ページの先頭へ△

2011年11月04日

第21回ヨロンマラソン2012。エントリー開始!

例年は10月末ぐらいからエントリー開始だった「第21回ヨロンマラソン2012」ですが、今年は無事今日こと11月4日からエントリー開始になりました!申込期間は2011年11月4日〜2012年1月20日です。

第21回ヨロンマラソン2012へのエントリーはこちら

でもヨロンマラソンの場合は、エントリーよりも競争率が高いのが宿泊。結局エントリーは出来ても宿泊する場所が無くて断念する人も多いらしいですからね。なにせ離島の宿なのでもともとキャパがそれほど多くないですし、一番の問題は島で最も収容宿泊者が多かった「観光ホテル」が閉鎖になったこと。

普段の与論島ならそれでもどうにかなるものの、このヨロンマラソン時は確実に宿泊施設不足になってしまっています。

しかもヨロンマラソンはリピーターが多い大会で、多くの人が連続して参加するので、前回参加時に次の大会の宿の予約をしてしまっている現状。まるで隅田川花火大会の屋形船のようなレベルです^^;

なので宿泊先は前回大会のみの参加だった人がいるところならどうにか空きもあるかもしれませんが、それがどの宿かはわかりませんからね。

確実なのは「ヨロンマラソンツアー」だと思いますが、こちらはまだツアーの詳細は決まっていないようです。しかもこのツアーも先の宿泊先の数に限りがあるので、全てが全て受け入れられるとは限りません。

でも自力で宿を探すよりはツアーの方が楽だとは思います。

まぁツアーだと与論島までの往来が飛行機になったり、船でも深夜便になったりして、あの帰りの船での盛り上がりを楽しめなかったりしますからね。

なので一番良いのはやっぱり与論島の宿を抑えてからエントリーすることかな?

ヨロンマラソンに参加する方、また参加しようと思う方。まずは与論島の宿に電話をかけまくりましょう(笑)。

ちなみに与論島への宿泊は2012年3月3日と4日の2泊。

まぁ最悪は3月3日の1泊だけでもどうにかなりますが、その場合はレース後の深夜に船に乗って沖縄本島へ向かうこととなります。完走パーティには参加できますが、やっぱりヨロンマラソンは大会翌日の船でみんなで帰るところまでだと思いますので、できれば島で2泊して欲しい次第です。

さぁ、参加意向の方はすぐに電話です(笑)。

ちなみに参加およびレースのHowToはまた別途綴りますので、そちらは後日ということでお待ち下さいませ(多分年内には・・・)。


与論島の宿一覧/場所

■与論島の宿一覧詳細
 ※料金は参考程度で、マラソン開催時はハイシーズンでもっと高いものもあります。
 ※宿によっては既に営業を取り止めているものもありますのでご了承願います。
<空港・港エリア>
プリシアリゾート ヨロン(0997-97-5111・\5000〜ぐらい)
旅館ムトウ(0997-97-2140・\5000〜ぐらい)
サンセットビーチマリブ(0997-97-4253・不明)
お宿 蒼い珊瑚礁(0997-97-3599・2000円ぐらい)
<茶花市街エリア>
与論島パークホテル(0997-97-2175・\8400〜ぐらい)
与論コーラルホテル(0997-97-2178・\7350〜ぐらい)
旅館めぐみ荘(0997-97-2063・\5300〜ぐらい)
ビジネスホテルキャッスル(0997-97-4363・不明)
ホテル青海荘(0997-97-2046・\6000〜ぐらい)
汐見荘(0997-97-2167・\5000〜ぐらい)
松園旅館(民宿松園ぐらい)(0997-97-3102・\5000〜ぐらい)
民宿南海荘(0997-97-2145・\5000〜ぐらい)
与州旅館(0997-97-2168・\5000〜ぐらい)
ドミトリーハウス 海(0997-97-4621・\1500ぐらい)
民宿シャロン農園(0997-97-3556・\4200〜ぐらい)
与論島観光ホテル(2009年3月末で閉鎖)
<北部エリア>
ホテルヨロン島ビレッジ(0997-97-4601・\11025〜ぐらい)
サンセットリゾートヨロン(090-3984-1334・\6000〜ぐらい)
<東側エリア>
民宿楽園荘(0997-97-3574・\5500〜ぐらい)
民宿さゆり荘(0997-97-3782・\5000〜ぐらい)
民宿金久白濱荘(白浜荘ぐらい)(0997-97-3780・\5000〜ぐらい)
民宿さかえ荘(0997-97-3781・\2000ぐらい)
しらゆり荘(0997-97-3769・\1500ぐらい)
町営 大金久キャンプ場(0997-97-3111・バンガロー4人用\510/人ぐらい・持込テント\250/1人ぐらい)
<南部エリア>
星砂荘(0997-97-3710・\5250〜ぐらい)
マリナデルレイ(0997-97-3736・\4500〜ぐらい)
ビーチランドロッジ(0997-97-3706・\5000〜ぐらい)
民宿海水館(0997-97-3146・\5000〜ぐらい)
民宿竹丸荘(0997-97-4752・\5000〜ぐらい)
民宿明星荘(0997-97-3673・\4200〜ぐらい)
南風荘(0997-97-3555・\5000〜ぐらい)
川崎荘(0997-97-4218・\3500〜ぐらい)
ペンションサンシャイン(0997-97-3016・\5000〜ぐらい)
ペンション パシフィックホテル(0997-97-4635・不明)
民宿 パシフィック・アネックス(0997-97-4635・\2000ぐらい)
ゲストハウス ちゅら島(0997-97-3963・\2000ぐらい)
小島荘(0997-97-3017・\3500ぐらい)
観光旅館 緑風(0997-97-3234・不明)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/11/04-12:07 | 沖縄マラソン情報

散々な祝日?でも災い転じて福となす???

昨日はツイッターでいろいろ綴りましたが、とにかく散々な祝日でしたよ。

久しぶりに自転車でロングサイクリングしようと思い、気合いを入れて出発するものの、わずか20分で事件発生!!!

・・・タイヤのチューブの破裂(ToT)

パンクならまだしも、破裂ですからね。その瞬間の音と来たらまるで爆竹を踏んだかのような音でしたよ。パーーーン!って。その後の空気の抜け方も通常のパンクのように徐々にではなく、一気に空気が無くなったので、もはやチューブの状況を見なくてもどうなっているか分かりましたよ(;o;)

そしてそこから、自転車屋探しの旅に変更。

本来行くはずだった片道30kmの場所へのサイクリングは当然取り止め。でも当初はパンクさえ直せば再チャレンジできるかも?と思ったものの、あまりよく知らない土地での自転車屋探しには苦労しますね。最初は道を歩いている人に聞いたりしましたが、なかなか有力な情報はつかめず、ようやくつかんだ情報も自転車屋まで行くとまだ開店前。

開店を待ったものの話を聞くとチューブの規格が特殊らしくチューブの在庫がないとのこと。

その後、結局5店舗を回ったものの(我ながらよく見つけたものです)、ホントにその自転車のチューブが特殊でどの店でも対応してもらえませんでした。最終的には遠くにある超有名自転車ショップまで行くしかないと思って、延々自転車を押して歩き始めることに・・・。

片道10km以上。

でも修理できれば帰りは歩かなくて良いので直ることを祈って歩き続けました。

そこでふと思いました。もしそのお店でチューブが無かったらどうするの???

・・・10kmが無駄になるばかりかそこからまた帰らなければならなくなる(ToT)

電話してみる。

すると、予想が的中。

在庫無し。

もはやその有名店で無いということはどこで探しても見つからないと言うこと。そのレベルのお店だったのでがっくりです。

幸いこの予見が的中したおかげで片道10kmの無駄な歩きは最小限で済みましたが、それでもタイヤのチューブが破裂してから6〜7kmは歩きましたね。ただ歩くだけなら大したことはないのですが、さすがに自転車を持ってしかも狭い歩道を歩くのはかなり疲れましたよ。

結局、あとでネットで調べると私の自転車のタイヤ(チューブ)はとても特殊で、ネットでもどこでも売っていませんでした。

・・・どんなタイヤサイズだよ(T_T)

でもいろいろ調べると、ジャストなものでなくても少しだけ小さいものを使っても問題ないとのこと。それならその5店舗回るときに修理が出来たかもしれませんね。自転車屋さんもそのことを知っていて欲しかったものです。まぁ便宜上、サイズに合うものが良いのかもしれませんが、ここまで特殊なサイズだと一般的にも小さいサイズで代用させるんでしょうね。

なのでこの週末にその一般的な小さいサイズのチューブで修理をお願いしようかと思います。

そして今度は破裂しないように、タイヤの空気をあまり入れすぎないようにします。実を言うと今回の破裂(バースト)の原因はおそらく空気の入れすぎ。何故入れすぎたかというと、今回から新しい空気入れになって、その空気圧ゲージの読み方が分からなかったので目一杯入れてしまっていました。

まぁ自業自得なんですけどね^^ゞ


でもこのバーストのおかげで時間が余ったのでいろいろ散歩してみると、様々な発見があって楽しかったです。あまりよく知らないエリアに足を運んだりすると、お祭り的なイベントを開催していて楽しんだりしましたし、美味しいものもいろいろ頂くことが出来ました。

ある意味、こういう休日の過ごし方も悪くないかな?

特にお祭り的なイベントに関しては完全にノーマークだったし、その歩いた場所もたまたま通りかかったところだったので、まさに災い転じて福となすでしたよ。あのタイヤチューブの破裂が無ければこうして歩いていることも無いですし、歩いていなければお祭り的イベントに遭遇することも無かったですからね。

お祭りでは美味しいものも頂けましたし、激安のものも買えたので満足です。もはや自転車のことは忘れて楽しめましたよ。

でもその徒歩も結局3時間。

まぁ今日は自転車では往復4時間を想定していたので、それに比べれば少ないですが、それでも3時間も歩くのは登山以外では初めてかも?もはやフルマラソンのタイム以上の時間ですからね^^ゞ


そしてその3時間の歩きの翌日の今朝。恒例の朝ランでした^^;

もともと予定していたものでしたが、昨日のあとだとちょっと疲れも残っていましたね。まぁ自転車を漕ぐ筋肉と走る筋肉は別ものなのでロングサイクリングの翌日でもランニングへの影響はあまり無し。でも徒歩になると結構翌朝のランニングにも響くので、結構辛かったです。

その前にこの暑さはいい加減にどうにかして欲しいですよね。

早朝にもかかわらず気温26度。湿度は90%近いです。

本来の11月の爽やかな空気が待ち遠しい限りです(;o;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/11/04-08:04 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲