ページの先頭へ△

2020年04月09日

あえて普通の沖縄生活の話のみw



あえて「あっち系の話」はせずに、何気ない普通の記事を書きます。っていうか疲れました。

満月の中の朝ラン。西の空に綺麗なオレンジ色の満月が望めて気持ちよかったです。しかも「気温20度・湿度70%・ほぼ無風」と運動するには最適な気候。ちょっと気温が高かったのでかなり汗をかきましたが、昨今の室内にいる時間が多い生活だと、外に出てかく汗は気持ちいいものです。できれば日差しをたっぷり浴びたいものの、人が少ない朝が一番安全だし安心ですからね。

そして走り終わった頃には朝焼けも良い感じ。そーいえば最近、完全に梅雨状態の沖縄で、朝焼けはかなり久しぶり。今日は朝から満月と朝焼けを望めて、気分的には満腹。今日も室内で1日がんばりたいと思います!

でも西から雨雲群が接近中。まだ那覇は北風なのですぐに雨にはならないと思いますが、南風に変わったら確実にひと雨ありそうです。既に宮古・八重山では局地的ですが雨が降ったり止んだりしているようですが、実質梅雨入り状態の沖縄なので、雨が降っても気温はあまり下がらないと思います。室内にいるだけなら雨でも今日は快適っぽい沖縄です。

ちなみに梅雨の沖縄は、雨は降っても長くはないので、ある意味、冬より雨が降っている時間は短め。正直なところ沖縄は「梅雨」より「冬」の方が雨が多いんですよね〜。なので実質的な梅雨であっても、役人が出す机上の梅雨でも、雨はそんなに心配しないで済む時期です。沖縄の場合は「梅雨=スコールが多い時期」というだけなので、冬より雨の心配は少なく済みます。


そして今日が雨なら明日は晴れかな?


沖縄の夏シーズンの天気は、雨の後に必ず晴れあり。特に梅雨時期はそうなることが多いです(冬は雨の後で晴れることは少ない)。明日は週末の混雑を避けて買い出し予定なので、晴れてくれると助かります。できれば寄り道して良い景色でも見たいな〜(外出時間を最低限にするので無理っぽいけど)。

せめて沖縄の爽やかな光景だけでも多くお届けしたいものの、今日は早朝の光景のみで申し訳ない次第です。

早くこの時期らしい鮮やかな景色の写真をアップしたいな〜。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/09-07:53 | 沖縄ライフ

2020年04月08日

沖縄コロナ感染者は東京越え!それでも沖縄へ?那覇空港閉鎖求む

最初に結論から。

本土から沖縄へ来ないで!

今の本土から来る人は1ヶ月前の中国武漢在住の人と同じ状態です。しかも沖縄はクルーズ船客による県内での発生を1ヶ月かけて沈静化させ、県内からの発生がなくなったのにも関わらず、本土から来る人が持ってきたウイルスが、沖縄県知事の無能さも加わり徐々にコロナ蔓延。既に航空便の国際線もクルーズ船も皆無の今の沖縄で、ウイルスの元凶は「本土からの来県者のみ」といっても過言ではありません。

しかしその現実を無視して、沖縄へ「避難」とか「疎開」とか言って来る「無知な人」が多く、はっきり言って沖縄県民からすると「迷惑」

その本土からの迷惑旅行者のせいで、昨日の沖縄ではコロナ感染者が1日では最大の「12人」も確認。本土の感染者からすれば少ないように見えますが、人口比が違います。昨日の12人も東京との人口比で計算すると昨日の感染者数は・・・


沖縄本島の人口120万人東京都の人口930万人

沖縄本島のコロナ感染者12人東京都のコロナ感染者80人

沖縄本島のコロナ感染者を東京都の人口に換算すると



「93人」

東京をはるかに超える感染者の数なんです!!!


その状況下に加えて、本土の大都市圏で緊急事態宣言が出され、沖縄へ避難しようとする「無知な輩」で航空機は満席とか言う始末。


わざわざ感染率が高い沖縄へ来る意味ありますか?
そもそもその本土の皆様は、沖縄県民よりはるかにコロナウイルスを持っている確率が高いことを理解していますか?
本土から来る人は1ヶ月前の中国武漢から来る人と同じなんですよ!!!




本来なら那覇空港で本土からの来県者には「14日間の待機命令」を出すべき状況なんですが、いかんせん沖縄県知事が無能すぎて、14日間の待機命令どころか一切の強制力がある行動をしない始末。いつになっても「自粛要請」ばかりで、何一つ効果ある対策を打ち出せない状況。結果、このままだと沖縄は全国ワーストのコロナ感染率になること確実です(本土からの来県者と無能な沖縄県知事のせいで)。

那覇空港到着者はそのまま空港から出ないで本土へ戻るべし!
(14日間の空港内待機しても良いですが無理)



ただ沖縄という場所柄、その本土からの来県者を完全にシャットアウトすれば、コロナ感染は確実に止まります。特に本土からは航空便による来県者に限られますので(船でも可能ですが利用者はきわめて少ない)、具体的に那覇空港さえシャットアウトすれば効果絶大(離島直行便もありますが便数が少ない)。

今すぐ那覇空港閉鎖を望む!
  1. モノレールは赤嶺駅までで折り返し
  2. 道路は安次嶺交差点と垣花交差点で封鎖
  3. うみそらトンネル閉鎖

この3つで実質的に那覇空港閉鎖できます。これなら沖縄県の判断だけでも簡単にできます。

今の沖縄県知事は自己満足追求のみで、県職員にコロナ感染者を出して沖縄県中にウイルスをバラマキさせるわ、無能なのはわかりますが、この3つは沖縄県としてすぐ実行できるレベル。できないなら今すぐ辞任して、具体策が可能な県知事に代替させて欲しいものです(副知事も県知事寄りで無能なので全く別の人を希望)。

nahaairportclose20200408.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/08-05:40 | 沖縄ニュース

2020年04月07日

恥!コロナ感染沖縄県職員2人目。1施設で複数感染者は沖縄初

もーーー、ホントに恥ずかしい限りです。今の沖縄県と沖縄県知事の間抜けぶりには、沖縄県民として恥ずかしくなります。

まさかの沖縄県庁で2人目のコロナ感染者

1施設で複数の感染者が出たのは沖縄初。米軍基地内で複数の感染者が確認されていますが、施設という意味では沖縄県庁が初めてだと思います(家族内感染は別)。しかも2人とも、新卒沖縄県職員と、なんのための新卒オリエンテーションだったの?って感じです。採用担当者は赤っ恥も良いところです。何よりそのコロナ感染新卒2人に、辞令を「マスク非着用で手渡し」した沖縄県知事は100%コロナウイルス濃厚接触者。なのに未だに人を集めて密室で記者会見と、頭おかしいですw

まぁ2人目は症状が出たのは4月1日で、沖縄県庁で4月2日まで勤務と、影響は沖縄県庁内のみで済みそうですが(1人目は宜野湾市庁舎と中城村役場を回る鬼畜感染者)、今のところどのエリアに住んでいるかは相変わらずの隠蔽。さらに「沖縄県庁」そのものもすぐに閉鎖して全館消毒レベルのはずが、その方針は無し。危機感皆無の沖縄県庁と、頭の中が空っぽの沖縄県知事です。本土の行動力がある知事が、本気で羨ましくなる沖縄県民です(涙)


でも昨日のこの間抜けなニュース。沖縄ではあまり話題になりませんでした。それ以上の衝撃的な感染者が確認されて、話題は全てそっちへ。沖縄県庁としては不幸中の幸いに感じた人も多かったのでは?(不謹慎ですが結果的にそうなる)

イオン南風原/専門店店員にコロナ感染者

これは沖縄に激震が走りましたね。しかも当初は「イオン南風原」とだけ報道されていたので、スーパーでの感染者確認かと思われ、かなりパニック状態になりましたが、正確には専門店街の20代女性が感染。スーパーそのものでは感染者は確認されていません。でもイオン南風原は昨日の午後から消毒のため閉鎖。再開は未定でしたが、おそらくイオンなので対応が早そうだから今日・明日にも再開されそうですね。

って思ってイオン琉球のホームページ見たら、さすがの対応の早さ!今日からもう再開です。

<イオン琉球ホームページより引用>

当施設のの従業員が検査の結果、「新型コロナウイルスが陽性であった」ことにつきまして、4月6日14時から臨時休業をした上で、店舗全体(売場・共有スペース等)の清掃消毒を実施し完了いたしましたので、4月7日(食品売場7時、衣料品・暮らしの品売場10時)に営業を再開させていただきます。
今後お客さまと従業員の安全を最優先し、保健所に協力をしてまいります。
お客さまにはご心配をおかけしますが、ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

イオン琉球株式会社



イオンはコロナ初期でも、総菜をいち早く全て個別パッケージ化したり、対応が早かったので、今回も半日で対応完了と、やっぱり今の沖縄のコロナパニックの中で、イオンでの買物が一番安心ですね。またイオン南風原も消毒直後なら、他のイオンより明らかに安心なので、今の沖縄で最も安心して買物ができる「イオン南風原」だと思います。コロナ感染者が出ると風評が心配になりますが、個人的には感染者が出たからこそ対応をしっかりしていれば逆に一番安心だと思います。

沖縄で最も危険な施設は沖縄県庁

個人的にも那覇市民として、沖縄県庁から半径500m以内には近づかないようにしていますw(計測していませんがだいたいの距離)。沖縄の場合、徒歩5分以上は歩かないって言いますので、この半径500mは徒歩にすると6分圏内なので妥当だと思いますww


このようにコロナウイルスは対応1つで、その印象は天と地の差が出ますね。沖縄では天が「イオン琉球」で、地が「沖縄県庁」。一般的(常識的)には逆の状況です。もはや今の沖縄でのコロナ対応は、沖縄県はあまりに無能・無策で存在感ゼロ。むしろ感染拡大を助長している現実。

沖縄県民は「自己防衛」しか頼れない現状でございます(涙)

2019nCoV-200130monos_niid.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/07-08:27 | 沖縄ニュース

2020年04月06日

沖縄の海開きをとやかく言う前に・・・

昨日、式典のみでしたが無事に沖縄各地で「海開き」が行われたようです。式典だけでも開催されるだけ、ホッとしています。でも那覇の波の上ビーチで行われたものも、那覇市民としては毎年見に行っていましたが、今年は式典のみでも避けました。なので昨日の海開きは地元の人もあまり足を運ばず、むしろ興味本位の「本土からの観光客」の方が多かったのでは無いでしょうか?

しかし「沖縄以外」のネット民は、昨日の沖縄の海開きをやたら批判していますよね。「この事態に海開きなんてとんでもない」的な批判コメントをいろいろ見ていますが、完全に筋違いも甚だしいです。

昨日の海開きは「式典のみ」で、言うなれば「お祓い(安全祈願)」しただけ。しかも屋外で人数も最低限。その事実も知らないで批判だけするのは、ホントに勘弁して欲しいです。本土の方の「電車に乗る」方が、コロナ感染対策としてはよっぽど「とんでもない」と思いますけどね。未だに本土の方の多くは満員電車に揺られて通勤しているのですよね。その事実をおざなりにして、沖縄の海開きの事実も知らずに批判だけするのは止めて頂きたい次第です。

まぁその批判コメントは、単なるストレス発散としか見ていませんので、気にもとめていませんが・・・

ちなみに沖縄の海は、その海開きの有無に関係なく1年中泳げます。さらにこの4月とかGWという梅雨入り前に泳ぐのは、ほとんどが本土からの観光客。海開き開催をギャーギャー言うのに、本土からの観光客が泳ぐのはOKというのはおかしな話だと思いませんか?w


ってことで今後も沖縄各地で「海開きの式典」は各地で行われると思います。中止する必要は一切無いと思います。

<4月の公的な海開き(予定・去年までの実績)>
  • アラハ/サンセットビーチ海開き(北谷町)
  • 座間味村の海開き(座間味島か阿嘉島)
  • 渡嘉敷島の海開き(渡嘉敷島)
  • トロピカルビーチ海開き(宜野湾市)
  • あざまサンサンビーチの海開き(南城市)


ちなみに昨日の気候。沖縄全般で最高気温23度前後と、初夏の陽気。泳ぐにはまだ肌寒さも感じるくらいですが、先の話のように沖縄の海開きでは基本的に泳ぎませんので無問題。テレビとかで海開きで泳ぐ子供の映像が流れますが、あれは泳ぎたくて泳いでいるより、泳いでいる映像を撮影するためのものがほとんど。そのため、海にサザエやフルーツを入れて「宝探し」的なイベントにしたりして、泳いでいるような映像を撮っているだけです。地元の子供でもこの時期に泳ぐことはほとんどありませんし、泳ぎたくて泳ぐのは本土からの観光客だけですw

海開きを批判することは、結婚式(披露宴ではなく式)や葬式(告別式)をするなと言っているのと同じ旨、ご理解願いますwww

tabiness-umibiraki2016a.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/06-08:47 | 沖縄イベント情報

2020年04月05日

牧志公設市場でコロナ感染者!施設は閉鎖

makishiichiba202003061271.jpg
<建替中の旧牧志公設市場(3月初旬)>

正直なところ、未だに仮設店舗で営業中の新しい?「牧志公設市場」へ行ったことも無ければ近くを通ったことすらありません。っていうか那覇市民としてはその程度の施設なだけで、無くても何も困りません。その観光客しか行かない牧志公設市場内で・・・


ついにコロナウイルス感染者!


施設は既に閉鎖(4月4日午後5時から2週間程度)。市場という関係で、庁舎のように一斉消毒できないので、14日も施設閉鎖となるところです。っていうか施設内にいた人が自宅待機というのが本音でしょうね。

しかし相変わらず沖縄県からの発表が曖昧で、どの店舗でいつからいつまでその感染者が施設内にいたのか分かりません。しかも公設市場という場所柄、密閉空間ですし、声を上げることが多いし、さらに食べ物を取り扱っていることもあり、飛行機などより感染拡大する可能性が猛烈に高い。感染者1人で済めばいいですが、かなりヤバイ気がしてなりません。

といっても国際通り周辺は観光客でさえ閑古鳥が鳴くレベルなので、市場も同じような状態だとは思いますが、ただこの時期に沖縄旅行へ来ている観光客の「感染予防意識」が低いことは必死で、市場で感染していても無対策で沖縄を動き回り、そして本土への飛行機に乗りそうで怖いです。今後は那覇市街でも観光客が来そうな場所はできる限り避けるしか自己防衛できない次第です。でも公設市場は、感染範囲を想定できるだけまだマシです。

問題は「コロナ感染沖縄県職員(怒)」

新たな情報。中城村役場を閉鎖に追い込んだだけでなく・・・

宜野湾市庁舎へも立ち寄っていたことが判明!

宜野湾市庁舎が「3/31・15:00-15:30」、北中城村役場が「3/31・16:00-16:30」との情報。

どちらも症状が出た3月30日以降に行っているので、まさに「ウイルスバラマキ」状態。さらに年度末という、最も市庁舎や村役場が混雑するとわかりきっている日に、しかも公務員として初登庁する前日にこの行動は「鬼畜」の一言に尽きる次第です。しかもその初登庁でも体調不良者は式典参列自粛のところを無視して強行参列。結果は、「沖縄県庁関係者30人を自宅待機、2万5千人を健康観察」に陥れる始末!

正直、公設市場での感染者確認は那覇市民としては気にしていませんが、この沖縄県職員の鬼畜行動は本気で恐怖を感じている限りです。


何故に体調不良状態で外を出回る?


しかしこのコロナ感染沖縄県職員。沖縄県庁で行われた式典の写真が思いっきり出ていますし、宜野湾市庁舎と中城村役場を往来していることから、実家や現在の居住地まで想定可能。加えて「3月23日の神戸発那覇行きの航空機」に乗っていたことも分かっているので、個人をすぐに特定されそうな雰囲気。そういう意味では可哀相な面もあるものの、しかし公務員になる人間が、このような行動をするという意識の低さからすると、自業自得とも言わざるを得ないかもしれません。

おかげで今の沖縄本島のコロナ危険地域。国際通りや公設市場のように観光客が多く訪れる場所だけではなく、沖縄県庁周辺(那覇中心街)、宜野湾市、中城村と、広範囲に広がってしまいました。さらに昨日は6人の感染者確認で、ほとんどが那覇(発表では本島中南部も那覇以外での感染事例少なし)。

沖縄コロナ爆心地は明らかに那覇で、その中心は沖縄県庁ということになることでしょう。

いっそのこと、国際通りも含めて公設市場だけでは無く、国際通りに近接する沖縄県庁やパレットくもじも全て閉鎖した方がいい、今の那覇市街のレベルです。頼むから今の沖縄へ本土から旅行へ来ないで欲しいものです。もちろん沖縄からも一切外に出ないようにして、ウイルスを持ち帰らないようにするべきです。


嗚呼、5月の本土出張、完全に消滅だな・・・(ホテルは既に強制キャンセルされ航空券はまだ未定だけど強制キャンセルになる可能性大)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/05-10:18 | 沖縄ニュース

宮古島・与那覇前浜!海開きイベント中止でも海は変わらず綺麗

宮古島〜島の海開きはここ
宮古島〜島の海開きはここ


宮古島〜海開きなくても
宮古島〜海開きなくても


本来の4月最初の日曜日といえば、沖縄各地で「海開き」が開催され、どこも人で賑わう日。宮古島なら「与那覇前浜」、久米島なら「イーフビーチ」、那覇なら「波の上ビーチ」と、沖縄でも代表的なビーチで海開きが開催されるはずでした。しかし2020年は言うまでもなく「コロナ中止」。といっても海開きの式典のみ開催のところが多いので、海開き自体は行われるところがほとんど。

でも沖縄の海開きといえば、その式典はおまけで、その後に行われる各種イベントが注目だったんですけどね。なので今年は海開きが開催されても、安全祈願とテープカットがある程度で、見ても全然面白く無いレベルかと思います。

ここ最近は那覇の海開きには見に行っていましたが、今年は行かない予定。なにせ昨日、那覇など本島南部で6人ものコロナ感染者確認が発表されましたし、その前には沖縄県庁職員感染が報じられ、なんと症状が出ているにもかかわらず野放し。沖縄県庁関係者2万5千人が健康観察対象になるわ、間抜けなのは沖縄県知事までが濃厚接触者となりましたからね・・・

つまり今の沖縄は「沖縄県庁を震源地としたコロナパンデミック」の序章のような状態。

結果、その県庁がある那覇はどこへ行っても危険レベル。さらに波の上ビーチにはその沖縄県の関係者も来ていそうなので、なおさら行くに行けません。今後も外出は人が少ない朝早い時間のみにして、とにもかくにも「自己防衛」するしか、今の沖縄では自分の命を守れない状況です。コロナ感染対策最前線の沖縄県庁があのザマですからね(怒)。

でもコロナパニックでも海は綺麗はそのまま。宮古島も今日は天気がよさそうなので、綺麗な海が望めたんだろうな〜。

といっても海は綺麗でもその行くまでの経路がハイリスク。なにせ強制排気をしていて比較的安全と言われてた飛行機内で、沖縄の感染者は拡大したって話ですしね。まぁ飛行機は確かに強制排気で空気の流れは少ないものの、機密性が高いので感染拡大になったのかもしれません。反面、船は気密性が低いので同じ移動手段でも飛行機よりは安心かもしれませんが、それでも心配になります。

結果、離島行きは当分お預け。

さらにここだけの話。5月に本土出張が2回ほど予定しているのですが、5月以降の飛行機は「まだ」減便などの発表はないものの、なんと宿泊先のホテルが全て強制キャンセルされてしまいました。つまりこのままだと飛行機が飛んでも泊まるアテが無い状態・・・

さらにさらにその飛行機も往復別の航空会社なので、片方だけ減便になってもう片方が運航ともなると、洒落になりません。といっても今の本土の状況を見る限り、5月はもっと状況悪化している可能性の方が高そうなので、否応なしに航空券もキャンセルになる可能性が高い。そもそも5月の本土に沖縄から入域できるのか否かのレベルですよね(首都圏封鎖とか)。

まともに移動できる日は何時になるんでしょうね・・・

はぁ・・・(ため息)



宮古島〜島の海開きはここ宮古島〜島の海開きはここ


宮古島〜海開きなくても宮古島〜海開きなくても




miyakomaibamayocht201701.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/05-06:31 | 沖縄イベント情報

2020年04月04日

コロナ感染20代沖縄県職員の行動まとめ!意識低すぎ(4/5追記)

沖縄県民を恐怖のどん底に落とし込んだ、意識低いコロナ感染20代沖縄県職員の行動。わかる範囲でまとめました。その「鬼畜」ぶりが明らかに!?

3月23日他の感染者が搭乗していたスカイマークで神戸空港から那覇空港へ

  • この便には県外渡航で3/26感染確認された那覇在住30代男性が搭乗(3/28県内で30代女性へ2次感染も)
  • この便には岡山県から沖縄へ引越手伝いで来ていた50代男性感染者も搭乗
  • 発症順は那覇在住→岡山在住→沖縄県職員だが誰が感染源かは特定できず


3月30日けん怠感やせきの症状があり

  • この時点で検査すべきも一切行わず
  • この時点で外出自粛すべきも自由に行動


<4/5追記>

3月31日午後3時〜3時半に宜野湾市庁舎に滞在

  • 人口が特に多い宜野湾市、その市役所へ年度末の混雑時に症状が出ているのに往訪
  • 宜野湾市から転出で中城村へ転入のための手続きと想定
  • 宜野湾市庁舎は消毒のみで閉鎖なし(4/3まで通常利用)


3月31日午後4時〜4時半に中城村役場に滞在

  • 体調を崩していたのに年度末の混雑する役場に行くという鬼畜ぶり
  • 感染確認が発表されるまで役場は通常通り使用される


4月1日沖縄県庁本庁舎4階講堂で辞令交付式に出席

  • 人数を絞って行われた辞令交付式だったが、その絞った中に感染者
  • 式典前に体調が悪い人は参列辞退と促すも20代感染者は体調を隠して参列強行


4月1日沖縄県知事から直接辞令交付の可能性大

  • ニュースでは「男性に知事が辞令を手渡したのかは明らかにされていない」とあるが手渡していないなら明確にそう書くので確実に手渡している
  • 感染者はマスク着用も辞令を手渡した県知事はマスク非着用


4月1日沖縄県関係庁舎内の3カ所を移動

  • 勤務は本庁舎ではなく関連庁舎なので沖縄県庁以外にも影響拡大
  • 本庁舎もエレベーターなどを確実に利用
  • 昼食をどこで取ったのか公表されていない(最も感染拡大する可能性が高い)


4月1日庁舎間移動は公用車も出退勤の経路は隠蔽

  • 庁舎間移動は公用車も建物内移動はエレベーターなどを利用しているはず
  • 県庁舎までの出退勤経路は一切明かされていない
  • 中城村からだと県庁へは車移動がメインだが県庁職員で車通勤は基本的に考えにくい(パークアンドライドでモノレール利用の可能性大)

4月2日20代県職員はおそらく検査のため休み

  • 登庁は4月1日のみとあるので2日は検査で休んだ可能性あり
  • 意識の低さから一般通院者がいる中を通った可能性あり(院内感染の可能性あり)


4月3日20代県職員のコロナ感染確認

  • ここから沖縄のパニックが始まる
  • 本人はまだ入院せずどこにいるかは隠蔽


4月3日午後2時から中城村役場が消毒のため閉鎖

  • 中城村役場が中部保健所から連絡が入った直後に施設閉鎖(午後2時)
  • 3/31の夕方から4/3の昼過ぎまでは年度末年度初めだけに普段以上の来庁者
  • 転居手続きなら人口密度の高い住民生活課(一般的な市民課)にいた可能性大


コロナ感染発覚前の沖縄県辞令交付写真

  • 100人超の新卒の中で代表11人のみ参列もその11人の中にコロナ感染者
  • マスク着用新卒男性の中に騒動の張本人がいる可能性あり



コロナ感染20代男性沖縄県職員の鬼畜顛末

  • 30人が濃厚接触者認定で自宅待機
  • 沖縄県知事も明らかに濃厚接触者なものの自宅待機無し
  • 2万5千人の沖縄県職員の14日間の健康観察(自宅待機無し)


今のところこんな感じ。今後も追記あるかも?

本気でこの迷惑な20代沖縄県職員。しかし写真が実質公表状態。しかも「中城村転入(実家の可能性もある)」「本庁舎以外に配属」「3/23に神戸から戻る」などの情報もあればすぐに個人が特定されてしまいそう。可哀相だけど、自らの意識の低さが問題なのを、今一度認識すべきだと思います。被害者では無く加害者として。

2019nCoV-200130monos_niid.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/04-11:59 | 沖縄ニュース

沖縄激震!沖縄県知事がコロナ濃厚接触?県職員2万5千人観察対象

昨日の午後の沖縄。まさに「激震」が走りました。っていうか無能の度を超えて間抜けな沖縄県知事が露呈した次第です。


辞令交付式参加20代県職員がコロナ感染


辞令交付式にはもちろん沖縄県知事が出席。しかもコロナ対策で人数を絞っての開催が、まさに絞った中にコロナ感染者がいたことになるという、間抜けにほどがあります。そもそも県職員(初登庁前でも)に県外を自由に往来させていること自体がナンセンス。いかに沖縄県が職員を野放しにしていたかが露呈した次第です。その結果・・・


沖縄県全職員2万5千人が健康観察対象w


ある意味笑えます(苦笑い)。さらに辞令交付式という密閉された空間で行われた中に、コロナ感染者がいれば、同じ空間にいた沖縄県知事は確実に「コロナ感染者との濃厚接触」。さらに手渡しで辞令交付ともなれば、健康観察どころか14日間の隔離処置が必要。もしかして染されているかも?

感染者はマスク着用とありますが、マスクを付けても脇からウイルスは漏れますので、完璧ではありません。むしろ目の前に飛ばないだけで、空間内にはウイルスがばらまかれるわけなので、同じ室内にいた沖縄県知事をはじめとする辞令交付式参加全員がコロナウイルス濃厚接触者。コロナウイルス対策最前線の沖縄県がこのザマですので、沖縄県民はもう笑うしかありません(苦笑い)。


さらにこの20代県職員コロナ感染者は意識がとても低く、既に感染者が搭乗していたことが確認されている飛行機に乗っていたのに、沖縄に戻ってから自由に行動。その足で「中城村役場」へ行ってしまったらしく、その事実を知った中城村役場は昨日(4/3)から閉鎖。しかし県職員コロナ感染者が行ったのは3月31日の午後4時。それから3日間は無対策。しかも年度末年度初めで役場へ行く人も多い時期なので、ウイルスをばらまかれていたら、感染拡大は必至。


沖縄県職員自らウイルスをばらまく結果


責任者の仕事は、責任をとるために居るもの。沖縄県職員のこの史上最悪な大失態の責任をとるのは、もちろん沖縄県の最高責任者の「沖縄県知事」。正直、感染疑いを機に辞職して、健康で頭のまともな新しい沖縄県知事に交代して欲しいものです。これでまた辺野古や米軍がどうこうとかぬかしたら、沖縄で暴動起きますよw

しかも今回の件も含めて、コロナ感染者の詳しい情報はほとんど沖縄県民には知らされない、超隠蔽体質の沖縄県。米軍の情報非公開をどうこうぬかす前に、てめーが全て情報開示せよ!って感じです。私だけではなく、沖縄県民は2万5千人の県職員以外は全員怒っていると思いますよ!!


沖縄県庁がコロナ製造機化?


そうなったら、沖縄県政のみならず経済から何まで全て沖縄は終わります。その危機感すら、今の沖縄県からは一切感じられない無能すぎる沖縄県庁とそのトップの沖縄県知事。沖縄県民の沖縄県政に対する不安と不信は今ピークです。。。


この件はいろいろ複雑なので、まとめて別の記事で綴りたい次第です。

2019nCoV-200130monos_niid.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/04-08:29 | 沖縄ニュース

2020年04月03日

今の那覇で本気のコロナ対策、考えてみた

せっかく沖縄ががんばってコロナ対策しているのに、本土から何も考えずにウイルス持って沖縄旅行へ来る人が多発。本気で今の沖縄へ本土から来ないで欲しいと感じています。とかく沖縄は本島でも検査すらままならない状況で、さらに感染病床ともなると、わずかしかありません。もし本格的な感染拡大が沖縄で起こったら、本土では考えられないほどの感染被害になります。

本気で、今の沖縄へ本土から来ないでください!

来るなら本土で検査を受け、陰性であることを証明してから来てください。それでもコロナは陽性に変わる可能性があるので怖いですが、まだマシです。結果、今の沖縄では徹底的な「自己防衛」しか自らの命は守れません。特に那覇は感染確認された人も沖縄で最も多く、さらにウイルス蔓延地域からの旅行者も多いので、那覇での「本気のコロナ対策」、考えてみました。


国際通りに近づかない

  • 遠回りしても国際通りは避ける
  • 横切る場合は国際通り末端のみ(久茂地/安里)
国際通りが悪いわけではありません。ただ那覇では国際通りに、ウイルス蔓延地域からの旅行者が多く来るのは事実。那覇生活では国際通りを徹底的に避けるのが、最も有効なコロナ対策であることは事実です。


パレットくもじ/ドンキホーテ国際通りには入らない

  • 本土や海外からの観光客が多い
  • 窓無し施設で超密閉空間で感染リスク高い
国際通りに面している特に大きな施設は、屋外の国際通りそのものよりもハイリスク。特にこの2つの施設は窓がない超密閉空間。週に1回は行っていたドンキホーテはコロナパニック以降は一度も行っていませんし、パレットくもじももともとC国人ばかりだったので今年に入って一度も中に入っていません。


ホテル近くは通らない

  • 本土からの観光客との近接の可能性が高い
  • 近くを通る際は入口と離れた側の歩道などを通る
こちらもホテルそのものが悪いわけではありません。ただこちらも、利用者はウイルス蔓延地域からの旅行者なのでハイリスク。できる限り近くへ行かないことはもちろんですが、ホテルの数があまりに多いので近くを通らざるを得ない時は、道路の反対側など距離を離すようにしています。


道路で他人と接近しない

  • すれ違うとき可能な限り2m以上離れる(可能なら5m)
  • 1m以内ですれ違う際は通過±2mは息を止める
町中だと旅行者なのか地元の人なのかわかりませんので、問答無用で人と近接しないようにしています。そもそも人が少ない道を選んでいますが、日中だと誰かしら居るので、自己防衛で常に距離を取るようにしています。特にマスクをしていない人からは徹底的に。場合によっては車道にはみ出してでも避けます。


運動は夜明け前後のみ

  • 人が最も少なく近接頻度が低い
  • 24時間営業や早朝まで営業する店舗近くを避ける(特に金土日)
もともと朝ラン派なので、特にコロナパニックになってから変更はしていませんが、運動は夜明け前後の最も町に人が少ない時間を選んで行っています。さらに人が少ない道、場所を選ぶようにしていて、朝ランするのも結構神経使うようになりました。


お店は開店直後に行く

  • 夕方などは売っている物にウイルス付着している可能性あり
  • 混雑しないので他の客との近接が少ない
この1ヶ月で午後に外出などでお店に行ったのは2回のみ。他は全て午前の早い時間、具体的には開店直後にお店へ行くようにしています。最も空いているのはもちろんのこと、開店前に品出しされた直後のものが多いので、ウイルス付着の可能性も低いですからね。


買物はイオンをメインにする

  • 店員と一切近接せずに会計できる完全セルフレジあり
  • 総菜は全て個別パッケージ化済み
沖縄には何種類かスーパーがありますが、店員に全く接触せずに買物できる完全セルフレジがあるのはイオン系のみ。しかも総菜もイオン系なら全て個別パッケージになっていて買物も安心。逆に沖縄で最もメジャーなサンエーは、支払いのみのセルフレジすらありませんし、総菜も個別包装なしで超危険。


外食は一切しない

  • もともと自炊派
  • お酒は一切飲まない(飲み会回避)
もともと自炊派なのでこれも特にライフスタイルを変えていませんが、飲み会は一切行かなくなりましたね。そもそも全般的に自粛傾向なのでその話すら少ないですが。そもそも最近は一切お酒を飲まなくなったので、飲み会が無くなっても特に気にならず。むしろ無駄な出費が減ってうれしいぐらい。


現金を使わない

  • 紙幣硬貨にウイルス付着の可能性あり
  • 金融機関へ行かないで済むので人との近接リスク軽減
神経質な話ですが、K国では現金へのウイルス付着を気にしている話もありましたよね。個人的にはお金そのものよりも、それを引き出す「金融機関」を問題視。密閉空間で多くの人が出入りする銀行は、感染リスクが高いと思います。そもそも現金は1ヶ月に1回使うか否かなので、こちらも特にライフスタイルを変えていませんけどね。


離島へ行かない

  • 島の人に迷惑かけないため(那覇の人は本土の人と同じくら島からすると危険)
  • 往復の船や飛行機で本土からの旅行者と近接可能性が高い
これは離島を守るための話で、那覇在住の人が離島へ行くと、迷惑をかけてしまうので行くのを控えています。4月はいくつか離島行き計画がありましたが、今はほぼ完全に白紙状態。迷惑かけたくないですので。


他にもいろいろありますが、すぐ思いつくだけでもこれだけのことをしている次第です。なにせ沖縄県ならびに沖縄県知事は「無能」と通り越して「居るだけ邪魔」状態なので、徹底的な自己防衛しか自らの命は守れませんもので致し方ありません。でも「リアルな対策」はこの一言で済むんですけどね。


他人との近接を避ける


マスクよりもワクチンよりも、感染症はこれが特効薬だと思います。幸い、沖縄では電車移動がないですし、個人的にも自力移動が多いので、対策はしやすい方だと思います。寂しい話ですが、自らの命を守るため、しばらくはこのスタイルを貫きたいと思います。

実はそうせざるを得ない明確な理由あり!

実は私、喫煙歴はありませんが肺気胸歴が3回もあって、肺はあまり強くありません。まぁ肺自体は強いのかもしれませんが、気胸で3回も穴が空いたこともあり、局部的に弱いところがあるので、新型コロナウイルスによる肺炎はかなりの恐怖を感じる次第です。スキューバーダイビングを一切しないのもこれが理由です。

ご理解願います。

2019nCoV-200130monos_niid.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/03-09:48 | 沖縄ライフ

今日はシーサーの日!沖縄を守って!!

ここ最近はあまりにネガティブな話題ばかりだったので、今日は前向きな話から。

今日はシーサーの日




まさに沖縄の守り神です。写真は全て竹富島のものですが、離島だとまだ古民家が多いので、写真のようなわざわざ家のために作ったシーサーも多いです。那覇でもシーサーは各地で見ますが、ほとんどが汎用の焼き物で置いただけのものですが、島のシーサーは屋根の一部として作られたものが多いですからね。

ちなみに沖縄本島にはライオンズマンションが意外に多いですが、その建物入り口にあるのが獅子(ライオン)ではなく沖縄ではシーサーなんですよね。まぁトリビアではなく、もはや一般常識なんですが・・・

なので那覇で変わったシーサーを見たい場合は、ライオンズマンションを探すと良いですよw

ちなみに沖縄のライオンズマンションのシーサー。狛犬のように座っているのでは無く、何故か「玉」の上に乗っているんですよね(これはトリビア?)。しかも前足のみ玉の上に乗ってもたれかけているんですよね。まぁ理由はありそうですが、深く追求する気はありませんw



そして今日いちばん注目なのは、焼き物の町「壺屋」。テイクアウト可能なシーサーがいっぱいです。シーサーの日は壺屋でセールもやっているかもしれませんので、足を運んでみるのもありかな?いつもなら私も寄り道がてらに行くのですが、今年は余計な外出はできる限りしないようにしているので、今日は無理っぽいです。

さすがの守り神シーサーでも、ウイルスからは守ってくれませんからね・・・

ちなみに我が家にはシーサーは一体もおりません。その手の神事ものは基本的に家には一切置かない主義なもので、スイジガイ/水字貝もありませんw(あったら逆に怖い)。魔除けもウイルスも、自己防衛の一言につきる次第です。

しかし今の沖縄で最も問題なのは「本土からの旅行者」。いくら自己防衛しても、本土からウイルスを持ち込まれては手の打ちようがありませんからね。スペイン旅行バカ家族もしかり、岐阜のバカ男もしかり、そして岡山の親バカもしかり。みんな沖縄にわざわざウイルスを持ち込んでくれちゃっています(怒)。

今の首都圏など大都市圏から沖縄への旅行は控えて頂きたいものです。

特に離島は検査もできませんし、万が一の感染時は収容できる施設が整った病院もありませんので、本気で今の沖縄の離島へのご旅行は控えて頂きたい次第です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/04/03-08:21 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲