ページの先頭へ△

2011年09月20日

台風が遠ざかった沖縄でしたが・・・

正直、台風が最接近している時の方が天気が穏やかだった沖縄です。

昨日から今朝にかけて、沖縄は猛烈な風と激しい高波に見舞われています。窓を開けると突風が吹き込んでくるし、海の近くは波が防波堤にぶつかる重低音が響き渡っていて、台風が遠ざかっているはずなのに、台風が近くにいる時のような状況に陥っています。

なんなんでしょうね〜。この状況。

っていうか今年の台風は沖縄近海にいる際は雨雲はそれほど発達しておらず、沖縄への影響も少ないものの、北上して本土に接近していくと徐々に雨雲が発達して、結果本土に大雨をもたらしていることが多い。

通常なら北上すれば海水温が低くなるので台風もパワーダウンするはずなのですが、やっぱり本土近海の海水温が上昇しているってことなのかな〜?

結局、ここ最近の台風は沖縄にはあまり雨を降らしていませんからね(大東島は豪雨が多かったけど)。

この連休も台風が最接近しているときも雨はあまり降らなかったですし、天気も基本的に晴れていましたからね。その代わり海の荒れ方はハンパじゃなかったので、天気は良くても船は欠航してしまっていて、本島周辺離島や奄美諸島では完全に物資が不足しているようです。

航空便がある沖縄でも船便に頼っている物資もあるので、徐々に影響が出てきそうな気がします。

台風15号もそのまま過ぎ去ってくれればいいのに、喜界島近海でまた迷走してしまいましたからね。

船便の場合、物資の大元は本土なので、本土に台風が向かっている現在では当分船の再開は望めなさそうです・・・。

葉物の野菜、乳製品などが特に厳しいらしいです。もちろん他の物資も船便がここまで欠航続きだと品不足になってしまいそうなので、台風には早く過ぎ去ってもらって、穏やかな海に戻して欲しいものです。

幸い、飛行機の欠航はそんなに多くないので人やある程度の物流には影響は少ないですが、物資に関してはメインが船なので、この状況はもうしばらく続きそうです。

正直なところ、台風は今回のような迷走よりも直撃の方がまだマシだと感じつつあります。


ちなみに今朝の沖縄は相変わらず強風・高波で荒れ模様ですが、天気に関してはまだ曇っているものの、これだけ風が強いと雲もすぐに流されそうです。その代わり今日もスコールはあるかもしれませんが、台風の直接的な雨雲はもう沖縄近海には無さそうので、天気は期待できそうです。

ただ波は猛烈に高い状態が続いていますので、天気が良くても海遊びは控えた方が良いと思います。

しばらくは沖縄の海は「見るだけ」にしておいた方が良いかと思います。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/20-08:00 | 沖縄ライフ

台風15号は12号の時よりヤバイと思う・・・



台風15号。どうにか沖縄から遠ざかっていきましたが、また迷走。

昨日、奄美北部の喜界島近海まで北上したと思ったらそこでまた停止。すると直角に曲がって今度は真東へと移動してしまいました。

こういう進路偏光を伴うと速度がまた遅くなるので、喜界島や奄美大島への影響のみならず、本土への影響もさらに大きくなってしまいます。

既に西日本を中心に激しい雨になっているようですが、状況は直撃した先日の台風12号よりも悪いかもしれません。

台風12号の時はあくまで台風だけの影響で、それが「上陸」ということで影響が大きかったのですが、今回は台風だけじゃなく活発な秋雨前線まで南下して本土にかかっています。

前線がある場所に台風が接近すると、南から湿った空気が雨雲をともなう前線に湿った空気を大量に送り込んで大雨になりやすいです。しかもその湿った空気は本土の山々にぶつかってさらなる大雨を引き起こしかねません。

先日の台風12号はこの南からの湿った空気だけでしたが、今回はそれに前線も加わるので、正直なところ12号より状況が悪くなる可能性もあります。

そして今回は前線を伴う豪雨なので、その範囲が広いこと。

台風だけならある程度場所が絞られますが、前線があると広範囲に雨雲が発生するので、その影響範囲はかなり広まりそうです。下手すると北海道以外本土全域で豪雨になる可能性もあるかもしれません。

しかも台風15号の本体も今後本土に上陸する可能性もありますので、そうなると時間差はあるもののその影響範囲はさらに広がりそうです。

ただでさえ先日の台風12号で大きな被害が出ている地域もあるので、今回のこの状況は小さいエリアの「避難勧告」というレベルではなく、国としての対策が必要な気さえします。

台風そのものの勢力はそうでもないですが、秋雨前線の位置があまりに悪いので、今後の豪雨がとても心配です。

特に先日の台風12号で出来てしまった土砂ダムの下流域の方は「避難勧告」が出てようと出てまいと短期的でもいいのですぐに避難して欲しいものです。今回の台風15号と秋雨前線の影響は台風12号より大きくなりそうな気がします。

とにかく12号の時のような被害を出して欲しくないので、無駄になるかもしれませんがすぐにでも避難して欲しい次第です。

それとそれ以外の地域の方も今回のこの状況を重く見て、可能な限りの対策をとって今後の天候に備えて欲しいです。

台風慣れしている沖縄に住んでいる身としても、今回の本土の状況は背筋が氷りそうなぐらいの悪い状況ですので、とにかく後追いではなく事前に対策および対応をしてほしいです。

そして出来ることなら自治体や国としても今回の事態を受けて何か情報を発信して欲しいです。

何かが起きてからでは遅いのです。

何も起きなくても「備えあれば憂いなし」。

備えは無駄にはなりません。

メディアももう少しことの重大性を伝えて欲しいと思う次第です。先日の台風12号もメディアは事前に全くことの重大性を伝えなかった結果、あの被害になってしまったといっても過言じゃないと思います。今回も今朝のニュースを見ている限りはこの台風と秋雨前線のことをあまり重く見ていないので心配になります。

メディアは「結果」だけでなく少しは未来に向けての「注意喚起」を行って欲しいものです。

自治体や国は何か(被害)が起きてからしか動きませんので、メディアぐらいは先に動いて欲しい次第です。


どうかこの記事が取り越し苦労であることを願いたいものです・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/20-06:26 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲