ページの先頭へ△

2011年09月15日

台風16号「ソンカー」発生!もしかすると本土方面へ?



やっぱり台風シーズンですね。9月は。

台風15号に続いて、台風16号のタマゴも無事に羽化してしまいました(ToT)

台風16号。その名は「ソンカー」。

ベトナムの言葉で「さえずる鳥」とのことなので、その程度で収まって欲しいですね。

でもなんか本土っていうか関東方面へ向かいそうな感じなんですが、あとは偏西風次第でうまく東へ流れてくれると良いですね。もし東に流れれば関東地方にかすることなくそのまま過ぎ去りそうなので、そうなれば影響も最小限で済むかもしれません。

その前に沖縄は台風15号ですけどね^^ゞ

ちなみに台風15号は今日の夕方には大東島に最接近。っていうかほぼ直撃レベルの進路。

でも今回の台風15号が先日の14号同様に中心にあまり雨雲が無いんですよね。しかも風もそんなに強くないので、「台風」というよりも「プチ台風」のレベルかな?ただタイミングによっては猛烈な雨になることもあるので油断はできません。

あと沖縄本島も台風15号の強風域に入っているらしいですがあくまで机上の話。実際のところ、今日の那覇はそんなに風は強くないです。っていうか思いっきり晴れています^^ゞ

確かに午前中はスコールも多かったですが、午後になると比較的安定して青空が望めています。風もこの暑さを和らげてくれるレベルなのでこの程度ならウェルカムですね。

けどここ数日、何故か米軍の予想だけ沖縄北部や奄美に台風が最接近した後、南下して本島直撃になっているんですよね。基本的に台風はあまり南下しないので「ホントかよ?」と思いますが、実際はどうなんでしょうね。

通常ならそのまま西の東シナ海に抜けてしまうのですが、沖縄近海まで来たらスピードダウンして迷走するとの予想も・・・

まっ、勢力がかなり弱いですし活発な雨雲も今のところ無さそうなので、明日以降も不安定な天気になるものの、1日中大雨って感じにはならない気がしますけどね。

天気予報では今夜から沖縄は激しい雨になって、明日は1日中大雨的な感じになっていますが、沖縄に住んでいる身からすると「無い!無い!」って思っています。あってもスコール。そんな感じだとは思うんですけどね。

・・・かなり希望的観測が入っていますが^^ゞ

まずは台風15号に続いて台風16号も発生。

15号はそのまま西に抜けてもらって、16号は東に旋回して本土に接近しないで過ぎ去ってくれることを願いましょう!

でもどっちも大した勢力ではないので、万が一接近してもそれほどの影響はないと思うんですけどね。発生場所がどちらもかなり北の海域だったので、それが幸いかと思います。

さて、来週はどんな天気になるんでしょうね。天気予報は2つの台風に翻弄されてコロコロ変わっていそうな気がします。

予報は気にしないで、雨雲レーダーなどを見て自分で判断しましょう!あてにならない予報でストレスを溜めても仕方ないですからね^^v

雨雲レーダーページ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/15-17:05 | 沖縄台風/災害情報

47都道府県対象「魅力度ランキング」発表!

こういうランキングありますよね。確かに上位は納得いくのですが、下位はちょっと納得いかないものも多いですよね。特に首都圏近郊のランキングがとにかく低い!

茨城が3年連続で最下位で、45位が埼玉で、44位が群馬、42位が栃木。
地域ブランド調査2011の詳細

個人的には茨城は筑波山があるし、霞ヶ浦や利根川などもあって自然も豊かだし、筑波研究学園都市のような先端の街もありますし、TX開通で魅力度もアップしていると思うんですけどね。埼玉は川越などの古き良き町並みもありますし、意外と西部には自然豊かな山々もあるんですけどね。

また群馬や栃木には魅力的な温泉街も多いし、ウィンタースポーツや登山なども楽しめるスポットが満載。だけでこの順位はちょっと納得がいきませんね。

多分、このランキングで下位になっている都道府県は単に「あまり知られていない」というだけかもしれませんね。

しかし茨城の3年連続で最下位というのはちょっと問題かも?もう少し広報をしっかりしないと、この順位はずっと続いてしまいそうです・・・。ちなみにブービーこと最下位の1個上も3年連続で佐賀県です。佐賀も玄界灘と有明海という2つの特徴的な海もあって、焼き物とかでも有名なんですけどね・・・。


それはさておき上位の話。沖縄は3位。1位は北海道で2位は京都で、さすがにこの2つにはかないませんね。

というのも上位2つには「食」と「文化」が充実しているので、その点になると沖縄はなかなかかないません。特に「食」はどうしても沖縄は限られたものしか頂けませんからね。北海道は多彩な海産物に加えて牧場などもあるので、1年を通して楽しめます。京都も物流の拠点なので様々な「食」が楽しめますし、何より「文化」が充実。こちらも1年を通して楽しめますが、沖縄は結局「夏だけ」のイメージが強いですからね。

この期間的なものが上位2つとの差なのかもしれません。

でも2位の京都との差はわずかなので、あとは努力次第かな?

といっても沖縄の場合、京都のような「おもてなし」を感じられないので、自然には癒されてもそれ以外の部分で癒されることが多くないので、その点を改善できれば京都を超えることが出来るかも?

しかしアバウト(てーげー)な沖縄の文化だとこのきめ細かいおもてなしは難しいのかな^^;;;


■都道府県別魅力度調査結果( )は魅力度の指数

01位 北海道(70.7)
02位 京都府(53.4)
03位 沖縄県(50.3)
04位 東京都(40.3)
05位 奈良県(34.0)
06位 神奈川県(30.6)
07位 大阪府(29.4)

トップ7は3年連続不動の順位

08位 長野県(28.9)11位→10位→8位と徐々にランクアップ!
09位 兵庫県(27.0)
10位 福岡県(26.7)
11位 長崎県(25.9)
12位 静岡県(23.6)
13位 石川県(22.7)
14位 青森県(21.4)
15位 宮城県(21.0)
16位 千葉県(20.9)
17位 鹿児島県(20.2)
18位 秋田県(19.3)
19位 熊本県(18.1)
20位 愛知県(17.7)
20位 広島県(17.7)
22位 山梨県(17.5)
23位 新潟県(17.4)
24位 宮崎県(17.0)知事が替わったからなのか6つ急落
25位 岩手県(15.5)
26位 富山県(15.3)
27位 山形県(14.3)
28位 三重県(13.7)
29位 島根県(13.5)
30位 香川県(13.4)
31位 高知県(13.0)竜馬伝が終わったからなのか4つ急落
32位 和歌山県(12.9)
33位 愛媛県(12.8)
33位 大分県(12.8)
35位 岐阜県(12.6)
35位 福島県(12.6)
37位 岡山県(12.1)
38位 滋賀県(11.8)
39位 山口県(11.6)
40位 福井県(10.9)
41位 鳥取県(10.8)
42位 栃木県(10.3)
43位 徳島県(10.1)
44位 群馬県(9.8)
45位 埼玉県(9.6)
46位 佐賀県(7.5)3年連続・・・
47位 茨城県(7.2)3年連続・・・

地域ブランド調査2011の詳細
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/15-11:03 | 沖縄ニュース

3つの熱帯低気圧(うち1つは台風15号)。



やっぱり9月は台風シーズンのピークですね。沖縄の南の海上、っていうか今年は日本の南の海上に活発な雨雲群が次々と発生しています。

台風15号と八重山近海にあるプチ台風は既にこのブログではレポートしていますが、昨日さらにもう1個、雲の塊が発生しました。場所は南鳥島近海。この近海で発生する雲の塊は台風になりやすいので、とりあえずこちらも「台風16号のタマゴ」としておきます。今後はどうなるか分かりませんが、でもこの16号のタマゴに関してはかなり東の海域での発生なので、通常のパターンなら沖縄まで来ることはあまりなく、そのまま北上して東へ抜けてしまいます。

ただ、今年の台風に関しては例年のパターンが全く参考になりませんのでどうなることやら・・・

そのいい例?が台風15号。

現在沖縄や奄美に一直線で進んでいますが、通常この海域で発生すると北上してそのまま逃がしに抜けてしまうのですが、今年は北上することなく真西に向かって進んでしまっています。

理由は昨日も綴りましたが、本土の残暑。つまり太平洋高気圧がこの時期になって強くなっているからではないでしょうか?その結果、通常は北上する台風もその高気圧を避けようとし、結果的に西に向かっているような気がします。

加えてその本来の台風の進み方を手助けする偏西風も今年はものすごい北を流れていて、それも例年とは違った進路にさせている要因かと思います。なにせ今年の偏西風は北海道の北というものすごい北を流れていますからね。秋だともう少し偏西風は南下しているはずなんですが、今年は真夏と同じような位置を流れていますので、ここ最近のような残暑とこの台風の変わった進路になっているのだと思います。

でも台風15号は西に進路をとって奄美や沖縄へ向かっていますが、幸いなことにかなりスピードを上げています。昨日まで小笠原近海かと思ったら、今朝は大東島近海まできていますからね。このままのスピードで西に抜け去ってくれると影響も最小限で済むのですが、ただ今後は進路変更をともなうとどうしてもスピードダウンをしてしまうので、まだまだ油断は出来ません。

ちなみに予想進路は米軍は何故か通常の台風ではあまり起こりえない「南下」で、奄美方面へと向かうものの、その後は南西諸島に沿ったかのように沖縄本島まで向かうとのこと。

まぁ今後の進路は正直わかりませんが、でも沖縄は台風が最接近しても台風の南側や西側といったあまり雨雲が活発ではないエリアがかかりそうなので、正直なところそんなに心配していません。台風対策も通常のものだけで、直撃時のような入念なものではありません。通常の台風シーズン時の対策のみで今回は十分だと思っています。

しかも天気も台風の西側や南側なら雨も一時的なので明日の天気予報では沖縄は大荒れになっていますが、個人的には近い場所なら普通に外出できると思っています^^ゞ

むしろ雨の心配は台風15号でも16号のタマゴでもなく、八重山近海にいるプチ台風なんですけどね^^;;;

でもこちらも台風15号接近の影響でかなり弱くなっている気がします。雨雲レーダーを見る限り、今朝は沖縄本島のみならず宮古や八重山でも雨雲がほとんど無くなっていますので、これまでのような大雨は降りにくいかな?

ただ南の海上に熱帯低気圧が3個もあるとお互いの干渉などで正直予測できません^^;何事もなく無事に過ぎ去ってくれるのを祈りましょう!とりあえず台風15号はそのままのスピードで西へ、16号のタマゴは東へ、そしてプチ台風は消滅してくれると助かるんですけどね^^ゞ

今週末は連休なので、できれば明日中にも15号には過ぎ去ってくれることを願っています(^人^)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/15-07:15 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲