ページの先頭へ△

2014年09月24日

台風16号の沖縄への影響は波だけ?でも今後接近する本土は広範囲で雨?

台風17号については正式に発生してからまとめたいと思います。まだタマゴの状態ですが、おおよその予想進路は気象庁以外の情報元から推測できていますが、その大本となる気象庁の情報も踏まえてアップできればと思います。

とりあえず台風16号の沖縄への影響は、八重山でまとまった雨はあったものの、総降水量としては大したことは無かったみたいですね。

ここ72時間の降水量としても台風16号が最も近づいた与那国島で「60mm」ぐらいで、他の地域でも本島中部のコザで「約40mm」。他のエリアは20mm前後と思ったほどの降水量はなかったみたいです。まぁ与那国島のその降水量は恵みの雨になったとは思いますが、それでも今年の八重山の少雨傾向は変わりませんので、今後もほどよい雨をもたらす台風には期待したいものです。

那覇についてはまとまった雨が夜中が多かったのか、感覚的にはこの台風16号の時期の雨はあまり降った感覚は無いですね。

逆に台風が雲を持って行ってくれて良い天気に恵まれた印象が強かったです。

でも天気は良くても海は大荒れで、慶良間便も昨日からようやく再開しましたし、波照間便に関しても昨日も欠航便が出ていましたからね。でも今朝になって波照間便も通常運行に戻ったみたいなので、海は徐々に落ち着きつつあるのかと思います。

といっても台風16号は沖縄から遠ざかるわけでは無く、同じような距離感でしばらく東へ進みますので、まだ海では警戒が必要かもしれません。

台風のあとって天気が良くなっても海は1〜2日は荒れた状態が続きますので、いくら天気が良いからといって台風直後に泳ぐのは止めましょうね。どのみち泳いだところで濁りが残っているので、海の中は真っ白かもしれませんからね〜^^;

ちなみに今朝の那覇は風も落ち着いてきたので、とても良い陽気です。

といっても相変わらず夜明け前から気温28度近くもあって、湿度に至っては90%近くまであり、真夏並みの蒸し蒸しの暑い朝を迎えています。確かにこんなに暑ければ海にも飛び込みたくなりますが、まぁ今日までは我慢かな?この穏やかな風なら明日には海もかなり落ち着くと思いますし、もしかすると今日も午後なら落ち着き始めているかもしれませんね。


ただ沖縄に落ち着いてきたということは、本土は・・・


でも台風16号は既にかなり勢力を弱めていて、ギリギリ台風のレベルという感じなので、本土に接近する頃には温帯低気圧や普通の低気圧に変わっているかもしれません。なので「暴風雨」ってことはないと思いますが、局地的な豪雨は各地でありそうなので、今日・明日の本土では雨雲レーダーでリアルタイムに雨雲の位置を確認すると良いでしょう。

台風時の雨雲は風の流れに乗って進みますので、慣れればかなり予測しやすいので、本土の方は今日や明日は雨雲レーダー情報をできれば広範囲でチェックし、独自に予想を立てると良いですよ。おそらく本土へは南風が入ってきますので、通常の東西方向よりも南北方向に雲が動く予測をたてるといいと思います。

過ぎ去らない台風は無い。

我慢は一時。台風は必ず過ぎ去りますので、本土の方は今日や明日は強い雨になったら外になるべき出ずにやり過ごしましょう。


さて台風17号。どうなる?

発生が確認でき次第、またブログに綴ります。


台風シーズンもピークですね〜^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/09/24-07:03 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲