2017年08月04日

台風5号の雨雲群。喜界島まで到来。でも中心はトカラ・屋久島方面へ!!



昨日も喜界島で最高気温「36.5度」という、体温以上の気温まであがり、3日連続で「36度台」を記録しました。でもその直後に台風5号の間接的な影響が到来し、スコールがあって一気に5度ぐらい気温が下がりましたね。まさにクールダウン、打ち水効果です。しかし今朝の喜界島は最低気温が29度もあって、最高気温こそ下がったものの、全般的には高止まりの様相。

そして今朝はついに台風本体の雨雲群の一部が喜界島まで到来。さすがに台風本体の雨雲群なら気温も下がりそうですが、それでも喜界島や奄美大島には台風の一番外側がかする程度で、気温はそのままって感じになりそうです。

ただ今回の台風5号。雨雲群はそんなに大きく無く、むしろ風が心配。台風の外側がかすった程度の喜界島でも、最大瞬間風速「22m」まで来ていますからね。

「風台風」かな?台風5号は。

風台風は離島だと停電が起こりやすく、建物の被害も出てくるので心配です。喜界島の中心市街は島の北西岸にあるので、台風5号の風がモロに海から吹き込んできますからね。ここ最近の猛烈な暑さの次は、台風5号の暴風ともなると、島の人のストレスは溜まる一方。しかも気温が高い状態で停電にでもなったら、ホントに心身ともに疲れ果ててしまいます。まだ暴風雨までは至っていないと思いますので、早めに台風対策ならびに停電対策を施して、台風5号の最接近に備えて欲しい次第です。

でも喜界島も奄美大島も、あくまで台風5号がかする程度。中心はさらに北のトカラ列島や屋久島方面に向かいそうです。そしてその後は本土に進みそうですが、台風の東側は猛烈に荒れますので、この進路上になくても、今週末の西日本は全域で警戒した方がいいと思います。風台風でも本土接近時は湿った空気が山にぶつかって、大雨になることもありますからね。本土の方も十分すぎる対策をお願いいたします。


ちなみに沖縄は今のところ影響無し。天気的にも朝から晴れていますし、風も弱いままです。今回の台風5号は中心付近のパワーを集めるタイプなので、少し離れるとその影響はほとんどありませんからね。むしろ周辺の雲を持って行ってくれるので、沖縄あたりは逆に晴れる可能性大。ただし天気は良くても海は大シケ。今週末の沖縄は、船の運航にも影響出ると思いますが、できれば海遊びも避けて頂きたい次第です。見た目は大丈夫そうでも、台風の時って海の中が猛烈に流れが速くなることが多く、あっという間に足を持って行かれます。

さすがに宮古・八重山なら影響も少なめですが、それでも台風がある島の東側の海は避けた方がおすすめ。沖縄本島に関しては全域で海は避けた方が良いレベル。せっかくの夏休みですが、海遊びは避けて本島ならホテルのプールなどで泳ぐようにしましょう。天気的には沖縄は問題無さそうなので、今週末の沖縄の海は「見る」方をメインにすると良いかな?とにもかくにも無理(無茶)しませんように!!


あとは奄美への影響がどの程度になるかですが、実際は奄美諸島よりもトカラや屋久島など、奄美より北側の離島群への影響が心配。そしてその後は九州本土に接近するので、今の感じだと台風5号の動きは遅めなので影響は大きそう。風台風で動きが遅いと、暴風が延々吹き続けますので、停電しやすいんですよね。離島だけじゃなく、本土でも停電対策はしておくのがおすすめです。

ってことで、今回の台風5号の詳細進路。可能な限り追っていこうと思います。

でも沖縄への影響があまり無さそうですが・・・^^ゞ

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/08/04-06:31 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲