ページの先頭へ△

2019年05月04日

今日(5/4)は鳩間島音楽祭!でも例年なら昨日(5/3)じゃね?

GWといえば、沖縄本島では「那覇ハーリー」ですが、離島では鳩間島で開催される「鳩間島音楽祭」です。っていうか那覇ハーリーは、商業目的のハーリーなので、あまり風物詩的な感じはありませんが、鳩間島の音楽祭は、まさに5月3日の風物詩!(こちらも商業的要素もあっての日程かもしれませんがw)

でも例年なら「5月3日」開催なはずが、2019年は今日の「5月4日」開催。理由はよく分かりませんが、どのみち5月の3〜5日の連休開催なのは変わりませんけどね。以前、この音楽祭に「BEGIN」が来たこともありましたが、さすがに今年は例年通りの地元のミュージシャンのみだそうです(BEGINも石垣島出身ですけどね)。

第22回 鳩間島音楽祭 出演ミュージシャン

・池田卓
・ミヤギマモル
・金城弘美
・仲宗根豊
・加治工勇
・ナシル
・かじくあつし
・琉球國祭り太鼓八重山支部

ほか


開催場所はもちろん鳩間島。港近くの集落内にある公民館前広場です。時間は開場が午前10時で、イベントは午前11時から午後3時半まで。さすがにこの日はこのイベントがあるので、入島料「1000円」かかります。もちろん他にも船代がかかります。

さすがにGWのど真ん中に離島巡りをするのは厳しいので行ったことはありませんが、でも以前に音楽祭に直前に島へ行ったことはあります。その際は、ステージも準備されていましたし、雰囲気は味わえましたね。何より、5月にもなれば八重山は梅雨明け間際なので、天候的にも恵まれていました(公式には梅雨入り発表さえされていませんがw)。

2015年だったかな?鳩間島音楽祭直前に鳩間島へ行ったときの光景。

鳩間島〜音楽祭前の景色
鳩間島〜音楽祭前の景色


鳩間島〜音楽祭前のビーチ
鳩間島〜音楽祭前のビーチ


しかしこの時は、究極の「鳩間島弾丸来島」で、島滞在はわずか50分。

弾丸鳩間島スケジュール

・西表島上原10:30→鳩間島10:45
<鳩間島滞在50分>
・鳩間島11:35→西表島上原11:50



そう。あの午前のわずかな2便を使っての来島でした。結果、来島しても行けたのは、音楽祭会場がある小学校近くと、この屋良浜のみ。もちろんやる気になれば50分で島一周も可能ですが(歩いて30分で巡れますしやったことありますw)、それだと写真撮影もままなりませんからね。でも集落をちょっと見るだけなら、この弾丸来島でも十分です。といってもこの弾丸ができるのは4月から9月までの夏ダイヤのみ。また往路は石垣島から上原港経由ですし、復路も上原港経由で石垣島まで行きますので、石垣島からの弾丸もできますが、さすがにそれはもったいないので、毎回、西表島滞在時にやっています(上原〜鳩間島は片道¥890)。

なので今日もその弾丸も可能かもしれませんが、さすがに今日は満席状態でしょうね。しかも音楽祭は11時からなので、最初の30分しか楽しめません。そもそも音楽祭の日は臨時便も出そうなので、この弾丸スケジュールで来島する必要もないとは思いますけどね^^ゞ


気になる天気ですが、5/2は梅雨で雨模様、5/3は雨こそ無いものの曇り空だったみたいですが、5/4は期待できそうですね。無事に音楽祭も、そして鳩間島の景色も楽しめることを願っています。また風もほぼ無風なので、気になる上原便と鳩間便の欠航も、今日は問題無さそうです。

行かれる方は、音楽だけではなく島も存分に楽しんで下さいね。





鳩間島〜音楽祭前の景色鳩間島〜音楽祭前の景色


鳩間島〜音楽祭前のビーチ鳩間島〜音楽祭前のビーチ




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/05/04-07:26 | 沖縄イベント情報

夕日と花火。那覇ハーリー会場には行かなかったけど昨日は楽しんだ!

昨日の夕日。ちょっと面白かったです。那覇の泊大橋越しにみていたのですが、大橋の上に夕日が沈むことはよくあるのですが、昨日は大橋の下から夕日の日の出?が望めました。そしてさらに水平線近くに雲が多いこの時期としては珍しく、夕日が水平線までそのまま沈みました。

夜景とは違って夕日や夕焼け(朝日や朝焼けも)って、1日として同じものはありませんので毎日見ても楽しいです。特に那覇市街だと、那覇空港に発着する飛行機も望めて、さらに変化がありますからね。でも昨日は北風だったので、那覇市街側からの着陸シーンはありませんでしたけどね^^ゞ(離陸はありますが)

昨日(5/3)の泊大橋周辺の夕日




ちなみに昨日から、この泊大橋のすぐ先にある那覇新港で、那覇ハーリー開催していますが、初日の昨日は会場へは行かず、遠くから花火だけ見ました。っていうかそれで十分ですけどね〜。でもその花火は毎年見ていると、夜景と一緒で全く同じに感じてしまいますね。特に沖縄の花火って、本土のような職人が技を競う色合いは皆無で、花火の種類もマンネリ。しかも那覇ハーリーの花火は5/3〜5/5の3日間連続で開催され、ほぼ毎日同じ花火。

特にクライマックスの花火は、毎日毎年まっっっっっったく同じですからね〜。

たまに変わり種の花火(ドラえもんとか星形とか)もありますが、昨日はそれすら無くて面白みが無かったです。なので写真はちょっとのみ。面倒なので大半を動画撮影。一応、アップしておきます^^ゞ

昨日(5/3)の那覇ハーリーの花火(写真&動画)




別ページで花火の動画を見る

まぁ夕日も花火も、一足早い夏って感じで、本土の方には良いかもしれませんけどね。でも花火に関してはホントに本土の花火とはレベルが違いすぎるので、本土の花火大会に毎年行きたくなります。特に地元の花火大会は、雰囲気も馴染みなので行きたくなりますね(S田川花火大会と今は無きT湾大華火大会)。

でも沖縄だと本土の花火大会のような混雑も無ければ、場所取りに神経使うことも無く楽ですけどね。しかも那覇の花火なら会場まで徒歩圏内。電車移動も車移動もありませんし、さらに那覇ハーリーの花火は出かけること無く望めるので、マンネリとか贅沢言っちゃダメですよね^^ゞ


ってことで、GW後半。実質初日に「5/3」は夕日と花火を少しだけ楽しみました。今日は買い物で那覇ハーリー会場方面へ寄り道できそうなので、会場はチェックしてきます。でも通過のみで、特に会場での飲食はする予定はありません。なにせ那覇ハーリーといえば、沖縄のイベントの中でも「テキ屋は超マンネリ」ですし、「ビールは最高値」なので、魅力ゼロです。ネタ用に会場の写真が撮れれば良しとします。

でも明日は別。なにせ大トリの無料ライブに、あのグループが出てきますからね。無料イベントでは初めてじゃないかな(多分)。しかも最近、美容室の美容師さんと「沖縄のイベントでそのグループが出てくれたら嬉しいですよね〜」って話で盛り上がっていたばかりなので、まさに「まさか!」の出来事です。


♪上海はに〜♪


明日は一緒に歌って踊れることを楽しみにしています^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/05/04-06:08 | 沖縄イベント情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲