2018年06月10日

本土は台風モードですが、沖縄は徐々に台風一過モード?

本土は確実に台風モードになり、海も大シケかと思いますが、沖縄はさすがにまだシケていますが、徐々に徐々に回復傾向になると思います。といっても船の通常運航まではもう少し時間がかかりますが、台風のあとに海が落ち着いたときの、その透明度は抜群!

台風通過後の2日後ぐらいかな?海の透明度はかなり凄いです。

逆に台風翌日ぐらいまでは超濁っていますが、もう1日経つとその濁りがとれ、さらに台風前までの濁りもとってくれるので、透明度はかなり上がります。その見極めが難しいので、台風後はおおよそ3日後が確実なんでしょうけどね。

ちなみにその透明度も、もともと流れがある場所だと、綺麗になるまでの時間も早く、特に「橋の下の海」は早いです。

宮古島の大橋の中でも、来間大橋の下は最も流れが速いみたいで、台風後の橋から見た海の色はかなり良いですね。もちろん、台風後でまだ風が残っているタイミングだと、橋の上は吹きさらしなので立っているのも大変なレベルでしょうが、今回の台風5号は宮古・八重山へは直接的な影響はなかったので、今日は無理としても明日にはこんな感じの綺麗な海の色が望めるかも?

逆に台風がまだ近い本島近海の海は明後日以降かな?


宮古島と来間島の海峡宮古島と来間島の海峡


来間島と宮古島の海峡来間島と宮古島の海峡


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/10-07:55 | 沖縄離島ドットコム

台風5号は大東島にかなり接近しそう!でも大東島より本土がヤバイ?



台風5号は大東島へ向けて徐々に北東へ進んでいます。沖縄本島は天気の大きな崩れもなく、机上では沖縄本島も強風域に入っていることになっていますが、実際は昨日(強風域に入る前)より、今朝(強風域に入った後)の方が風が弱いです。

梅雨も全くアテにならない気象庁などからの情報ですが、この台風の強風域とかいうものもてんでアテになりませんからね。少しは現地の状況を見てから、この机上の空論を出して欲しい次第です。せめてアメダスぐらいは見てから描いて欲しいものですね〜w(アメダスでも那覇の平均風速6m)。

しかし大東島に関しては、活発な雨雲群もかかっており、既に北大東島では最大瞬間風速「24m」を記録。那覇が最大瞬間風速換算で「10m」程度なので、その差は歴然。台風5号は徐々に大東島エリアへ進んでいます。

ただここ数年の台風同様、台風が沖縄海域にいるときはまだ「発達前」で、沖縄エリアを通過後に「発達」することが多いので、今回もそれと同様になりそうです。つまり・・・

ヤバいのは本土!

台風自体の勢力も、沖縄近海に居るときより、本土近海に居るときの方が強そうですし、何より本土近海には梅雨前線?による雨雲群があって、そこに台風から湿った空気が送り込まれてさらなる豪雨に。さらに台風本体の雨雲群と、ダブルで悪天候。

大東島なら台風慣れしているので、台風対策も万全かと思いますが、本土の場合は慣れ以前に台風を甘く見ているので、どうしても被害が出てしまいますよね。冠水や浸水など、対策をすれば起きないことも、すぐに発生してしまいますし、土砂災害などの危険性もありますからね。

今のところ、大東島へは今日「6/10」の日中に最接近しそうなので、本土は明日「6/11」の日中がヤバそうですね。


台風って、その中心が直撃した方が影響する時間が最小限で済むのですが、下手にかする程度で接近すると影響する時間が長くなるので、今回は直撃の大東島より、かする本土の方が影響が大きそうです。特に台風の中心の「北側」は豪雨になることが多いので、まさに本土の太平洋側はモロにそのエリアへ。

テレビなどの無責任な気象予報士の言葉には惑わされずに、本土の方は今日中に台風対策・豪雨対策をしておきましょう。できれば明日の月曜日(6/11)は、出社を見合わせた方がいいと思うのですが、本土の会社はそういう訳にはいかないですよね。在宅勤務(テレワーク)とか、ちっとも進んでいませんからね。

その点、沖縄はもし今日の大東島のような状況に本島もなれば、自動的に学校や会社が休みになる仕組みになっていますからね。無理に出勤しないで済むようになっていますが、本土はそういう仕組みがありませんからね。

まぁ今回の大東島は「日曜直撃」なので、そんなに大きな影響は無いと思いますが、本土は「月曜最接近」なので、モロに会社や学校への影響がありそうですからね・・・


まずは今日の大東島への影響で、本土へどの程度のレベルで接近するか推測できるかと思います。

備えあれば憂い無し。本土の方は今日中に万全の台風対策を!?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/10-07:00 | 沖縄台風/災害情報

台風前の夕焼けは綺麗に焼ける!定説通り!!



「台風前の夕焼けは綺麗に焼ける」

この定説はやっぱり正しい!

昨日の夕焼け。雲が多かったのに、こんなに綺麗に焼けました。



5分ごとにこの色の変化。まさに目が離せない空模様でした。

しかも真ん中の19時10分の直後に一気に暗くなり、そのあと一瞬だけ真っ赤に焼ける、夏の夕焼けのセオリー通り。夏の夕焼けは、最後の最後まで目を離しちゃダメですね。

でも昨日は低い雲も多くて、高い雲の夕焼けを見るのに超邪魔でした。この手前の黒い雲さえなければ最高だったのですが、まぁ台風前なので致し方なし。そもそも台風前だあらあんなに綺麗な空に焼けたので、どっちもどっちかな?

しかし冒頭の写真。

偶然撮影したものですが、まさかの飛行機に船までフレームイン。そして手前にはこれから台風が最接近する「大東島」行きのフェリー。おそらくこの先1週間は欠航なので、ずっとこの場所に停泊しているんでしょうね。

沖を行き交う船に、上空を飛び立つ飛行機が、なんか切ない・・・

そして今朝。

朝焼けは無理でしたが、今のところ相変わらず雨なし。そして那覇の気温は、最低気温であり得ない「28度台」。真夏で28度台までしか下がらないことは滅多にありません。暑すぎます。でも今朝は、風が北寄りに変わったので、湿った東風だった昨日よりはまだマシかな?

ちなみに台風接近時は、この風向きで台風の位置を推測でき、昨日までの東風の場合は「台風接近中」ということで、今朝のように北風になると「台風が遠ざかって行く」と推測できます。なので沖縄本島からは徐々に台風は遠ざかって行っているようです。

反面、大東島には接近中で、今日は大東島が暴風域に入るかもしれませんね。

まぁ沖縄本島以上に、大東島は「台風に強い島(台風慣れして台風対策万全の島)」なので、特に心配はしておりませんが、逆に大東島を通過後の本土の方がよっぽど心配。台風慣れをしていないのはもちろんのこと、台風に対する認識が甘すぎるから。さらにここ数年の台風は、沖縄海域にいるときはまだ発達しきっておらず、本土に到達する直前まで発達していることが多い。つまり、沖縄以上の勢力で本土に接近!

備えあれば憂い無し。

台風対策、ならびに豪雨対策を万全に願うばかりです。月曜は仕事、休んだ方がいいような気も・・・(せめて外出しないスケジュールに!)

台風5号情報については後ほどまとめてレポートします。

まずは台風が遠ざかりつつある沖縄本島。そして接近中の大東島って感じです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/10-06:09 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲