ページの先頭へ△

2011年10月11日

3Dを見るにはコツがいる?

最近買ったパソコン用モニタに使っている液晶テレビですが、このテレビにはもともと3D機能が付いていて、3Dメガネもあったのでこの連休でいろいろチャレンジしてみました。

しかし3Dを見たくてもブルーレイはプレイヤーも持っていないし、DVDでも3Dのためだけにソフトを買うのはちょっと抵抗がありました。

でもパソコンに繋がっていると言うことは、パソコンで見れればOK?

そう思っていろいろ調べてみると、Youtubeにいろいろ3D動画がアップされていますね。しかもうちのテレビの3D方式の「サイドバイサイド(偏光方式)」のものもいっぱいあっていろいろ見てみました。

しかし3Dって見るのにコツがいるんですね。普通に見ると2つの画像に見えてしまいますが、目を寄り目にすると徐々に3Dっぽくなってきました。

・・・目が疲れるけど^^;

でも3Dの元の質によってその立体感にかなり差が出ますね。中には「普通じゃん」ってものも有りましたし、逆に避けてしまうようなものもありました。

中でもこの海の中の動画。特にウミガメはかなりの臨場感。

サイドバイサイド(偏光)方式の3D動画


しかしその後Youtubeも含めていろいろ3D動画を探してみましたが、DVDもブルーレイもまだソフトが少ないですね。まぁ映画でやっと3Dが登場したレベルなので、その先のDVDやブルーレイになるともっと時間がかかりますね。

けど問題は先の話のように見るのにコツがいるので、とにかく目が疲れます。

映画とかだと2時間もあの寄り目にすると思うと大変だな〜って思いますね。

あと3Dの素材としてもその加工方式によるのか、質の差が大きいですね。先の話のようにどう見ても2Dのようなものもあれば、張りぼてのような3Dもあれば、先の海のようにかなりの臨場感が味わえるものなど。

今後3Dソフトを買うにも、この質が判断できないとなかなか買えそうにないです。

3Dはあくまでおまけってことかな^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/10/11-12:33 | 沖縄ライフ

台風20号?プチ台風?気になる雲?相変わらず派手な雲の分布^^;



結局、昨日は沖縄本島までプチ台風的な活発な雨雲がかかり、これで南西諸島のほぼ全てのエリアに至ったようです。

しかも昨日の沖縄本島のものは突如現れたもので、ああいう感じだとさすがに予測は出来ませんね。なにせ昨日はこのプチ台風が現れるまでは青空も望めて比較的いい天気でしたからね。それが夕方以降、あの激しい雨になるなんて・・・

今年も体育の日の沖縄は荒れた天気になってしまいました^^ゞ

とかく本土では晴れの特異日とされる体育の日も、沖縄では台風や悪天候の特異日になっていますからね。

でもこの体育の日の悪天候を超えると、いつもの年なら暑さもほどよい頃合いになる、いわゆる「ベストシーズン」になるんですけどね。しかし今年の気象はホントに読めないのでどうなることやら・・・

泳ぎ締めは果たして実現できるか!?


その前にフィリピン近海の気になる雲。ついに「台風のタマゴ」まで昇格です。

といってもかなりフィリピン近くまで来ていますし、沖縄方面へ北上する要素も少ないので今のところそんなに気にしてはいません。でも台風20号になるかな〜?ならないかな〜?

ちなみにこの台風のタマゴは米軍情報もさることながら、気象庁の台風情報にも要注意熱帯低気圧としてピックアップされています。

台風20号になるのも時間の問題?

ちなみにこの時期の平均発生台風数は「20.2個」。なのでこの台風のタマゴが発達しても数としては平年並み。

あとは接近しないことを願うばかりです・・・。

それと接近しなくても秋雨前線を活性化させるような南風を送り込まないでほしいですよね^^;
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/10/11-07:17 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲