタポタ落ちていました。上着を脱いで軽く絞ると、物凄い量の汗が!?しかしこんなに汗をかいても特に喉が渇く訳でもなく、純粋に暑さで体中の水分が抜けた感じ。いわゆる「サウナ」と同じ状態かな?それほど、朝から暑い今の沖縄ってことです。

そして空の感じも、今朝も昨日の夜もまさに「真夏」って感じ。

今朝の沖縄の空模様/朝焼け



昨日の夕方の空模様/夕焼け




梅雨明け後の沖縄の朝夕って、意外にも雲が多いんですよね。むしろ梅雨や梅雨入り前の方が雲が少なく、すっきりとした空の朝や夕時になりますが、梅雨明け後は朝夕は必ず雲が出てきます。なので真夏の沖縄だと、朝日や夕日は意外と望みにくい。反面、雲が多いので朝焼けや夕焼けは綺麗です。特に昨日の夕時なんて、夕日は全く望めませんでしたが、刻一刻と変わる夕焼けがかなり楽しかったです。

しかし昨日も今朝もほぼ無風の沖縄。梅雨明け直後ならまだ南風があって暑さも和らぎますが、昨日から今朝にかけては風がなく、猛烈な暑さでした。つまり今の沖縄は梅雨明け直後どころか、梅雨明けしてもう時間がたっている状態。

まぁ梅雨明け状態も無風も一時的なものではあるとは思いますが、今朝のの那覇は超暑いです。

無風なので飛行機が様々な方向から那覇空港へ




しかし昨日あたりから気になっていたのですが、実は本土方面に猛烈な雨雲群が接近中。昨日まではまだ大陸にあったので、特にブログでもツイッターでも明言しませんでしたが、今朝はついに大陸を抜けて日本海側へ。この緯度だと、本土は全域で大雨になる可能性も有りますね。やや北寄りなので、太平洋側よりも日本海側が要注意かな?

反面、沖縄からは遠くなるので、沖縄で雨になっても一過性。その分、その雨雲群に湿った風が入り込むので、沖縄はさらに暑くなるかも?

完璧に梅雨明けですね〜。そして本土はその雨雲群をきっかけに「梅雨入り」って感じかな?まぁ本土も最近の梅雨は、「長雨」ではなく、一過性の「豪雨」が多いですけどね。っていうか本土も既にそんな状態が続いていますので、リアルにはとっくに梅雨入りしているのかもしれませんね。


さて、この雨雲群。本土にどのような影響をもたらすか。そして沖縄はどこまで暑くなるか?週末以降はこの雨雲群には要警戒です。もちろん、素人の戯言なので、なんの影響も無い可能性もありますけどね^^ゞ


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/06/06-08:07 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲