2018年08月09日

台風13号は犬吠埼沖を通過!台風14号は大東島経由で奄美へ?



台風13号は、米軍予想通り、本土には上陸しませんでしたね。といっても千葉県銚子市の犬吠埼ギリギリを、午前7時過ぎに通過って感じ。

でも台風特有の中心の東側は南風になるので猛烈な雨雲群があるものの、西側は北風なので大した雨雲群は無く、本土は雨自体は大したことが無いかと思います。ただ風は強いと思いますので、交通機関への影響は必至かな?まぁそれも予測の範囲内なので、そんなに問題では無いはずなんですが・・・

台風慣れしていて、台風対策していれば・・・

本土は何度台風が来ても、対策ができていないので、結果的にパニック状態になるんですよね。特に今年のように何度も何度も本土へ台風が行っても、同じようなパニックが繰り返される気がしてなりません。交通機関や役所の対応が、ことごとく遅いですからね。まぁ過ぎ去らない台風はないので、今日のような状況なら午前は休みにして、午後から出社が沖縄では常識です(笑)。

これでも無理して出社するんでしょうね・・・本土は・・・(沖縄は行政主導で休みになります)

まぁ台風13号は沖縄には影響無いので、台風情報は本土の気象予報士様にお任せいたします。暴風雨が吹き荒れるレポーターを立たせて、予報士は室内でご託を言うだけでしょうが・・・


それより台風14号。よーーーーーーやく、昨日、気象庁でも認定されましたね。米軍情報では一昨日から台風扱いで、進路情報も出ていましたが、気象庁は昨日になってよーやく台風14号と認定。まぁ気象庁の情報に出るか否かは、「台風の名前の認定」が知りたいだけで、進路情報とはは米軍情報のものしかチェックしてませんけどね。

その進路情報。日々変わっていますが、でも米軍情報の凄いとことは大きな変更はないんですよね。


今回は奄美群島に最接近?


でもその前に大東島に最接近しそうですが、これはいつものこと。島の人もいつも通りの台風対策で十分でしょうね。特にパニックになるレベルではないと思います。沖縄は台風の南側になるので、西風が強くなりそうですが、雨はそんなに激しくならないと思うんですけどね。

ただ今回の台風14号。南側に物凄い大きさの雨雲群を抱えているので、これらをどこまで引っ張ってくるかが今後のポイント。

まぁこれだけ大きいと、一部を切り離して次の台風のタマゴとして置いていくことが多いのですが、どっちにつけ台風14号はこの南側の雲がどうなるかによって、今後の発達も台風15号以降も変わってくるかと思います。

台風14号は、8/11に大東島に最接近し、8/12に奄美群島(徳之島?沖永良部島?)に最接近しそうです。


でもこういう感じでまっすぐ進んで通過してくれると、影響は少ないんですよね。旋回されるとスピードダウンするので影響が大きいですが、まっすぐに進む台風は影響が少なくなる傾向。

なので今回の台風14号は、それほど騒ぐレベルではない気がしています。むしろ、沖縄海域の海水温を下げてくれたり、恵みの雨をもたらしてくれたり、沖縄としてはメリットが多い台風になるかも?まぁ大東島だけはデメリットも多そうですけどね。

あと気になるのは中心の北側や東側がかかる奄美大島やトカラ列島。このエリアはちょっとヤバそうです。停電レベルの影響があるかも?

といってもまだ進路は明確に定まっている訳ではありませんので、備えはするとしても、過度な警戒は今のところ要らないかな?最近の台風は南西諸島接近時はまだ発達前で、通過後に発達する傾向なので、奄美群島に最接近時は、まだ成長しきる前かもしれませんからね。


とにもかくにも台風14号「ヤギ」が正式に認定。

日本の言葉で「やぎ座」とのこと。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/08/09-07:59 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲