2017年10月11日

波照間航路の高速艇が大型化「ぱいじま2」!かかる時間は長くなる?

以前から噂されていた、波照間航路の高速艇の新造船。実際は新造船なのか使わなくなった某船体のリニューアルなのか定かではありませんが(笑)、10月8日?からは新造船「ぱいじま2」による運航になったらしいです。

新しい船は「双胴船」と呼ばれる船底が2つあって、左右の揺れに強いタイプ。要は慶良間航路と同じタイプの高速艇ってことです。とかく波が高い波照間航路なら効果は絶大?と思いたいところですが、問題は島までかかる時間。

従来の高速艇だと「片道60分」でしたが、この新造船になったら「片道80分」と遅くなった!そこに海の状況次第でさらにかかるので、実質的に片道1時間半になりそうな気がします。そして、運航ダイヤも変更されましたね。


石垣港08:30発→波照間島港09:50着
石垣港11:50発→波照間島港13:10着
石垣港15:30発→波照間島港16:50着

波照間島港10:05発→石垣港11:25着
波照間島港13:25発→石垣港14:45着
波照間島港17:05発→石垣港18:25着


なんと、最終便は波照間島を午後5時に出て、石垣島には18時半って滅茶苦茶遅いですね。その分、島に長い時間滞在できるような感覚ですが、高速艇で1時間半って揺れても揺れなくてもかなりキツいですよ。慶良間でさえ1時間なのに、1時間半って想像しただけでウゲッ!って来ます^^;;;

ちなみに「ぱいじま2」が就航するものの、今までの「ぱいじま」もまだ現役らしく、時刻表には「小型船」として片道60分と出ていますね。個人的には揺れても小型船の方がいいな〜。っていうか最近の波照間島への往復は、全て「フェリー」の私ですが^^ゞ(2時間強かかっても居心地が良いし安い!)

なのでこの「ぱいじま2」のレポートは、多分今後も無さそうです^^ゞ(フェリー大好き人間w)

ちなみに波照間島まで、高速艇で往復すると往復割引で「5870円」ですが、フェリーだと往復割引はないものの「片道1540円・往復3080円」で3000円近くも違うんですよね。アイランドホッピングパスでも、波照間航路込みだと「+4200円」なので、フェリーの方が安いです。

でもフェリーは火木土の運航で、第2第4金曜も最近は運航になりましたが、曜日に限定されるんですよね。しかも片道2時間、実際は2時間15分ぐらいかかりますし、波照間島からの出港は定刻より早く出ることが多いので、フェリーで日帰りすると「島滞在2時間半」のみ。でもおすすめは島にフェリー利用で島に2泊。火曜の船で行ったら木曜の船で帰る感じだと、のんびりできますよ。


双胴船になって揺れは抑えられると思いますが、その分時間が1.5倍もかかっちゃ船酔いするには変わらないと思います。船酔いって揺れの大きさよりも乗っている時間の長さの方が影響しやすいので、この波照間航路の大型化は船酔いしやすい人にとってはあまりメリット無いかも?同じ60分で行けるならメリットもあったんですけどね・・・

でも大型化されれば収容人数も増えているかと思いますので、今までのように「定員いっぱいで乗れません」ってことは少なくなるのかな?その分、団体や特に某C国からの集団が増えそうな気がしてなりませんが・・・

クチコミではニシ浜の駐車場が整備工事されているとの話もあって、もともと島でレンタカーを借りる人はほとんどいないので、完全に団体バス用。


波照間島ももうダメかも(/_;)


ますます素朴でのんびりできる離島が減ります(ToT)


(コメント不可)


波照間航路の運航スケジュール変更情報(安栄観光)
ぱいじま2就航のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/10/11-07:58 | 沖縄ニュース

台風のタマゴ接近中!天気の崩れは少ないものの海は大シケ!!

しっかし暑い。10月になってからずっと30度超の真夏日というニュースもありましたが、3連休までは30度超になってもそんなに暑さは感じなかった沖縄。むしろ爽やかな感じで過ごしやすかった。

しかしこの3連休からは湿度が高くなり、猛烈な暑さに!

昨日も那覇で32度、与那国島や下地島では33度台という、最も暑い8月以上の気温に!昨日も10月として観測史上最高気温を各地で記録。連休まではエアコン無しでも十分就寝することができていたのに、連休からはエアコンなしじゃとても眠れません。もちろん「冷房」。

基本的に寝ている間は点けっぱなしなんですが、それでも温度のムラができる時間もあって、夜中に目が覚めちゃうことも多いですね。ホント、連休まではぐっすり眠れていたな〜。

そして今朝も最低気温が那覇でも28度近く。湿度も80%台。八重山に至っては最低気温が29度近いという、10月としてはあり得ないほどの気温。正直なところ、8月の方が同じ気温でもまだ過ごしやすかったかも?あの頃は暑さに完全になれていたので、意外ときつさは感じませんでしたが、この10月は連休まで過ごしやすい気候だったので、暑さに対する耐性が落ちつつあるとことに、この暑さ。

10月に夏ばて?いつまでこの暑さは続くのやら・・・

<昨日の沖縄/奄美の最高気温>
・下地島 33.6度(10月の観測史上最高気温)
・与那国島 33.5度(10月の観測史上第2位の最高気温・第1位は一昨日)
・多良間島 32.8度(10月の観測史上最高気温)
・波照間島 32.6度
・石垣島 32.5度
・西表島 32.3度
・宮古島 32.2度

・名護市街 32.6度
・那覇空港 32.0度
・久米島 32.0度

・与論島 32.3度
・徳之島 32.1度


しかし今朝。八重山には台風のタマゴの雨雲群が一部でかかっていて、与那国島ではやや強めの雨も。おかげで与那国島では瞬間的だったものの、気温が25度台まで落ちましたね。まぁその雨が収まればいい気に27度台まで戻りましたが、それでもいい感じのクールダウンになったのかな?

那覇は昨日・一昨日はスコールもありましたが、今朝は今のところ無さそう。

でも八重山だけでは無く、沖縄本島もこの台風のタマゴによる影響があるかもしれませんね。

その気になる台風のタマゴは今のところ西に進んでいるので、まさかの「北上」が無ければそのまま西に抜けそうです。しかし雲の範囲がかなり大きいので、遠い南の海上になっても沖縄でも南端の八重山まで雨雲到達。

海上もしばらく波が高そうですね。既に八重山海域では3m前後の波が到達。しかも東から西へのものなので、南北航路の波照間便には横波が入って影響有り。午前7時時点で「全便未定」になっていますが、多分ダメっぽい。既に西表島上原航路と鳩間航路は全便欠航ですし、この波の方角からしても波照間便は厳しいんじゃないかな?

しかしこれだけ天気的にも海上でも影響が出ているのに、台風情報を初めとして、この気象状況に対する気象庁からの情報無し。

まぁ元々気象庁からの沖縄海域の情報は期待していませんが、今日以降の沖縄海域は特に波には気をつけましょう。台風のタマゴの北側が沖縄海域にかかるので、波は東から西ね。なので先の話のように南北航路への影響が大きく、またビーチも東向きの海は波がモロに入ってきますし、南北方向のビーチも横波で流れが速い。海遊びは西向きのビーチがおすすめです。

でも全般的にシケるので、海遊びは控えた方がおすすめかも?


この台風のタマゴ以降もまだまだ気になる雲はありそうなので、台風ブログも当分続けざるを得ません(/_;)

この暑さが続く限り、台風も続きます・・・

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/10/11-06:58 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲