2018年10月01日

台風24号まとめ。沖縄那覇版

先週末の土日は、ひたすら台風24号の情報収集に追われ、本来の仕事が一切できませんでした。なにせ那覇中心街でも常に「停電の恐怖」におびえていたので、仕事が手に付かなかった次第です。なにせ道路一本先の目の前の区画が、停電していましたからね〜。住所的にも丁目が1個違うだけ。

でも無事に我が家は停電もなく、台風の情報収集、そして発信も無事できました。今回はその「台風24号まとめ」をブログにも残しておきます。


台風24号の沖縄全体への影響

・最大瞬間風速 56.2m(2018/09/29-09:55・南城市)
・停電最大世帯数 25万世帯(2018/09/29-20:00・沖縄全体の42%)
・24時間降水量沖縄最多 296.5mm(2018/09/30-00:10・国頭村)


台風24号の那覇への影響

・最大瞬間風速 53.1m(2018/09/29-18:15)
・最多停電世帯数 22770世帯(2018/09/29-20:00・那覇全体の15%)
・24時間降水量 183.5mm(2018/09/30-00:10)


台風24号の停電ピーク時データ

#沖縄全体 250690世帯/沖縄全体の42.49%
#沖縄本島南部 79820世帯(#那覇 22770世帯 #南城 14650世帯 #糸満 16510世帯)
#沖縄本島中部 130020世帯(#浦添 12080世帯 #宜野湾 21060世帯 #沖縄市28950世帯 #うるま市 36930世帯)
#沖縄本島北部 36050世帯(#名護 15430)
#沖縄本島離島 2150世帯



台風24号での50m超の最大瞬間風速記録

#南城市 56.2m/09:55(観測史上最大)
#那覇市 53.1m/18:15
#宮城島 52.5m/10:37
#渡嘉敷島 53.3m/18:14
#外地島 51.4m/08:57(観測史上最大)
#辺戸岬 53.8m/14:54
#徳之島北部 51.4m/18:16
#奄美大島北部 52.5m/00:30(観測史上最大)



ここ近年の甚大な被害が出た台風

2007年7月の台風4号(那覇直撃)
那覇市街で風速56.3m/10万世帯停電

 ↓
 5年後
 ↓
2012年9月の台風17号(本部直撃)
那覇市街で風速61.2m/33万4400世帯停電

 ↓
 6年後
 ↓
2018年9月の台風24号(那覇近海)
那覇市街で風速53.1m/25万世帯停電


なんと5〜6年サイクルで、沖縄本島に甚大な被害をもたらす台風到来。ってことは次は2023年か2024年?っていうか今週末もヤバイ・・・(台風25号)


台風24号の接近時期ごとの写真

<台風前日(まだ接近もしていない日なのに)>

「生きたパパイヤの木」が真っ二つ

台風がまだ接近していないのに、生きたパパイヤの木が真っ二つ(実際は3つ)。まさにこの段階で「風台風」の予感。

<台風前半の光景(台風の目に入った後)>

国道の散乱物は即撤去倒木も道路を塞ぐ部分はすぐ切除店舗看板などはことごとく破損那覇でも裏通りで切断された電線も

もともと台風前半は「雨」がメイン。被害が多いのは後半。それでも木々の多くが倒れたり折れたりしていた。前半で目に付いたのは破損して飛ばされた看板。

<台風後半の光景(通過翌朝)>

倒木は至る所あったのでもはや見慣れた光景。看板や庇の被害も至る所であった。ここまで強固な庇が破壊されていたのには驚き。タワーパーキングの壁が破損して崩落。

台風の被害が大きいのは後半。吹き返しの西風による被害。さすが。前半以上の光景。もちろん前半のダメージにさらに加わっただけかもしれませんが、さらに衝撃的な光景が・・・

<ある意味いつもの光景!曲がった信号機>

90度以上横を向いてしまった信号機

台風後のいつもの光景。一見、何も変わっていないように見えますが、反対側から信号を渡ろうと思っても、信号機が反対を向いていて渡って良いのかわからなかったw

<今回の台風で最も衝撃だった光景>

これは衝撃。首里城脇。遠くから屋根が飛んできていた。

後半の光景。シャレになりません。ガレージの屋根が丸ごと飛んできていました。しかも周辺にはマンションしかなく、この戸建て用のガレージの屋根がある建物はありません。つまりここまで飛ばされてきたってこと。こんな巨大な屋根を、しかも首里の高台まで飛ばすパワーって・・・

首里城の石垣にぶつかったりして止まったようです。他の建物や首里城に影響が無くて良かったです(他は知りませんが・・・)

ちなみにこの現場はここです!(GoogleMapストリートビュー)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/01-13:56 | 沖縄台風/災害情報

沖縄は既に台風25号モード



正直、本土への台風24号の影響はよくわかりません^^ゞ(ノーチェックです)

沖縄への影響は、後ほどまとめてレポートしますが、それ以前に沖縄は既に「台風25号モード」。

米軍情報でも日替わりで予想が変わりますが、徐々にその予想も固まってきています。


宮古・八重山直撃?


どっちにつけ、この時期の台風は沖縄本島方面に来るか、宮古・八重山方面に来るかの「2択」のようなものなので、そのどちらかに行くのは必然。といってもこの予想通りに進めばの話で、台風24号のように沖縄本島近海で急旋回する可能性もまだありますからね。

でもこの予想のように、まっすぐ抜ける台風は、勢力が大きくなっても影響は少なめ。

最悪な台風は、先日の24号のように近海で旋回する台風で、旋回の際にスピードダウンするので、影響が猛烈になります。結果、那覇市街でも最大瞬間風速53mを記録し、最大で25万世帯も停電。今回の台風25号は通過型なら停電も大したことないとは思いますけどね。

台風は直撃でも「通過」してくれるのが一番。直撃せずに近海で旋回や停滞するのが最悪です。

台風25号には、上手い具合に沖縄本島宮古島の中間地点を足早に通過してくれると助かるんですけどね〜^^;


あとは沖縄に最接近するタイミング。


今のところ予想では「10/5」ですが、まっすぐ進めばこの予想通り。予想とは違う進路ならやや遅れて接近。なにせ今週末の「10/6-8」は体育の日連休ですからね。本土からのご旅行の方も多いですし、那覇では待ちに待った「那覇まつり」が開催。

しかし「10/5」最接近でも、那覇まつり前日の準備への影響が出ると、「10/6」の初日への影響もあるかも?さらに通過後も沖縄には台風一過が無い通り、「10/6」も荒れた天気が続きそうですからね。ってことで宮古方面へ行こうと、本島方面に行こうと、今年の那覇まつり初日は厳しいかな・・・

せっかく初日の無料ライブに「かりゆし58」が出演するのに!!!


今週も台風情報収集に追われる1週間になりそうです。台風シーズンピークなのはわかっていますが、キツいです(/_;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/01-08:53 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲