2018年07月04日

台風7号のしっぽ、プチ台風、台風8号?今後の沖縄はどうなるのー?



本土の方には申し訳ないけど、台風7号はどうでもいいです。

今の沖縄。台風7号が落としていった雨雲群が、台風7号本体より発達して、いわゆる台風になりきらない「プチ台風」が2個できていましたが、その2個が合体して台風7号以上の巨大な雨雲群に発達。しかも雲の密度も台風7号よりはるかに密で、場所によっては台風以上の豪雨になっているようです。

プチ台風の中心は沖縄本島南方沖なんですが、台風のように規則的に発達しないので、ところかまわず豪雨になっている状態。正直、今日はどこが豪雨になるか全く読めません。

那覇も夜明け前まではなんと雨無しだったものの、夜明け後はかなり激しい雨の時間も。さらに本島でも北部は猛烈な豪雨になっているようで、動きが遅いプチ台風だけに、台風以上の降水量になるかと思います。既に久米島では1年を通して観測史上最大の豪雨になった時間帯もありましたし、他にも粟国島・渡名喜島・慶良間といった本島西岸の離島では特に激しい雨になっているみたいです。

もちろん台風7号による雨ではなく、プチ台風によるもの。っていうか台風7号では久米島は大した雨も風もなく、何事もなく通過していきましたが、その後に残ったプチ台風でこれほどまでの豪雨になるとは予想もつきませんでした。

そのプチ台風の雨雲群は、宮古島までがその範囲のようで、宮古は西の端っこが擦っているだけなので大した雨ではなく、八重山に至っては雨雲群が届いていませんので影響無し。大東島も東の端っこがかかっているだけなので、雨が降ったり止んだりする程度。

しかし沖縄本島はプチ台風のど真ん中のレベルで、かなり雨がヤバイ状況。さらに沖縄本島は台風7号のしっぽもまだ影響しているようで、台風7号とプチ台風から二重に影響が出ており、さらに雨の降り方が読めない状況になっています。

昨日も沖縄では珍しく、ほぼ1日雨状態でしたし(朝までは雨なし)、今朝も夜明け前までは雨もなかったものの、夜明け後は延々雨。

台風7号は恵みの雨と思って半ば喜んでいましたが(どのみち台風は過ぎ去るので)、このプチ台風は動きが遅いから厄介な雨になっています。さすがの沖縄でもこの雨の降り方は土砂災害レベル。


さ・ら・に・・・


台風8号。気象庁の台風情報にも熱帯低気圧(台風のタマゴ)として、よーーーーーーーーやく登場したので、間もなく台風8号が正式に認められそうです(米軍情報では昨日の朝には台風扱い)。

その台風8号の進路が、な〜んか沖縄方面にも来そうな雰囲気も!?この大荒れの今の状態に、さらに台風8号も加わると、この先の沖縄の天候はどうなっちゃうのか全く読めません。強いて言えば「天気が良くなる要素が無い」というのは読めます(笑)。

梅雨よりも、台風よりも、雨が多くて荒れる、このプチ台風。

動きが遅いからホントにホントに厄介です(/_;)


あとおまけで台風7号の進路まとめ。こんな感じでした^^ゞ



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/04-07:07 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲