ページの先頭へ△

2019年01月16日

この冬の沖縄は「西雨東晴」?

2019年の1月、っていうかこの冬は、完璧にこの傾向ですね。

「西雨東晴」

宮古・八重山はホントに雨が多い。今朝も沖縄本島では空気も程よく乾燥していて、風もなく雨の雰囲気は一切ありませんが、宮古・八重山近海だけ雨雲群がかかっています。っていうか何故か島があるところだけ雨雲があるんですよね〜。まぁ島(陸地)があるから、雲が発生するのかもしれませんが、それにしても何故に離島という小さいエリアだけ雨雲群が発生するのか謎。沖縄本島では全然雨がないのにね〜。

まぁその雨の理由は「気温の高さ」。

明け方前の1日で最も気温が低くなる時間で、那覇でも平年より3〜4度高い19度弱。平年の日中の気温です。そして宮古・八重山は最低気温で20度超。しかも雨が降ってからの気温がそれで、雨の前では深夜でも23度とか。

「暖冬」の次元をはるかに超えていますね。

本島も宮古・八重山も、平年の3〜4月の初夏の時期の気候。もちろん沖縄旅行するには最高の陽気かもしれませんが、このまま気温が高い状態だと確実に桜が咲かない・・・

あと宮古・八重山は雨が多いですが、逆に沖縄本島は確実に少雨傾向で、そろそろ水不足も心配されます。なにせ例年の冬の沖縄は雨が多い時期で、降水量もそれなりに期待できるのですが、この冬の沖縄本島はとにかく雨が少ない。

まぁ2018年の台風シーズンは物凄い雨の量で、蓄えは十分あるものの、このまま暖冬・少雨傾向が続くと、次に雨が期待できるのは5月以降の梅雨。その梅雨も最近は雨が少ないので、結局、回り回って「台風頼み」になっちゃうんですよね。去年はまさにそんな感じ(10月初旬にダム貯水率100%)

確かに温暖な気候は生活するには助かりますが、他にいろいろ影響がありそうで心配になります。

ちなみに今日の沖縄。宮古・八重山は既に雨モードですが、沖縄本島でも「雨予報」が出ていたものの、先の話の通り、肌で感じる空気感からすると雨の心配は今のところなさそう。もしかするとこの冬の沖縄は、この「西雨東晴」とすると、旅行は沖縄本島ないし本島周辺離島がベターなのかな〜?

でも宮古・八重山は晴れれば確実に「夏日」になる傾向。昨日も各地で25度超の夏日を記録しましたからね。

#波照間島 25.9度
#石垣島 25.5度
#多良間島 25.2度
#下地島 25.1度
#西表島 25.0度
#与那国島 24.6度
#宮古島 24.6度

#那覇 23.4度

ちなみに去年の12月も猛烈に温暖でしたが、月の平均とすると那覇は観測史上2位の暖冬。2016年はそれを上回っていたらしいです(2016年/平均気温20.5度・2018年/平均気温20.4度)。1月になると1998年の「平均気温18.7度」が最高ですが、この1月前半だけを見るとそれをはるかに超えていそうです。そーいえば去年も温暖な1月で、観測史上第4位の「平均気温18.4度」でした。

3年連続で「超暖冬」の沖縄です。

ちなみにその暖冬のおかげ?で気温が高いからなのか、この冬の沖縄は朝日・朝焼けも、夕日・夕焼けも綺麗です。昨日も冬の沖縄では滅多に望めない、色鮮やかな夕焼けを楽しめました!・・・っていうか夏の色です^^ゞ

sunset20190115.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/01/16-06:00 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲