ページの先頭へ△

2015年05月12日

台風6号は速度が速かったので影響は少なく済んだかも?ただ進路が・・・



台風6号。とにかく移動が速いですね。

昨日の夜に宮古や八重山に最接近したと思ったら、今朝には既に久米島海域まで抜けていて、夜明け後の那覇は既に台風通過後の雰囲気。

アメダスを見ても雨が降っていたのは那覇では1〜2時間程度。風もその雨の間だけですぐに収まったようです。

でも台風の中心近くが通過した宮古と本島近海でも久米島の風は猛烈だったようですね。

■各地の最大瞬間風速
・下地島 58.6m
・宮古島 42.7m
・久米島 40.6m(空港)
・多良間 39.6m
・石垣島 36.9m(北部伊原間)
・渡嘉敷 32.0m

とはいうものの、台風って最大瞬間風速の数値よりもその状態が長く続くか否かによって影響が変わるので、今回のように移動速度が速かった場合は影響は最小限だったと思います。

猛烈な暴風が吹き荒れた宮古エリアだけは全25000世帯中6800世帯が停電してしまいましたが、ただ台風の移動速度が速かったので復旧もかなり早かったみたいです。そして八重山に至ってはわずか100世帯。本島も南部で100世帯と、台風の接近度からしてもその影響が小さかったことが分かります。

台風の目に入るすれすれまで接近した久米島での情報はわかりませんが、ただ先の宮古同様に復旧は早いと思いますので、今回の台風はニュースで騒ぐほどのレベルでは無かった感じがします。

とにかく今回の台風6号は移動速度が速かったので、影響が少なく済んだのかもしれませんね。

ただ進路が当初の予想よりもかなり西寄り、本土接近時は北寄りになってしまったので、もしかすると本土の太平洋側にかなり接近するかも?

でも本土近海でもおきなわ同様にあっという間に通過してしまいそうですし、もしかするとその最接近するタイミングは沖縄同様に夜の内かもしれませんので、今夜は早く帰って台風をやり過ごした方が良いかもしれませんね。

まずは台風6号は沖縄海域を抜けて奄美海域へ入りましたが、今度は徐々に本土にも影響が出てくると思いますので最近の気象情報には注意しましょう。

(コメント不可)

台風06号の目から推測した進路

台風06号の目から推測した進路
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/05/12-07:30 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲