2018年07月11日

台風8号通過!風は宮古、豪雨は八重山の結果でした。



台風8号は、もしかすると宮古島に上陸し、島を横断して伊良部大橋を渡り、伊良部島まで進むコースだったかも?それほどまでに島中央を通ったと思われます。しかも伊良部大橋の上を中心が通過したような感じで、大橋開通後の初の強力な台風なだけに、橋への影響よりも橋によって変えられた周辺環境への影響が気になります。

来間大橋の時も、大橋開通後に大きな台風が来たときは、与那覇前浜の砂が一気に持って行かれ、ビーチ沿いの遊歩道が壊滅的な状態になりましたからね。伊良部大橋はそれ以上の周辺海域への影響があるという話なので、特に伊良部島への影響が気になるところです。

しかし台風8号で天気が大荒れになったのは、宮古島よりむしろ八重山。24時間の降水量も宮古島で「120〜130mm」のところ、石垣島では「190mm」とはるかに豪雨。風に関してはさすがに中心が通過した宮古島の方が強かったようですが、八重山でもほぼ同じレベル。

結果、荒れ方が大きかったのは宮古島よりも八重山だったかもしれませんね。

<台風8号による最大瞬間風速>
#宮古空港 45.3m(時速換算163km/h)
#下地島 44.8m
#宮古島市街 43.1m
#西表島西部 42.4m
#西表島東部 40.2m
#石垣島北部 40.1m
#石垣島市街 39.8m
#多良間島 38.1m
#石垣空港 37.6m
#外地島 36.5m
#南城市 33.7m
#那覇市街 30.7m



でも停電範囲ははるかに宮古島の方が広大で、最大で11500世帯近くが停電。全26600世帯なので半分までいかなくてもそれに近い数が停電したことになります。八重山は石垣島で最大4000世帯近くで、宮古島と総世帯数はそんなに変わらないので、停電範囲は1/3だったことになります。

ちなみに今朝6時の段階で、宮古島では6000世帯、石垣島では1500世帯が停電中です。でも今回の台風は通過型で、影響は最小限で済みそうなので、風も落ち着いてくると思います。日中の作業で一気に回復するかもしれませんね。もちろん郊外はやや遅れる傾向ですが、今回のレベルだとそれほど長引かない気がします。

正直、最大瞬間風速40m台なら通常レベルの台風。島の人なら難なくやり過ごせているかと思います。大きな被害報告がないことを説に願っています。


とにもかくにも、今シーズン最大級の台風はなんとか足早に通過。「過ぎ去らない台風はない」ので、半日から1日我慢すればどうにかなりますね。それに引き替え先日のプチ台風は停滞する傾向が強いので、3日も雨が降る羽目になりましたからね。

旅行者にとっては天敵の台風ですが、居住者にとっては一過性のものなので対応しやすいですし、さらに台風のおかげで涼しくなったり、海水温も下げてくれたりするので、特に今回のような通過型の台風は歓迎なんですよね〜。

6月の異常な暑さは、海の環境に甚大な悪影響を与えるレベルだっただけに、この台風8号と先日の台風7号は、まさに環境にいい影響を与えてくれるかと思います。そして水不足傾向だった今年の沖縄としては、この2つの台風と先日のプチ台風で、水事情は一気に改善。まさに台風様々です。

しかし雨や風が大したことがなくても、波は確実に高くなるので、物資の面でここ最近の沖縄は不足傾向。特に本土からの物資に頼っている本土系のお店(ドンキホーテや業務スーパー)は、空の棚が多いですからね。しかも海は台風が通過しても2日は波が残るので、すぐに物流が復旧する訳ではありません。

なので今週中の沖縄は物資不足傾向が続くかな?

幸い、次の台風らしき雲の塊は今のところは明確に現れていませんので、海の日連休の頃は安定した気候、そして海のコンディションになるかな?


あとは宮古・八重山の台風通過後の状況次第ですね。ちなみに本島および周辺海域は、この程度なら問題なし。宮古・八重山の台風後についてわかったらまたレポートします。

これでしばらく台風ブログがお休みできるかな^^ゞ




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/11-06:17 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲