ページの先頭へ△

2019年02月15日

今年の冬はもう終わり?暖冬ではなく短冬の沖縄

沖縄はもはや冬は終わっています。もともと春という季節感がない沖縄ですが、今の状況は夏と冬の境界線って感じ。やや夏寄りって感じです。なにせ昨日も波照間島では「27.6度」を記録しましたし、那覇でも連日24度を記録。

今朝も最低気温で20度近くもあるし、湿度も90%台と高め。

5月や6月上旬頃の季節感です。昨日も今朝も室内なら半袖1枚で過ごせるレベルで、せっかく出したストーブは、今シーズンは一度も使うこと無く、片付けることになりそうです。さらに室内着の長ズボンも、この冬は2回着用したのみで、そのまま放置中。このままだともう使うことも無さそうなので、洗濯して夏物と入れ替えた方がいいような状況です。

暖冬の次元を越えていますね。この冬の沖縄は。

<昨日も夏日の沖縄>
#波照間島 27.6度
#西表島 26.4度
#多良間島 26.2度
#下地島 26.2度
#宮古島 26.1度
#石垣島 26.0度
#与那国島 25.4度
#那覇 24.0度


本土はさすがに極寒の時期もありましたが、平均するとやっぱり暖冬なのかな?でも沖縄は寒い日がほとんど無く、常に平年以上の気温がずっと続いています。特にこの2月は夏模様になる日が多くて、冬物を着る機会が全くありません。特に朝ランする際も、せっかく準備していた冬用ウェアを全く使うことがない状態。今朝も夏場の装いで十分で、それでも汗だくになっていましたからね〜。

ただ気温が高い分、まとまった雨が多いこの冬の沖縄。

例年の冬の沖縄は雨は多いものの、小雨が降ったり止んだりする程度ですが、この冬は「ドカン!」と降る夏の雨が多いです。一昨日の豪雨なんてその良い例。しかもその雨のあとも北風になるのは一瞬だけで、すぐに南風に戻って気温も上昇。今朝もまさにそんな感じの、生暖かい南風でした。

1月も暖冬傾向だったものの、寒くなる日も多かったので、平均すると「観測史上第8位」の気温でしたが(それでも記録的暖冬)、このまま行くと2月は観測史上でも上位の平均気温になりそうです。もちろんまだ2月ももう半分残っているので、寒の戻りもあるかもしれませんが、逆にさらに暑くなる可能性もあります。

温暖なのは生活する身としては助かりますし、本土からご旅行で来られた方も、寒さをしのげて良いかもしれませんが、この先の気候がどうなるか不安になります。暖冬だと暑い時期が長くなるので台風が多くなる・・・


ちなみに今日の那覇。WNIもTenkijpも、ほぼ「1日雨」予報。でも朝の段階で雨は降っていませんし、沖縄近海にまとまった雨雲群はありません。八重山の北に雨雲群はありますが、すぐに本島海域まで来る感じではないので、今日もいつも通り見事に外れそうな沖縄の天気予報っぽいです^^ゞ

まぁ朝から20度以上もあって南風だと、またスコール的な夏の雨が突然降るかもしれませんけどね〜。まだ2月も中旬ですが、既に梅雨時期の気候です^^;
タグ:暖冬 短冬
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/02/15-08:33 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲