ページの先頭へ△

2014年10月05日

過ぎ去らない台風はありません。台風後の朝焼けや夕焼けを期待しましょう!

本土は台風の影響が徐々に広がっていて、まだ台風が来ていない東日本でも秋雨前線との干渉でかなりの雨になっていると思いますが、止まない雨はありません。過ぎ去らない台風はありません。

そう前向きに考えて今日・明日は無理に外には出ずに悪天候をやり過ごしましょう。

沖縄での台風時も基本はこれ。むやみに外に出ないこと。

まぁ沖縄の場合は台風が来るのを事前に察知して、雨が降り出す前に既に準備万端。なので雨が降り始めたあとに外に出る必要はあまりないですからね〜。沖縄に住むとこの天気を読む力ないし台風を予測する力がホントにつきます^^ゞ

とにもかくにも雨だけならまだ外出しても良いと思いますが、風が吹き始めたら外出は控えてやり過ごすようにしましょう^o^/


過ぎ去らない台風はありません^^v


それはさておき、そんな台風の前後って朝焼けや夕焼けがとてもキレイに焼けることが多いんですよね。明確な理由はわかりませんが、おそらく台風によって湿った空気が送り込まれ、雲がほどよくできやすい環境になるので朝日や夕日を映えさせるのかもしれませんね。

今回の壁紙の徳之島でも台風直前。といっても接近したのは数日後でしたので、那覇までの船への影響はまだ無い時期でしたが、とても綺麗な朝日と朝焼けを望めました。

しかも徳之島の中心街「亀津」は東向き。

でも護岸整備された市街地で見るより自然な海で見たかったので、徳之島の朝日の名所「喜念浜」までランニングがてらに朝日を見てきました。逆かな?朝日鑑賞がてらにランニングしてきた感じかもしれませんね〜^^ゞ

ちなみに亀津から喜念浜までは片道7kmちょっと。なので往復15kmとほどよい距離でした。

しかもその途中の道の多くが海沿いだったので、ランニング中も朝日を望めましたね。

まさに「サンライズロード」。

そう命名したくなる道でした。今度ホムペにも情報として掲載予定。

そしてそのサンライズロードの折り返しにした喜念浜はまさに朝日の名所。

台風前のおかげもあったのか、とても綺麗な朝焼けを望めました。

朝からこういう風景を見ると幸せな気分になりますね〜。

ただこの朝日が最後でその後はずっと曇り空。そして台風モードへ。


本土も今は大変だと思いますが、台風前の朝日はもう無理としても、台風通過後の朝焼けや夕焼け、そして台風一過を期待しましょう。


過ぎ去らない台風はありません^^/


徳之島〜朝日の名所


徳之島〜喜念浜で朝日


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/10/05-10:48 | Comment(0) | 沖縄の服装/天気

台風18号は大東島と喜界島に最接近。そして本土。関東へ?



昨日、大東島に最接近した台風18号。

といっても風は最大瞬間風速45mだったので、通常レベルの台風のようですね。テレビでは「今年最強クラス」とか不安を煽るばかりの言葉を並べていますが、沖縄だと「普通レベル」の台風。現に全国ニュースなどで暴風の様子は映し出されていますが、建物が壊れたり屋根が飛ばされたりしている光景は出ていませんからね。

しかも台風の中心から西側部分がかかっただけなので、中心に近かった大東島では24時間の降水量が200mmを越えましたが、まぁこれも台風の中心付近なら普通かな?

現在の大東島は雨は昨日の夜で既にあがっていて、風も平均風速で14m(最大瞬間風速換算で20m)まで収まってきているようですので、確実に峠は越えたみたいですね。しかも台風の西側は雨雲が一度切れれば次は心配しなくていいので、あとは回復待ちかな?

現在の台風18号は奄美諸島の喜界島に最接近していて、喜界島では平均風速で30mもあったので、瞬間最大風速に換算すると45m。

まさに奄美はピーク。

でもこちらも台風の西側がかかっただけなので、この暴風も雨も徐々に回復傾向に向かうと思いますので、これ以上の荒れた天気にはならないかもしれませんね。


そして問題は本土。

なにせ台風の北側の雲がかかるだけで無く、秋雨前線が本土近海にあるので、台風がまだ来ていないエリアでも既に雨になっているかもしれませんね。さすがに東北や北海道まで行くと台風から遠いこともあってまだ荒れていないようですが、関東から西日本にかけては各地で雨になりそうですね。例えそのとき雨が降っていなくても、台風が近海にいる場合は急激に雨が降り出して、しかも一度降り出すと長い。

台風だけなら先の大東島や喜界島のようにピークが過ぎれば落ち着きますが、本土の台風と秋雨前の両方によるものは降り出すと長いですからね・・・

もしかすると明日あたりは首都圏でも電車が止まるレベルになるかも?

正直なところ、明日の首都圏の会社は午前中は半休させた方がいいかもしれませんね。沖縄なら確実に明日の午前中は台風による特別休暇になりそうですが、本土の場合、台風接近時に会社を休ませるというシステムがありませんから、どんな暴風雨でも電車が止まっていても会社に行こうとしますよね。

沖縄だと自家用車で出勤していても、路線バスとモノレールが止まれば自動的に会社は休みになります(実際は午前6時と正午のNHKのニュースで路線バスとモノレールの運休が確認されれば)。

明日の首都圏の方は無理せずに午後から出社した方がいいと思いますが・・・

ただ沖縄の場合、先の話のように「午前6時および午後0時のNHKのニュース」という指定された媒体で確認することができますが、本土の場合はそういう伝えるための手段が決まっていませんので、経営者が休業を決めてもそれを伝える術が無い。

結果、無理してでも出社ってことになっちゃうんでしょうね・・・

まぁまだ足早に今夜中に台風が通過して明日の朝には過ぎ去っている場合もありますので、今はそれを願いましょう。

話によると今回の台風18号は当初の予想より速く進んでいるとのことですからね。


そして台風19号。こちらはまだ発生したばかりなので簡潔に。

基本、台風18号と同じような進路になりそうですが、ただ18号が気圧配置をかなり崩しているので18号より沖縄方面へは接近せず、また北上後も東に向かうタイミングがかなり早くなりそうなので、もしかすると影響があるのは小笠原や伊豆諸島程度になるかもしれません。

まだわかりませんが、少なくとも18号ほどの影響は無いような気がします。

台風が連発する場合はその片方に雨雲を持って行かれるので、1つが強い台風だともう1つは弱くなる傾向がありますので。


ちなみに台風20号のタマゴとまではいきませんが、気になる雲がフィリピン近海に出てきましたが、こちらは今のところ心配は必要なさそうです。

まずは今日・明日の本土。

台風の進路もさることながら雨雲レーダーなどで活発な雨雲の位置を正確に把握し、豪雨に当たらないように行動してくださいね。できれば西日本は今日1日、東日本は今夜から明日の朝までは外に出ない方がおすすめです。

たまには家でゆっくり過ごす日曜日もいいでしょう〜^^ゞ


(台風関連の記事はコメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/10/05-07:08 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲