ページの先頭へ△

2017年09月23日

今日もスコールあり?しかし昨日は超局地的の豪雨だった!?



昨日は那覇市街でも西側、しかも北部の泊港から那覇新都心にかけての狭いエリアで雷をともなう猛烈な豪雨でしたが、アメダスがある那覇市街も内陸では、なんと降水記録無し。今朝もランニングで那覇市街の北から南までを走ってきましたが、市街でも北部は水たまりもあったものの、空港周辺など南部では水溜まりどころか雨が降った形跡も無し。

波の上ビーチにかかる橋も、水溜まりが1日たっても消えない場所として個人的には有名(笑)なんですが、今朝は1個もなかったですね。まぁおかげで水溜まり障害物競走にならずに済みましたが、なんか変な感じでした。

でも那覇市街全般に湿度は高め。風もなかったので、今朝は気温こそ26度台まで下がっていましたが、体感的には真夏の28度台と同じ。猛烈な暑さで、久しぶりに朝ランの途中で着ているウェアの汗を絞ることに。

ホント、台風18号が接近してからの1週間は快適でしたが、今はその恩恵もなく、むしろ本土を縦断したプチ台風によって南から湿った空気が入り、大気が不安定になるだけではなく、気温までかなり上がりましたからね。ちなみに昨日の那覇は正午過ぎに「31.6度」を記録。ちょうどその時間外出していましたが、ここ数日スコールが何度もあって空気が澄んでいて、日差しが刺さるように痛かったです。暑さも半端なかったです(/_;)

ちなみに昨日は那覇でこそ31度台でしたが、宮古や八重山では33度台。そしてこの夏は大東島の気温が異常に高く、昨日も沖縄全体で最高の「33.6度」を記録。

嗚呼、台風の恩恵が懐かしい・・・

しかし沖縄の南の海域には台風シーズンらしく気になる雲がわんさか。最も沖縄に近い雲の塊は、ほぼ台風まで発達していますが、とりあえずフィリピン西に抜けているので、今後台風になっても多分、影響はないでしょう。

ただここ最近、その雲以上に警戒しているマリアナ諸島西の雲。どんどん巨大化しているような気がします。このマリアナ諸島近海といえば台風のタマゴが生まれやすい海域で、しかもここで発生した台風は沖縄に接近しやすいんですよね。

まだ雲の塊は塊の状態で、渦を巻いていないからすぐには問題ないと思いますが、今後も警戒モードは続けていきます。

とりあえず本土を縦断したプチ台風からの沖縄への影響は徐々に少なくなってくると思いますので、先週末は台風18号に翻弄されましたが、今週末は少しは安心して過ごせるかな?

でも予報は情報元によって、強の那覇の天気は大きく割れています。どっちだよ・・・

・TenkiJP(気象協会) 曇り一時(AM40%/PM40%/夜60%)
・ウェザーニュース 曇り時々晴れ(40%)
・ウェザーマップ 曇り時々(AM30%/PM60%/夜30%)
・気象庁 曇り時々(AM30%/PM60%/夜30%)





posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/09/23-08:13 | Comment(0) | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲