ページの先頭へ△

2018年12月28日

好みのミニカレンダー。作った方が早かった^^ゞ

カレンダーにちょっとだけこだわりがあります。

それは「大きさ」。

壁掛けの大きなカレンダーはどうしても好きになれず、卓上のものでもとにかく小さいものが好みでした。「無印良品のミニカレンダー」がまさに希望通りで、毎年購入していましたが、この無印のミニカレンダーでどうしても気に入らないポイントが1つ。

「月曜が週始め」


<無印良品のミニカレンダー>

国際規格だと月曜始めのものが一般的なのかもしれませんが、日本だとやっぱり日曜日から始まるものが多いですよね。個人的にも週の初めは「日曜が週始め」という感覚があるので、無印のこの「月曜が週始め」をどーーーしても馴染めませんでした。それでもサイズ優先で我慢して使っていましたが、去年の年末手に入れた2018年のカレンダー。

なんとダイソーで、無印とほぼ同じサイズのカレンダーを発見。しかも3個で108円。もちろん「日曜が週始め」。ちなみに無印のものは1個300円なので、1個あたりにすると九分の一と激安。

自宅と仕事場の両方に置いても1個余る程度なので、2018年はダイソーのミニカレンダーを大変重宝していました。


<ダイソーの3個で108円カレンダー>

しかしダイソーの季節もの商品。2年連続で同じものは売りません。

沖縄の大きなダイソー(美栄橋・新都心・旭橋)全てを回りましたが、去年あったミニカレンダーの2019年版は見つかりませんでした。ちなみに沖縄には百均だと他にも「キャンドゥ(ドラッグストア併設)」と「セリア(ホームセンター併設)」もありますが、そもそも併設店舗で狭く品揃えはイマイチで、カレンダーの種類も少なめ。仕方ないので2019年版カレンダーは無印のものを復活させるかな?っと思っていました。

そして年末の年賀状印刷の際、ふと思いつきました

「ミニカレンダーなら自分で作った方が早くない?」

年賀状のテスト印刷用ハガキ台紙を使って作ってみたら、意外と簡単でしかも自作なので希望通りのサイズに!?

ハガキ台紙1枚に12ヶ月全部を印刷し、左に1-6月、右に7-12月をレイアウト。印刷後に左右を縦に切り分けます。そして1/3ごとにカッターの切れ目を横に付けて三角形に折り曲げて完成!年賀状印刷でプリンターの設定もしてあったので簡単でした。

その出来は!?


<ハガキ台紙で作った自作カレンダー>

上々ですw上等ですww

さすがに月めくりのような加工をするのは面倒なので、半年分を2ヶ月ごとに三角形を転がして見ることができるようにしました。もう半年は三角形の中に収納して邪魔にならないように細工。

これならコスト10円レベルw(ハガキ台紙1枚+印刷代)

気づくのが遅すぎました^^ゞ

「ミニカレンダーは自分で作った方が早い」

minicalendar20181228.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/12/28-13:02 | 沖縄ライフ

雨が降ったり止んだり、よーやく冬らしい沖縄。しかしあの傘は止めて欲しい!!

12月も28日になって、よーーーやく「冬の気候」になった沖縄です。でも昨日はまだ、石垣島と下地島で最高気温「25.3度」の夏日も記録。那覇でも空港で最高気温「23.2度」と、程よい気温。風はやや強めだったものの、那覇は天気に恵まれ、湿度が低かったので、爽やかな「初夏の陽気」でした。

しかし昨日の夜ぐらいから北風が強くなり、施工が甘い沖縄の建築物だと、すきま風が室内に入ってきて、閉めきっているにもかかわらず風切り音がピューピュー。まぁわずかな隙間でも風が猛烈に強いと仕方ないかもしれませんね。なので今朝の那覇は、室内でも外と同じぐらいの気温でかなり寒いです。でもまだ室内で靴下を履きたくなるレベルではなく、暖房なしでも服装のみで調整できます。

今年もあと4日で、よーーーーーやく冬になった感じの沖縄です。

ちなみに冬の沖縄と言えば「風が強い」のに加えて「雨が多い」のも特徴。実は1年で最も雨が多いのは、沖縄では「梅雨」よりこの「冬」なんです。もちろん「降水量」としては梅雨や台風シーズンの夏ですが、雨が降っている時間が長いのは明らかに「冬」。昨日も那覇など沖縄本島は雨無しだったと思いますが、宮古・八重山はまさに冬の雨の様相で、降ったり止んだりを繰り返していたようです。

この時期の沖縄の天気は1日ごとに「宮古・八重山」→「沖縄本島」→「大東島」へ移動するので、今日は沖縄本島が不安定な天気かな〜?

まぁ雨が降っても路面が濡れるか濡れない程度の弱い雨なので、沖縄に住んでいる人なら笠無しで歩いちゃうレベルですけどね。今日は実質的に「今年最後の平日」なので、いろいろ外回りをする予定ですが、多分、傘は持っていかず、濡れても気にならない素材の上着を羽織って出かけると思います。なにせ傘があっても同時に暴風が吹き荒れるので、意味ないですからね^^;(なので地元は冬の雨の際は傘を使わない)


しかし昨日の朝ランでは酷い光景を目撃。


那覇空港が閉鎖になった一昨日は豪雨だった那覇でしたが、この時も同時に暴風が吹き荒れていたので傘は役立たずの状態。なのにおそらく観光客が強度のない「ビニール傘」を使ったらしく、空港周辺のランニングコースに壊れたビニール傘の残骸だらけでした。ホント、沖縄でビニール傘をむやみに使うのは止めて欲しいものです。沖縄で雨が降るときは同時に暴風も吹き荒れることが多いので、強度のないビニール傘は破壊される確率が非常に高いです。

しかも傘が破壊されると、観光客は道ばたに放置する人がほとんど。その放置されたビニール傘は、その後どうなると思いますか?
地元の車や建物、下手すると人に直撃。下手をすると命に関わる場合もあります。

ビニール傘を使うな!とは言いませんが、壊れた傘は責任を持って「自分」で処理してください。沖縄の道はゴミ捨て場ではありません。ちなみに沖縄に住んでいる人だと、ビニール傘は基本的に使いません。先の話のように、沖縄の雨の際は同時に暴風も吹きますので、一発で破壊されることをわかっていますので、頑丈な傘を使います。まぁビニール傘でも頑丈なものも最近ありますが、安っぽいビニール傘はまず使いません(使うのは観光客か短期移住者)。

昨日の朝ランも、まだ暗い時間だったので、危うくビニール傘の残骸に足を取られるところでした。あの骨組みが身体に刺さったらシャレになりません。

しかもわずか100mの間に3個もビニール傘の残骸がある場所も。

ホントに、沖縄の雨の際にビニール傘を使うのは止めて欲しい次第です。そして壊れたビニール傘を道ばたに捨てるのは、ぜっっっっっっっったいに止めて欲しいものです。

沖縄旅行中に雨になったらビニール傘ではなく、頑丈な傘を購入してください。そして本土に持ち帰ってください。よろしくお願いいたします。

a94710037762f853b2a8fd4ea91c24bd_s.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/12/28-06:50 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲