2017年05月06日

那覇ハーリー最終日の花火は梅雨モードへの合図?

那覇ハーリーも無事に終了。結局雨は初日の午前のみで、あとは全く雨が降らなかったですね。そもそもこの梅雨入り間際のGW時期は雨は多いものの、何故か那覇ハーリーの時だけは雨が降らないことが多いんですよね〜。なので今年の初日の雨は逆に珍しいぐらいでした。

そして夜も無事に花火を望めましたし、これで沖縄も徐々に「梅雨モード」になるかと思います。

まぁ沖縄の梅雨は、本土と違って延々雨がシトシト降り続くわけではなく、那覇ハーリー初日のようにスコール的な雨が局地的に降るだけなんですけどね〜。そういう意味ではとっくに梅雨状態の沖縄。その影響で、北部のター滝ではまた川が増水して、観光客が孤立するという事態になりましたね。でもこれは毎年豪雨の旅に起こる事態で、未だに自治体も河川の管理者も対策をしていない証拠。またター滝への引率者も天気を読めていない結果でもあり、少しは「学習」というものをして欲しい次第です。

ちなみに昨日の本島北部の豪雨は、ツイッターでも注意を促していましたが、素人目に見ても昨日は危ないというのが分かったんですけどね・・・

悪天候で無理してする安っぽい勇気より、止める勇気をもってほしいものです。

ちなみに今日の沖縄は既に本島北部ならびに久米島近海まで明確な雨雲群が来ています。さすがに今日は那覇など南部でも朝か午前にひと雨ありそうですね。外出は午後が無難かな?

でも今日の沖縄は「平日扱い」なので、普段通りの生活に戻っている人も多いかと思います。基本的に沖縄の企業は土曜休みじゃないですからね^^ゞ

私も今日はそれを見越して、外出したりしなければならないので、GWのお休みモードは昨日の那覇ハーリー最後の花火で終了。今日から本格的に通常モードに戻ります。もちろんあすの日曜日はさすがに休みモードですが、そろそろ梅雨明け後の旅行を計画しなければ!まだ梅雨入りすらしていませんが、梅雨明けまで2ヶ月を切りましたからね(笑)。

宿の予約、航空券の手配、日程決めなどなど。

早めにやらないと航空券は大丈夫なんですが、宿が既にとれないってこともありますからね。最近の夏は離島でも宿確保が厳しいです。もはや波照間島は宿泊すること自体を諦めています(/_;)ホントは泊まってのんびりしたいんですけどね・・・(泊まりたい日に予約できた試し無し)。また他の離島でも個人的に気に入っている宿は、ことごとく2ヶ月前でも泊まりたい日に予約できないことが多く、妥協して他の宿に泊まるぐらいなら日帰りにするとかにしちゃっていますからね。

離島旅行をする人が増えたこともありますが、最近の離島の宿は貸別荘ばかりが増えて、昔ながらの民宿やゲストハウスは減少傾向。結果、キャパが減っている感が否めません。

正直、貸別荘、ないし「1組限定」とかいう宿(結局貸別荘じゃん!)はもうこれ以上要らないと思いますね。そのほとんどが自分の別荘を建てたものの、ほとんど使わないから貸すという中途半端なものばかりですからね。この「一棟貸し」や「1日1組限定」とかいう宿には注意しましょう!

やっぱり離島は昔ながらの民宿やゲストハウス、ないしペンション的な宿が一番ですね。なにせ宿のオーナーが地元(島)の人ですからね〜(先の貸別荘的な宿はほとんどが本土からの移住者)。

何より民宿などだと他の宿泊者との交流もありますし、先のオーナーといろいろ話もできますからね。

やっぱり離島は島の人と話をする機会がないと楽しめませんね〜。

さてさて、私の梅雨明け以降の離島旅行。スケジュールはいつ決まるかな?ちなみに航空券は、ツイッターでも昨日つぶやきましたが、なかなかいい手配方法を見つけたので、希望通りの便を無事に確保できそうです。その詳細はまた別のブログで綴りたいと思いまーす!まずは自分の旅行の手配を済ませねば!?


<昨日の那覇ハーリーの花火>




posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/05/06-06:00 | Comment(0) | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲