2018年06月22日

梅雨明け後の朝ランは楽しい!色彩豊かな景色がてんこ盛り!!




今朝も沖縄は、那覇でも「最低気温27.7度」と、猛烈に暑い夜、そして朝でしたが、梅雨明け後?の沖縄は朝の光景がホントに楽しいです。朝ランもついつい途中で何度も足を止めてしまいます。まぁ止まるたびにあまりの暑さに、大量の汗が噴き出してくるので立ち止まらない方がいいのですがこの光景を見ちゃうとね〜。

さらに走っている途中に、あの独特の香りが漂ってくると、またしても足を止めてしまいます。

「サガリバナ」

木がある場所を知らなくても、あの香りが漂ってくると、確実にサガリバナの木を発見できますね。今日も全く知らない場所に香りからサガリバナの木を発見!ホント、那覇市街ってサガリバナの木って多いですよね〜。まぁあの香りは花が咲いているときの「深夜から早朝限定」なので、日中は匂いを感じることができませんので、これからの時期は特に那覇市街は早朝に散歩してほしいですね〜。




そして空模様も、刻一刻と変わる様が楽しい朝ラン。今朝は1時間のランニングの中で、何度足を止めたことか!?スタート時のピンク色の空の色から、途中の夏雲に、走り終わった後の朝にもかかわらずこの真っ青な空と、色彩豊かです。





完璧に梅雨明けしております!

公式な梅雨明け発表は出ていませんが、おそらく「今日」発表があるんじゃないかな?明日は慰霊の日なので休みですし、日曜日はお役所なので休みだし、今日発表しないと月曜まで持ち越しになっちゃいますからね。そもそも平年(平均的)の沖縄の梅雨明けは明日の「6月23日」なので、そういう意味でも「今日に梅雨明け発表」はかなりの確率かも?

まぁ梅雨明け発表があってもなくても、とっくに梅雨明け状態の沖縄なので、何も変わりませんからね。強いて言えばニュースで取り上げられるので、沖縄旅行を計画している方には安心できるって感じかな?

反面、沖縄に住んでいる身からすると、今後4ヶ月はこの猛烈な暑さが続くってことになるので、少し憂鬱になりますけどね^^;

さぁこの夏の暑さはどこまで行くか?今年の沖縄。ついに本土並みの「体温レベルの気温」が普通になるか!?(沖縄は観測史上最高でも36度台)

そういう意味でも梅雨明けは憂鬱です(/_;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/22-08:05 | 沖縄の服装/天気

2018年06月21日

今日は夏至!梅雨明け後(多分)の沖縄では日差しが真上から!?

既に事実上の梅雨明けしている沖縄ですが、沖縄の梅雨明けは毎年「夏至」近辺なんですよね〜。1年で最も昼が長い日(夜が短い日)で、2018年は今日こと「6月21日」だったと思います。沖縄の場合、本土より西にあるので、夜明け時間は遅いものの、日没も遅くなるので、今日の日没は1年で最も遅い時間になるかも?(実際はもっと遅い時間になる日がありますが・・・)

今日の那覇の日没は「午後7時25分」
石垣島だと「午後7時35分」

実際は日没後に夕闇の時間が30分ほどあるので、午後8時ぐらいまでまだ明るいかと思います。

そして夏至になると、昼の長さ以上に気になるのが日差しの強さとその角度。正午過ぎぐらいになると、もはや建物などから影が落ちないほど「真上」から日差しが降り注ぎます。日影を選んで歩きたくても、あまりに日差しが真上から注ぐので影が全く無い事態に!?

街路樹があればその下なら日影もあるものの、断片的な影なので日除けにはなりにくい。

日傘でもあれば逆に効果は絶大ですが、さすがに日傘を持つ習慣はないですからね〜。むしろ沖縄だと、私もそうですが、帽子と長袖長ズボンで日除けすることが多いです。帽子については顔から日差しを遮るためですが、長袖長ズボンは日中だけではなく、強烈な夕方の西日も遮ることもできますからね。特にバイクや自転車で移動する場合は、暑くても必ず長袖長ズボンを着用します。

梅雨明け後の沖縄旅行で、意外と重宝するのが薄手の長袖!

しかも撥水素材や水を吸い込みにくい素材なら、雨合羽代わりにもなるので、これからの時期はかなり重宝します。日差し対策だけではなく、雨よけにもなりますからね。さらに離島行きの船に乗る場合は、船内の猛烈な寒さ(笑)対策にもなります。ホント、離島行きの船の中ってどの航路も冷房効き過ぎ!ってぐらい寒いですからね。

夏の沖縄旅行で「長袖」はお忘れなく!


とにもかくにも夏至の沖縄。日除け対策は万全にして外に出ましょう!私も午後に外出ですが、長袖と帽子は着用する予定です。それでも既に肌が真っ黒だからやになっちゃいますね(笑)。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/21-10:44 | 沖縄ライフ

波照間便の欠航は梅雨明けの証拠?連日の夏至南風

今日も梅雨明け後に吹き荒れる強い南風こと「夏至南風」が吹き荒れている沖縄です。おかげで風通しが良い場所では結構涼しいのですが、今朝も那覇は最低気温が28度近くもあって、エアコンなしでは絶対に眠れない夜でしたね。ホント、エアコンを早めに新調しておいて良かったです(いろいろありましたがw)。

でも室内でこそエアコンなしじゃ眠れませんが、正直なところ外なら、強い南風が常に吹いているので、もしかして快適に眠れる?って感じですね。室内よりも「野宿」の方が涼しそうな気がします。しかし以前、それを見越してデッキチェアを使ってバルコニーで寝てみたこともありましたが、問題は「虫」。我が家は蚊は全くいないのですが、よくわからない無理に体中を噛まれて、眠れなかった記憶が・・・(ダニ?)

なので昨日から夏至南風が安定して吹いてますが、夜は窓を閉め切ってエアコンを使って寝ている次第です^^ゞ

これから台風シーズンが終わる10月中旬まで、涼しくなることはもう無くなるので、ほぼ毎晩エアコンを使うことになるでしょうね〜。この夏の電気代はどこまでいっちゃうのかな〜。まぁこればかりは仕方ないので、せめて他の部分で節電をはかりたいと思います。


ちなみに夏至南風が吹き荒れると、同時に海も荒れるので、特に南航路の波照間便は最も影響を受けるんですよね。その証拠に、昨日はほぼ1日晴れだったものの、波照間便は4便中3便が欠航。その前も4便中2便が欠航しているので、やっぱりこの強い南風は梅雨明け後の夏至南風ですね〜。

梅雨が明け直後は波照間便が欠航する。

ここからも沖縄の梅雨明けがわかる次第です。でも沖縄気象台からの発表はまだですけどね〜(発表は梅雨明け状態になってから1週間後らしい)。

でも土日に発表はまずないので、もしかすると今日・明日に発表があるかもしれませんね〜。といっても発表が有ろうと無かろうと、沖縄の暑さは変わりませんし、何が変わるわけでもありませんけどね。。。(沖縄旅行を計画されている方には安心だと思いますが)


そして梅雨明けすると、気になるのは「台風」ですが、現在は目立った雲はありませんね。沖縄の梅雨明け直後は台風が発生しにくいのですが、そういう意味でも沖縄の梅雨明けは決定的って感じかな。この梅雨明け後の1〜2週間は、1年で最も確実な「ベストシーズン」ですからね〜。毎年、この時期は離島へ旅していますが、天気的にイマイチだったことは一度もないですね。

しかし今年はいろいろあって、その梅雨明け直後の離島旅行は無し。

その代わり、7月中旬に新規就航したLCC離島便で某離島へ(笑)。しかし7月中旬と言えば、毎年必ず台風が来る時期。秋の体育の日連休に次いで、台風の特異日ですからね〜。まぁ今回はLCCに乗ってみるだけなので、島では1泊しかしませんが、その1泊にピンポイントで台風が来るか否か・・・

まぁ気象だけはどうすることもできませんので、あとはなるようになると考えるだけです^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/21-07:03 | 沖縄の服装/天気

2018年06月20日

梅雨明けと言えば「サガリバナ」!既に満開レベルのところも!?

サガリバナと言えば、西表島で早朝カヌーツアーで見るものと思われがちですが、那覇市街でも普通にサガリバナの木ってあるんですよね。でも花が咲かないと、何の木かわかりにくいですが、この梅雨明け時期になると花のつぼみをぶら下げる「ツタ」のようなものが下がってくるので、明らかに他の樹木とは違う雰囲気になります。そして花が咲き始めると、遠くにいてもその香りを感じるほど。

梅雨明けの沖縄(発表はまだだけど)。

那覇市街でも至る所であの香りを感じることができています。そして那覇でサガリバナの名所と言えば・・・


瑞泉通り/馬場通り


今朝のランニングで首里まで行った理由は、これを見たかったからというのもあります(朝ラン時の記事はこちら)




見事に咲き誇っていました!朝ランの特典ですね〜(昼ランや夜ランだとまだ咲いていない)。

もちろん、咲き誇っていたのはまだ一部でしたが、ここのサガリバナはいい感じで時期がずれて咲いていくので、かなり長い期間花を望むことができます。少なくとも8月いっぱいまでは望めますし、ここ数年は9月まで真夏の暑さで、9月いっぱいまで望めることも!?逆に西表島や石垣島のサガリバナは、一気に咲いて一気に終わっちゃいますので、時期を逃すと望めないこともありますからね。その点、那覇市街のサガリバナは開花時期がバラバラなので、長い期間楽しめます。

そして毎年7月には、この瑞泉/馬場通りでサガリバナのお祭りや鑑賞会もあるので、まさにこれからいい時期になります。

さらに首里の高台まで行かなくても、那覇中心街にもサガリバナの木は多い!中でも那覇新都心公園。最も確実に那覇市街でサガリバナを望めるかもしれませんね。場所は沖縄県立博物館の裏。スカイデッキの先にある「那覇市緑化センター」という建物の前の木がサガリバナです。ここの木は毎年早咲きなので、今朝もいい感じで咲き誇っていましたね。




さらに国際通り近くの牧志エリアにもサガリバナが!?

といっても国際通りから一歩奥に入った場所ですが、イオン系スーパーの「マックスバリュ牧志店」のすぐ近くにサガリバナの木があるんですよね〜。



なんと、Googleのストビューはサガリバナの時期に撮影されたようで、街路樹にまだ花が残っていますね〜(2017年8月の映像)。でもここのサガリバナは、夜明け前に散ってしまうので、朝ランで通ってもいつも散ったあとばかり。逆に夜中の方が花盛りかもしれませんね〜。マックスバリュも24時間営業ですし、国際通り周辺で飲んだ後に見に行くのもいいかもね(私はしませんがw)。


ってことで、今の那覇(沖縄)は、サガリバナが花盛り。まさに梅雨明け後の風物詩ですからね〜。

梅雨明け決定!www
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/20-11:35 | 沖縄ライフ

勝手に「沖縄の梅雨明け」宣言!でも空気感的に確実!!



今朝の光景。珍しく首里城近辺まで朝ラン。

っというのも、ここ最近、滅茶苦茶暑かったので、坂が多い首里は避けていました。でも今朝は相変わらず最低気温は27度台という猛烈な気温でしたが、同時に強い南風が常に吹いていたので、向かい風なら暑さもしのげたので、首里の山へ!

・・・でもやっぱり暑かった^^;

ついに、ランニングウェアのボトムスから汗がしたたり落ちるレベルに。沖縄の個人的な暑さの指標で、「朝ランでどこまで汗をかくか」があるのですが、その究極レベルが「ボトムスから汗がしたたり落ちる」ってことでしたからね〜。まぁ今朝は坂道が多かったから汗も多かったのかもしれませんが、あれだけ強い南風があってこの汗ですから、暑さも「究極」って訳です。

ってことで・・・

勝手に「沖縄の梅雨明け」宣言!

汗のかき方もその根拠でしたが、何より昨日から止むこと無く、ずっと吹き荒れているこの「強い南風」が何よりの証拠。

夏至南風(カーチベー)

「カーチバイ」とも言いますが、沖縄の梅雨明けは、この強い南風が常に吹くことでわかります。しかも1日ならまだしも、昨日から今朝と2日連続でこの強い南風が吹くと、梅雨明けということは間違いなさそうです。

まぁ「5/28」に既に夏至南風的な強い南風が吹いており、その後は完全に梅雨明け後の夏模様でしたが、その後の台風5号と台風6号に水を差された感じでしたからね。八重山近海のプチ台風も北上して影響がなくなりましたし、今朝の沖縄は朝から良い天気。しかも平年の沖縄の梅雨明けは「6月23日」なので、これなら頭の固い気象庁や沖縄気象台の役人も「沖縄の梅雨明け宣言」をしてくれろうな気がするのですが・・・

少なくとも、沖縄に住んでいる身としては、この風、空気感、そして匂いというかなんというか五感で感じるものが「梅雨明け後の真夏」って感じです。

ってことで・・・

沖縄は梅雨明け!

既に平年の真夏以上の暑さを何度も経験してる今年の沖縄だけに、この夏の沖縄の暑さはどこまで行くんでしょうね。かなり恐怖です。でも旅行で沖縄にお越しの方には、この沖縄の梅雨明けは嬉しいでしょうね。

あとは台風次第ですが・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/20-07:41 | 沖縄の服装/天気

2018年06月19日

暑すぎるだろ!今朝の那覇の最低気温28度弱!夜中の気温じゃないね

物凄い気温。今朝の那覇。


最低気温27.7度


日中ではありません。夜明け前の最も気温が下がる時間でこの気温です。真夏でもここまで気温が高い夜も珍しいです。しかし何故か昨日はこの「今年一番の暑い夜」だったのにも関わらず、エアコン無しで熟睡。

おそらく昨日の午後の那覇は雲が多くて、建物がそれほど熱くなっていなかったんでしょうね。室温がそれほど高くなっていなかったので、エアコン無しでも眠れたのかと思います。といっても昨日の那覇は、予報では「1日雨」でしたが、結果はアメダスだと「1日雨無し」。那覇市街でも海の近くのエリアで、午後にスコールはありましたが、内陸では雨無しだったようですね。

ここ最近の沖縄の天気予報は、当たるとか当たらないとか以前に「酷い」状態です。1日外すだけならいいですが、ここ何日も見事に外してくれますからね〜。それも「1日中雨・降水確率80%」で、「1日中雨無し」が何回も!!

中でも民間気象情報会社の「WNI(ウェザーニュース)」は、「一番当たる」とホームページで豪語してこの結果ですからね・・・

まぁ昨日の宮古・八重山は、1日雨が降ったり止んだりを繰り返していましたので、先島なら予報も当たっていたのかもしれませんが、しかし気象台がある那覇でここまで外れる天気予報もどうなんでしょうね〜。

ちなみに今日の那覇。昨日の夜までは性懲りも無く「雨予報」でしたが、今朝も雨無しの雰囲気。でも晴れてはおらず曇っています。そして予報も、昨日までのものから手のひら返しで、「晴れ」に変わっていますし、なんだかな〜^^;


ただ今朝は、気温の高さもさることながら、上空の南風が強めで雲の流れが目に見えてわかります。地上部分はそんなに強くない風も、上空ではかなり強めの風になっているみたいです。今年二度目の「夏至南風」かな〜?今朝のこの異常に高い気温も、夏至南風が吹けばわかります。


正式な梅雨明け近し?


まぁ沖縄は気候的にはとっくに梅雨明けしていて、ここ最近の雨も全て「台風」や「プチ台風」によるものでしたからね〜。何より気温が猛烈に高く、豪雨にならない限り毎日熱帯夜。そして今朝は那覇でも28度近い超真夏のレベル。

もはやもう涼しい気候はやってこない、そんな雰囲気の沖縄です(なので梅雨明け)。


ちなみに昨日、宮古・八重山に雨をもたらしたプチ台風の雨雲群は西に抜け、沖縄海域から離れていきました。なので今日は局地的なスコールはあっても、昨日の宮古・八重山のような雨が降ったり止んだりを長々繰り返すことは無さそうですね。

反面、本土の西日本にはかなりの雨雲群が!?

昨日、大地震があった大阪まで雨雲群は至っていませんが、今日の西日本は雨に要注意ですね。でも雨雲群は南寄りを進みそうなので、大阪北部は雨が降っても豪雨にならないで済むかも?まだライフラインが復旧していないところも多いので、この雨は避けて欲しいものです。


とにもかくにも、今朝の那覇は猛烈に暑く、正式な梅雨明けが間もなく発表されそうな予感がしている次第です^^ゞ




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/19-08:08 | 沖縄の服装/天気

2018年06月18日

天気予報って凄いね。1日中雨予報で朝から晴れてるよー!





この色彩。見事でしょ?

昨日の昼・昨日の夕時・今日の朝
青色・赤色・オレンジ色

夏の空模様ですね〜。この彩度の高さは。特に昨日の青空はホントの綺麗だった。ビーチでサーターアンダギーを食べていましたが、海よりも空に目を奪われましたね〜。まぁ海は宜野湾の某ビーチなので「人工ビーチ」だから、もともとそんなに綺麗じゃないし、観光客がうじゃうじゃでしたからね〜。

そして昨日の夕時の空は、実際はかなり雲が多かったものの、水平線近くだけ真っ赤に焼けていました。そこを望遠で撮影して切り取った感じ。

そしてそして、今朝。昨日の夜の時点では、今日の那覇は朝から雨で「豪雨」予想も。WNI(ウェザーニュース)では朝3時から雨、TenkiJP(気象協会)は朝7時から雨予報で、どちらも日中は「豪雨」になるとのこと。しかし実際の今朝の那覇は、この空模様。晴れていたし、朝焼けも綺麗に望めましたよ。

相変わらず見事な天気予報の外しっぷり!


でもFacebookページでは、昨日の夜に既にレポートしていますが、八重山近海にプチ台風的な雨雲群がいるんですよね。その影響で八重山では局地的に雨もあり、中でも与那国島は活発な雨雲群の通り道になって、かなり激しい雨も。

台風なら雲が集約しているので進路が明確にわかるので動きも読みやすいですが、プチ台風は雲が分散しているので進路が全く読めないんですよね。

また台風6号は消滅したものの、雲が消えたわけじゃないので、その雲が本土近海にいるのも気になります。

っていうか、既に東海エリアに直撃中?


結局のところ、2つのプチ台風ないし元台風の間に位置する、沖縄本島はどちらの影響もなく天気的にはいい方向になっているって感じなのかな?

ってことで1日雨予報の那覇は、朝から晴れてまーーーす!!




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/18-08:15 | 沖縄の服装/天気

2018年06月17日

2018年の糸満ハーレーは延期!旧暦5月4日ではない日に開催って・・・


<糸満ハーレーを紹介した旅コラム>


まさかです!

今日の沖縄は、台風の影響が雨だけだったので、穏やかな日曜日になっていますが、それなのに、今日開催予定の「糸満ハーレー」は・・・

6/24に延期!

えーーー!

旧暦5月4日に行うから意味があるハーリーイベント。もちろん今日がその旧暦5月4日。1週間後の6/24は旧暦5月11日。

本来の意味ないのでは?

確かに昨日なら開催も無理だったと思いますので延期もやむなしですが、昨日の時点で今日の天気は回復傾向になることはわかっていましたし、前日準備も昨日の午後なら問題なくできたと思うのに、何故か1週間後に延期。

・・・糸満ハーレーが観光化しているって証拠?

もちろん様々な理由があるかと思いますが、ハーリーイベントで唯一(多分)、古来の名称「ハーレー」という名称を使っている糸満ハーレーが、旧暦5月4日ではない日に開催って・・・それじゃ那覇ハーリーと一緒では?(那覇ハーリーは伝統イベントではなく観光イベント)。

運営側は様々な理由(いい訳)をつけていると思いますが、少なくとも「伝統」はおざなりって感じですね。

だったら来年も、旧暦5月4日ではなく、その日に近い「日曜日」に開催すればいいのにね。今年は珍しく、旧暦5月4日が日曜日でしたが、それまでは平日開催だったのでなかなか見に行けませんでした。今年は日曜開催なので普通に見に行けると思って楽しみにしていたんですけどね。

まぁ延期の6/24も日曜日ですが、ホントに「旧暦5月4日」がどうでもいいなら、今後の開催もこだわらずに日曜にしてほしいものです。

もはや開催日のこだわりはないようなので・・・


気になるのはこの1週間の「某動物」のえさ代w

数が数だけに、1週間分ともなるとかなりの額になるのでは?スイカに関しては常温保存でも大丈夫だと思いますが、某動物に関しては餌や水は必須ですからね。どうするんだろう・・・(元の提供業者にゆだねるのかな?)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/17-08:38 | 沖縄イベント情報

西表島の滝は梅雨明け前でも梅雨明け後でも雨の後はおすすめ!

この週末の沖縄は「不安定な天気」という一言で済むレベルではない、めまぐるしい空模様。今日もどうなるかわかりませんが、この梅雨明け前なんだか、梅雨明け後なんだか、よくわからない時期に一押しは「滝」ですね。

晴れればマイナスイオンで涼を得ることができますし、雨でももともと濡れても平気な装いで滝巡りをするので気にすることなく滝を楽しめますしね。私も八重山で雨の時は、迷わず西表島へ渡りますね〜。まぁ無難なのは、マリユドゥの滝やカンピレーの滝がある浦内川でしょうが、ツアーでなくても行ける旅コラムでも紹介した「ゲータの滝」はいいですよね。反面、今回の壁紙にした「ピナイサーラの滝」は、途中に登山があるので雨だとちょっと厳しい。特に滝上へ行く場合は足場が悪くなるので、ピナイサーラは雨だと避けるかな?

でもゲータの滝は、沢登りが基本なので、ホントに雨でも無問題。

ホントは今回の壁紙もゲータの滝にしようかとおもったのですが、旅コラムと同じ写真になっちゃうので、趣を変えてピナイサーラの滝になりました。

ちなみに滝を見に行くなら、最もいいのは豪雨の翌日以降。直後だと濁流になっちゃいますが、翌日なら水も綺麗だし、何より水量がアップしているので、水落の豪快さがレベル違い。そういう意味でも雨の時の滝って良いんですよね〜。

逆に梅雨明け後の晴れ続きの時期に滝へ行くと、ホントに寂しいぐらいしか水落を望めないこともありますからね。ピナイサーラの滝なんて、ちょび髭レベルの水落ですからね〜(ピナイサーラの語源は「髭(ピナイ)」)。逆に今週末なら、ピナイサーラの滝は「剛毛」レベルw

ホント、滝は梅雨時期に見るのが一番ですよ〜。

もちろん、西表島だけではなく他の島の滝も同じです。夏休み時期のような雨が少ない時に見ると、ホントに寂しいものですからね。夏休み時期なら、台風後が水量が増えて良いかもしれませんけど、台風そのものはウェルカムじゃないですが・・・(そもそも島に渡れなくなる)。

ちなみに台風6号は、正直、沖縄に住んでいる身からすると台風とは認めないレベルの弱さ。でも雨はしっかり降ってくれたので、水量アップには貢献してくれたと思います。なので天気さえ回復すれば、今日の西表島の滝はかなり見物ですよ〜。

片道30分!暑い夏は西表島・ゲータの滝へサワートレッキング!!
<西表島の最新旅コラムは「ゲータの滝」>




西表島〜ピナイサーラ景色
<壁紙は西表島〜ピナイサーラ景色>



西表島〜ピナイサーラの川
<壁紙は西表島〜ピナイサーラの滝上のせせらぎ>



離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/17-07:37 | 沖縄離島ドットコム

記録的豪雨も水不足の沖縄だったのでウェルカム!



台風6号はまさかの沖縄本島北部でスピードダウン。それまでの北東方向の進路を真東に変えたために、少し停滞気味になりました。まさにそれが影響して、進路を変えた地点では、各地で猛烈な豪雨に。特に台風の中心の北側は豪雨になりやすいので、まさにその場所に位置した観測ポイントで、記録的豪雨を記録。

具体的には「伊是名島・与論島・辺戸岬」。

数値だけ見ても凄いです。

<昨日の昼過ぎまでの24時間の降水量>
#伊是名島 404mm(観測史上最多)
#辺戸岬 323mm(6月の観測史上最多)
#与論島 317mm(6月の観測史上最多)
#粟国島 309mm(観測史上最多)
#国頭村 262mm(6月の観測史上最多)
#本部町 227mm
#徳之島 197mm(6月の観測史上最多)
#沖永良部島 197mm
#東村 183mm

#名護 163mm
#コザ 115mm
#那覇 85mm



那覇でも久しぶりに100mm近い雨でしたが、北部の300〜400mmに比べれば、全然少ないですからね。でも沖縄本島の水瓶という意味では、本島北部になるので、その北部を中心に猛烈な豪雨になったおかげで、この夏、深刻だった水不足もかなり緩和されたかと思います。

<ダム貯水率の推移>
6/14 44%
6/15 55%
6/16 67.5%


まさに恵みの雨でしたね〜。ちなみに沖縄は台風になるとこれ以上の豪雨になるので、この程度の豪雨なら、本土のような災害レベルになることはないと思われます。特に離島になると、すぐに海まで雨水が流れるので、大きな離島でない限り、それほど心配は要らないかと思います。また本島でも北部なら、山や森が多いので、大地が十分に雨水を吸収してくれるので、そんなに心配要らないと思います。むしろ那覇などの方が造成が多いので、土砂災害になりやすいですからね。

しかし昨日の豪雨。降水量的には先の3ヶ所が凄かったですが、過去の記録からすると「粟国島」の雨が最も凄かったみたいです。なにせ降水量の時間毎の記録、全て「過去最多」を記録。ここまで全部が全部、記録更新することってなかなかありません。そういう意味では、今回の豪雨で最も凄かったのは「粟国島」と言えるでしょう!

<昨日の粟国島の豪雨>
#1時間の降水量 103mm(観測史上最多)
#3時間の降水量 194mm(観測史上最多)
#24時間の降水量 309mm(観測史上最多)
#48時間の降水量 416mm(観測史上最多)
#72時間の降水量 422mm(観測史上最多)


先月、行ったばかりなので、少し心配になります。でも粟国島も特に土砂災害が起きそうな場所はあまりありませんが、気になるのは島の南側の「ナビィの道」周辺。ここは最近、大規模な造成を行ったこともありますし、そもそも断崖絶壁を切り開いた道もあるので、大丈夫だとは思いますが心配になります。



とにもかくにも、台風6号による豪雨は昨日の昼で落ち着きました。

でも今回は「雨のみ」で、風はそれほど強くなかったので、大きな影響は無かったと思います。むしろ水不足だっただけに、今回の台風による豪雨は「超ウェルカム」。今年の5月〜6月は、梅雨入り発表後に全く雨が降らなくなったので、このままだとこの夏の水不足は深刻だと思っていただけに、昨日の雨はホントにホントに助かりました。

とはいっても、梅雨明けすると台風以外でも雨は期待できない沖縄。

予報では週明け以降にまた「雨」になっていますので、あともう少し期待しています。


ちなみにニュースで「伊江島空港で最大瞬間風速62m」と騒いでいますが、あれは台風ではなく竜巻のおそれあり。その証拠に、島の他の場所では被害の報告ありません。もし台風の風なら島中の家屋に影響があります。

ニュースの過剰な表現に惑わされませんように!!!

気象予報士も、メディアも、なんで事実を歪曲した、過剰な表現で発信をするんでしょうね・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/17-07:27 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲