ページの先頭へ△

2019年07月19日

夏の台風は本気で助かる!特に雨台風は願ったりかなったり

SV009_L.jpg

「台風」と聞くと、イヤなイメージしかないと思いますが、沖縄に住んでいるとそのタイプによって、逆にウェルカムなことも。今回の台風5号も、明らかにそのウェルカムなタイプで、台風だけど願ったりかなったりなんです。

台風には暴風をともなう「風台風」と、豪雨をともなう「雨台風」に大きく区分されます。もちろん、豪雨も暴風も両方とも網羅するものもありますが、基本的には風台風か雨台風かのどちらかになります。


今回の台風5号は雨台風。ウェルカムなタイプです。


その雨台風と風台風の特徴をまとめてみました。もちろん個人的な見解ですが、沖縄に住んでいる身としてこのように感じる次第です。

雨台風の特徴

  1. 中心付近でも風はそれほど強くないので直撃でも心配ない
  2. 台風の東側で猛烈な豪雨になり雨の範囲も広い
  3. 通過後の方が雨が激しくしつこく降り続く
  4. 停電の心配がほとんどない
  5. 船は欠航しても飛行機はあまり欠航しない
  6. 台風以外で雨を期待できない夏の沖縄では恵みの雨


風台風の特徴

  1. 台風が遠くても広範囲で風が強く波も高くなる
  2. 台風の目が発生しその縁は猛烈な暴風雨になる
  3. 天気のメリハリが明確で雨は局地的で降水量も少なめ
  4. 停電する可能性が非常に高い
  5. 海が広範囲でシケて船が長期間欠航し飛行機も欠航する
  6. 海水が陸上に吹き飛ばされ塩害を引き起こす


雨台風と風台風の見極めは、中心気圧でも判断できますが(気圧が低いものが風台風)、一番は気象衛星画像からうかがえる雲の濃さ。雲が濃くて範囲が広いものは「雨台風」の場合が多く、雲の範囲が狭く渦を巻いている様子が明確なものは「風台風」の場合が多いです。

今回の台風5号は、雨雲群の範囲が沖縄全域のみならず台湾まで包括する範囲の広さが特徴。半面、その雲は画像に明確に現れるような渦を巻いておらず、台風の目もないことから「雨台風」と推測できます。中心気圧も沖縄近海では「990hPa」と、ギリギリ台風に認定されるレベルですからね。


ってことで、台風5号は沖縄に住んでいる身からすると「ウェルカム台風」。特にこの夏の沖縄の暑さは「異常」レベルだったので、この雨のおかげでかなりクールダウン。台風のおかげで、ここ数日は快適に過ごすことができています。


「台風」と一言で言っても、悪者ではない台風もあるんですよね〜。まぁご旅行で沖縄へお越しの方には、雨台風でも風台風でも悪者になってしまうかもしれませんが^^;;;
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/19-11:31 | 沖縄台風/災害情報

沖縄は久米島がヤバイ!今日は台風5号のしっぽに要注意



なんで今回の台風の進路。実際の雨雲群の動きと大幅にずれていたんだろう?昨日も多良間島に最接近後、やや北西方向に進んだために、宮古島では猛烈な豪雨になったのに、気象庁などの進路情報では八重山直撃ということになっていました。これでは台風の警戒情報としてはいかがなものかと思います。

逆に沖縄本島は正直、大した影響がなかったのにも関わらず、沖縄の偏向メディアは宮古・八重山の情報はスルーして「本島最接近!」なる明後日の方向を向いた情報を出す始末。気象庁の台風情報しか見ないで報道している証拠ですね。雨雲レーダーや気象衛星画像もきちんと見ていれば、こんな実際と違う情報を出すはずがありません。

でもな〜んで今回はこんなに実情と机上の情報にズレが生じたんでしょうね。

ちなみにこのブログでは、気象衛星画像と雨雲レーダーから台風の進路などを分析していますので、実情に近いものかと思います。といってもあくまで「一市民(一県民w)」のたわごとなのでご理解願います^^ゞ


まずは沖縄エリアの台風5号からの影響の分析から。

沖縄本島はぎりぎり台風のしっぽがかからない位置で、雨はほとんど降っていません。ただし少し西のエリアにある久米島になると、延々雨が続く状態。同じ沖縄本島エリアでも、東西方向に少し場所がわかるだけで、大きく状況が違っているようです。結果、久米島と本島の間の慶良間は、最も微妙な位置にあり、豪雨になるか雨が止むか読みにくい状態です。

宮古島エリアは、台風のしっぽが延々かかっていて、降水量も今回の沖縄の中でも最大レベル。でもそのしっぽもよーやく東へ移動し、午前9時現在は雨も収まっているようです。でもまだ東の近海の猛烈な台風5号のしっぽの雨雲群があるのでまだ要注意かも。

八重山エリアは、昨日は吹き返しの西風が吹き荒れ、「最大瞬間風速30m超」を石垣島で記録。雨も短時間でかなりの量が降ったようですが、今朝の段階では雨雲群も抜けて基本的には心配要らない状態です。ただ八重山で唯一台風5号からの直接的な影響がなかった与那国島には、最後の最後に台風のしっぽが少しかかっているようです。


結果、問題は久米島で、台風5号の雨雲群の通り道になってしまっており、台風の進路次第ではなかなか雨が止まない可能性も。沖縄本島は雨があっても一過性で、10分とか30分とかで収まるレベルだと思います。

宮古島は台風のしっぽ次第で大きく変化がありそうですが、西に行けば行くほど危険性が下がるので、東平安名崎より伊良部島方面の方がおすすめかも?

八重山は与那国島以外、基本的には雨無しだとは思います。でも昨日の豪雨で西表島の河川はかなり増水していると思いますので、滝巡りのエコツアーは今日は止めた方がいいかも?


そして今後は言うまでもなく「本土」ですね。今回は雨台風で進路の東側では、沖縄でもそうでしたが猛烈な豪雨になるようです。本土の西を通過する予想進路ということは、本土全域に影響があるという証拠。特に南から湿った空気が入ってくる太平洋側は、かなりヤバそうな雰囲気です。河川の増水、土砂災害の可能性があるので、今のうちにできる対策を施しておくのがおすすめです。

台風5号による沖縄各地の最大瞬間風速

#久米島 30.3m/s
#石垣島 30.2m/s
#宮古島 28.9m/s
#多良間島 28.8m/s
#渡嘉敷島 28.6m/s
#与那国島 27.2m/s
#西表島 26.6m/s
#那覇 23.1m/s


台風5号による沖縄各地の24時間降水量

#宮古島 220.0mm(城辺)
#石垣島 210.5mm(新空港)
#下地島 207.5mm(7月の観測史上最多)
#多良間島 206.5mm(7月の観測史上最多)
#波照間島 192.0mm(7月の観測史上最多)
#西表島 164.0mm(東部)
#久米島 77.5mm(現在進行中)
#那覇 37.0mm

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/19-09:06 | 沖縄台風/災害情報

2019年07月18日

台風5号直前の朝焼けショー!そして午後は嵐?

動画では既に紹介した、台風5号直前の真っ赤な朝焼け。写真もよーやく整理できました。時系列順に並んでいますので、その変化もお楽しみください。

台風5号直前の那覇の朝焼け(正方形)





台風5号直前の那覇の朝焼け(縦長)





朝焼けや夕焼けは、空のグラデーションを楽しむ意味で、縦長の方がいいですね〜。でも動画はYoutubeの仕様上、どうしても横長にせざるを得ないのが残念。縦長で撮っても、データは横長だったりして動画編集しないと縦長にできなかったりしますし、最近の撮影はいろいろ面倒が多いです(インスタは正方形だし)。

でも個人的には写真は横長の方が、景色の奥行が出て好きなんですけどね。

ちなみに昨日の夕焼けは、雲が多すぎてあまり焼けませんでしたが、部分的に良い感じの光景もありました。

昨日の夕時の光景



とにもかくにも台風直前の空模様は面白いです!

反面、綺麗に焼けた空の後には必ず訪れる「暴風雨」。さてさて午後の沖縄・那覇。どこまで荒れるか!?

おまけの朝焼け動画





posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/18-10:29 | 沖縄台風/災害情報

謎の台風5号予想進路。実際の雲とズレ。八重山ではなく本島方面じゃね?



台風前の定説

朝焼け・夕焼けが凄い綺麗!


その通りの今朝の那覇の空でしたが、その様子は後ほど別の記事で。まずは台風5号の情報を。

しかし今回の台風5号。気象庁の予想進路も、米軍情報のものも、実際の雲の位置と進路が明らかにずれています。雲がないところに台風があることになっていて、雲が密で渦を巻いているところが台風扱いされていません。なので、このままでは実際の荒れた天気が予想進路とずれた状態になってしまい、注意を促すことができないような気がします。

なので予想進路では台風5号は「八重山直撃」になっていますが、むしろその東の宮古や本島の方が直撃コースのような気がしてなりません。


結果、沖縄本島も警戒モードに入ります^^ゞ


なにせ今朝の那覇は恐怖の「南東の風」になりましたし、まだ雨は本格的に降っていませんが、今後はこの南東の風が吹くエリアは猛烈な暴風雨になる可能性が高いので、かなりヤバそうな雰囲気です。

逆に八重山は東風ないし時折北風になることもあるので、直撃は避けられるのではないでしょうか?宮古島も雨雲レーダーから見る限りは、ぎりぎり台風の雲がかかりそうなレベルで、もしかすると八重山同様に直撃回避できる可能性も!?


反面、沖縄本島にその全てが向かってきそうですが・・・


でも今回の台風は、雨雲の動きからも風の状態からも、おそらく「雨台風」。暴風よりも豪雨がメインになりそうな気がします。雨台風なら沖縄だとすぐに海に流れるので災害レベルにはならないかもしれませんが、問題は沖縄海域通過後。


梅雨前線との干渉で本土は災害レベルの雨になる可能性があります。


本土の場合、山があるので大地に水を多く含み、河川も増水しやすいですし、土砂災害の危険性も高くなるかと思います。特に台風の進路の東側は、先の南からの湿った空気が入るので、梅雨前線にその空気が入り雨雲群が活性化。シャレにならないほど荒れますからね・・・

しかもその台風の本土接近タイミングは、今度の日曜日。さてさて、どうなるんでしょうね。。。

沖縄は投票日は問題なさそうで、逆に投票日前に最接近してくれれば、あの騒音公害も軽減されそうなので、台風5号は願ったりかなったりかもしれません^^ゞ


そーいえば去年の沖縄県知事選も台風直撃でしたね。最近の台風は、日本の迷惑政治活動の空気を読んで接近しているような気がしてなりません(笑)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/18-07:01 | 沖縄台風/災害情報

2019年07月17日

最低気温「29.1度?」嫌な予感が的中!その暑さを避けた朝ラン^^ゞ

台風が発生すると、その記事がメインになっちゃうので、通常の記事が書きにくくて困ります^^ゞ

ってことで台風の記事は急ぎ足で書いたので、通常の記事はのんびり綴りたいと思います。

まずは今朝の夜明け前の那覇。西の空に「満月」!

三脚無しで撮影したので少しボケちゃいましたが、真ん丸な月がとってもきれいでした。でもその月の周辺を、猛烈なスピードで雲が流れていて、撮影するタイミングが難しかったです。そーいえばこの夏は、月の初めと終わりが「新月」のタイミングで、月の中間あたりが「満月」なんですよね。なので潮の干満は新月の方が日中に干潮が来るので、今月末ないし来月初めは、幻の浜などには良い時期かと思います。

そして朝ランの光景。


今朝のコースは、暑さと風の強さを考慮して、風の抜けがいい「海沿い」を選択。案の定、猛烈な向かい風でした。おかげで向かい風の間は暑さを気にすることなくランニングできました!(追い風は強烈に暑かったですが・・・)

でも今朝の那覇の最低気温「28.6度」と、この夏一番の暑い朝。那覇空港では最低気温が「29.1度」と、8月でもあり得ないほどの高い気温だったみたいです。でも空港周辺は風の抜けが悪いので、今朝のコースからは除外。今朝の読みは正解でしたね〜。

ちなみに午前9時の段階の最低気温。やっぱりこの夏の沖縄本島の気温の高さは異常です!

7/17の最低気温(午前9時の段階)

#那覇空港 29.1度
#名護 29.0度
#波照間島 28.8度
#久米島 28.7度
#那覇市街 28.6度
#粟国島 28.6度
#宮古島 28.6度
#多良間島 28.6度
#奄美大島 28.5度
#石垣島 28.4度


いやはや、日中の気温も高い、今年の沖縄本島ですが、朝晩の気温まで宮古・八重山以上とは。ちなみに昨日の最高気温も、「34度台」を記録したのは、石垣島以外で沖縄本島の名護のみでした。那覇も暑いですが、この夏の名護の暑さは異常です。普段は那覇より多少は涼しいはずなのですが・・・

7/16の最高気温

#石垣島 34.3度
#名護 34.0度
#下地島 33.5度
#波照間島 33.6度
#多良間島 33.2度
#西表島 33.0度
#与那国島 32.9度
#那覇 32.9度
#久米島 32.9度
#宮古島 32.3度

#福岡県久留米市 33.7度
#佐賀県佐賀市 33.4度
#大阪府豊中市 33.1度


でも昨日は沖縄だけではなく、西日本でも33度台を記録。本土は冷夏っていうか冷梅雨って話がありましたが、雨が降らないと気温は急上昇する傾向みたいですね。しかしその雨も、先の記事でも書きましたが、九州の西に活発な雨雲群が来ているんですよね。しかもその雨雲群も単体ならいいですが、今後は台風5号からの影響もあるとなると、西日本の豪雨はまたありそうな予感もします。

また沖縄でも宮古・八重山周辺には台風5号の影響でスコール雲が広範囲で点在しているので、局地的な雨の可能性も有りそうですね。沖縄本島は現在、雨雲レーダー停止中なので状況がわかりませんが、雲の流れや量を見る限りは、宮古・八重山と同じ状況だと思います。

でもあまりの暑さに、強烈なスコール、期待していますけどね^^ゞ(できれば午後6時以降w)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/17-09:18 | 沖縄の服装/天気

台風5号はおまけ?問題はその両側の雲!?



台風5号「ダナス」発生。

フィリピンの言葉で「経験すること」だそーです。

でも正直なところ、台風5号はどうでもいいレベル。むしろそこから分離した2つの雲の塊がヤバイ。逆になんでその最も雲が薄い部分を台風と認定したのか不思議なレベル。その東西両側の雨雲群の方が、よっぽど台風らしい渦を巻いていますし、そして雲のサイズもかなり危険なレベル。

このブログの場合、台風はいわゆる「台風情報」からは判断しておらず、基本は「気象衛星画像」から判断しています。なので上記の図にも、実際の雲の流れも書いているんです。その流れを見ても、なぜに雲が薄い部分を台風5号とだけするのか、今回は疑問です。

確かに「気圧」という数値的にはそうなのかもしれませんが、気圧よりも雲の集まり方の方が、実際の荒れた天気を予測しやすいので、台風の進路情報はあくまで「おまけ」程度で考えています。


そのおまけの進路は、なんか北上して八重山に接近しそうですが、先の話のように雲は台風5号本体にはあまりなく、直接的な影響はそれほどないような気がします。むしろ台風によって空気の流れが変わり、進路の東側に湿った空気が流れ込むことにより影響の方が大きいと思います。

その影響は沖縄はもちろんのこと、本土にも!?

さらにその本土は活発な雨雲群の通り道になっているので、そこに南から湿った空気が流れ込むと、相互の干渉によって大雨になる可能性あり。沖縄への影響は今のところ「7/19〜7/20」、本土への影響は「7/21以降」になりそうです。もちろん台風の進路は予測できませんので、実際は最も遅れる可能性もありますが、個人的には選挙公害・選挙騒音を軽減してほしいので、7/19-7/20の台風5号による影響はウェルカムです(笑)。


しかし気になるのは、最初の話の通り、台風5号南下よりその両側の雲。次なる台風になる可能性もさることながら、場合によっては東側の雲は台風5号に引っ張られて北上する可能性もないとは言えません。万が一北上すれば沖縄本島、そして本土に直撃?

まぁその可能性は低いと思いますが、台風5号なんかより、この東西の雲に今後注意が必要かと思います。


ちなみに台風の間接的な影響「波」は既に沖縄海域まで来ています。今日はまだ大丈夫だと思いますが、明日以降は欠航便が出そうなレベル。今日も午後は危険なレベルで、既に八重山の西表島上原航路と鳩間島航路は全便欠航。そして波照間島航路も1便こそ出たものの、2便以降は欠航、最終便の4便は未定ですが厳しそうです。慶良間航路も読み通り、午前はOKだけど、午後以降は欠航らしいです。

台風による波は最接近後2日間は影響ありますので、今週末まで欠航便が各地で出そうな気がします。今週末に船で離島行きを計画されている方は、船会社にこまめに運行状況を確認しましょう。この南から北へ抜ける台風は、波の影響が長引きやすいので、船の運航状況もさることながら、海遊びもお気を付けください。っていうかできれば今週末は海に入らないことをおすすめします。。。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/17-08:42 | 沖縄台風/災害情報

2019年07月16日

異常すぎる沖縄本島の暑さ!しかし風向き変わる!アレの予感?

いやはや。このブログでもツイッターでも、何度も綴っていますが・・・

今年の沖縄本島の暑さは異常!

昨日はまさにその一言に尽きます。なにせ昨日は名護市街で沖縄でも唯一の34度台の「34.1度」。さらに2番目に高い気温「33.5度」を記録したのも、本島中部の宮城島。那覇でも33度台と「異常」の一言に尽きます。

那覇の33度台も、午後4時過ぎに記録し、西日も重なって、暑さは名護の34度を超えているような応対でした。実際にその気温と西日にさらされた給水タンクの水温、温いどころではなく熱く感じるほど。あれ?ガス温水器点いていたっけ?ってレベルの水温でした。そのまま湯船に貯めれば普通に入浴できる、そんな感じでした。さすがに夏の沖縄で湯船に入ることはありませんが、食後の洗い物も、すぐに乾くレベル。家事には助かりましたけどね^^ゞ

#昨日の沖縄の最高気温

#名護 34.1度
#宮城島 33.5度
#波照間島 33.4度
#与那国島 33.2度
#那覇 33.0度
#久米島 33.0度
#石垣島 32.9度
#西表島 32.8度
#宮古島 32.8度


しかし今年はこの気温のように、宮古・八重山よりも沖縄本島エリアの方が気温が高くなることが多い気がします。例年なら、八重山が最も気温が高く、宮古が八重山-1度、本島は八重山-2度の感覚なんですが、今年は八重山と本島が同じレベルで、何故か宮古が気温が低い傾向。ちなみに大東島だけは、昨日も31度台と平年なみって感じです。

何より昨日の沖縄本島はほぼ無風だったので、それが暑さを助長していましたね。特に西日が強烈な西海岸の那覇では、午後はエアコンなしでは命にかかわりそうな暑さ。例年でも最も暑い8月でえ、日中にエアコンなんて使うことは無かったのですが、この夏の沖縄本島の暑さは異常すぎて、もう何度も使っています。

まぁ、以前は日中暑いとカフェに避難したりしていましたが、エアコン代の10倍も払ってカフェするのが馬鹿らしくなっただけですけどね^^ゞ


そして今朝。その無風状態に少し変化あり。


相変わらず風は弱いですが、その風向きが気になります。夏の沖縄は基本「南風」のみなんですが、今朝は那覇で「東風」、八重山では「北東の風」という、平穏な夏の風向きとは違っています。夏の沖縄はこの「風向き」だけで、アレがどの位置にあるか予想できます。


アレとは「台風」


もちろん台風になっていない場合も含めての話ですが、南風以外の風向きになったら、近海に台風やそのタマゴが居ることがわかります。案の定、一昨日からチェックしていた気になる雨雲群が徐々に八重山海域へ接近中。米軍情報でも警戒レベルが「低」から「中」にアップしています。まだ予想進路こそ出ていませんが、気象衛星画像を見る限りはかなり渦を巻いた雲の塊。

台風まで発達しないかもしれませんが、沖縄への影響は確実にありそうなので、このブログもまた台風モードに入らざるを得ないかもしれません(/_;)

ただ風向きは台風ですが、風が弱いのでまだ大丈夫。今後は風向きとその強さに要注意かな?



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/16-06:02 | 沖縄台風/災害情報

2019年07月15日

海の日は天然ビーチへ!しかし沖縄本島は人工ビーチだらけ

よくある「ビーチランキング」で、どうしても解せないのが沖縄の「エメラルドビーチ」のランクイン。あれって「自然の海を埋めたてた人工ビーチ」ですからね。確かに近くに美ら海水族館があるので、行く機会が多いのはわかりますが、そのビーチが海を埋め立てた人工ビーチであることを知らないんでしょうか?そんな人に限って「辺野古」をどうこう語りますが、やめてほしいものです(無知は罪)。

人工ビーチだらけの沖縄本島

そもそも沖縄本島のビーチ。名前があるビーチになると、半分は人工ビーチじゃないかな?さらに地名に関係のない「カタカナ名のビーチ」はほとんどが人工ビーチかも。

#エメラルドビーチ
(本部)
#トロピカルビーチ
(宜野湾)
#サンセットビーチ
(北谷)

典型的なのがこの3つ。カタカナ名称ですし、地名にも関係ない名前ですし、その名称の由来も大してないものは人工ビーチであることが多いです。

あと人工ビーチには必ず埋め立ての際にできた、「砂流出止め用の岩積防波堤」がありますので、見た目でもわかります。これがある場所は人工ビーチといってもいいかもしれませんね(天然なら砂流出対策なんて不要)。

もちろんビーチ以前に周辺もすべて埋め立てられた「埋立地」にあるものは論外。本島南部の「東浜」や「豊崎」や「西崎」のような埋立地の中にあるビーチは100%人工ビーチです(当然ですよね)。

#きらきらビーチ
(東浜埋立地)
#美々ビーチ
(西崎埋立地)
#美らSUNビーチ
(豊崎埋立地)

さらに利用者としては意外かもしれませんが、沖縄在住のものなら周知の事実なのが、ホテル前ビーチは大半が人工であること。そもそも天然ビーチがある場所は、自然保護の規制がかかるのでホテル建設が難しいところが多く、逆にビーチがない単なる岩場は規制対象外のところが多いので、そこにホテルが多く建設されます。そしてホテル建設で岩場を削るのと一緒に、チービシ海域などで採取された砂が運ばれ、ホテル前の海が埋め立てられて、ホテル前ビーチの出来上がりって感じです。

#残波ビーチ
(ロイヤルホテル沖縄残波岬)
#サンマリーナビーチ
(シェラトン沖縄サンマリーナリゾート)
#ブセナビーチ
(ザ・ブセナテラス)

離島でも人工ビーチ?それには別の理由あり!?

さらにさらに、最近では天然ビーチが多いはずの「離島」でも人工ビーチ増殖中。でも離島の場合、ホテルというよりも行政の「土建依存」から造られるものも多く、造るだけ造って全く使われていないものも多いです。「箱もの=人工ビーチ」のような構図が、離島では多く見受けます。

#シギラビーチ
(宮古島・アラマンダ系ホテル用)
#トゥリバービーチ
(宮古島・埋立地・全く利用されないビーチ)
#南ぬ浜町ビーチ
(石垣島・埋立地・全く利用されないビーチ)

逆に、ビーチを造るために行った工事ではないのに、結果的にビーチになった場所もあります。護岸整備のみのはずが、気づけば砂が滞留してビーチができたってところもありますね。人工だけど天然ビーチ?

#下地島17エンド
#小浜島細崎
#鳩間島小中学校前

人工ビーチにサンゴや魚がいたら要注意!


ちなみに人工ビーチは他から砂を持ってきて海を埋め立ててしまったので、珊瑚礁は皆無。熱帯魚もいません。しかしホテル前ビーチなどでは、生態系を壊してでも魚たちを呼び込みたいために「餌付け」を行って、無理やり魚たちを呼び込んでいるところもあります。さらに珊瑚礁なんてあるわけがない人工ビーチに、無理やり他から採取した珊瑚礁を持ってきたものもあります。その手の珊瑚礁は根付くわけもなく、そのまま死んでしまうんですよね。

さらに人気のクマノミを見せるために、他の海から丸ごとイソギンチャクごと搾取して、自分のホテルビーチへ持ってくるという凶行を行うホテルもあります。っていうかホテル前ビーチにクマノミが住むイソギンチャクが生息している可能性はほとんどありませんので、ホテル前ビーチでクマノミを見れるってことは、凶行を施した証拠です。

そして人工ビーチはもともとなかった場所に無理やり砂を持ってきているので、台風が来るたびに砂が流され、ビーチの形が変わります。それを戻すために他からさらに砂を持ってきて埋め立てる。下手すると人工ビーチは一度の埋め立てではなく、何度も埋め立てを繰り返している可能性も有ることになります。一度の埋め立てで完了する通常の埋め立てよりも、人工ビーチの方がたちが悪いかもしれません。


数少ない天然ビーチでおすすめは?

せっかくの海の日、せっかくの沖縄旅行なら、天然ビーチが良いですよね。シュノーケリングも楽しめますし、海の透明度も高いし、自然が豊かなので木陰とかも多いし、潮風も心地いいと思います。沖縄本島で天然ビーチならこの3つがおすすめかな?

#百名ビーチ
(本島南部・南城市)
#ニライビーチ
(本島中部・読谷村)
#ウッパマビーチ
(本島北部・今帰仁村)

もちろん離島なら大部分が天然ビーチですので、埋立地以外は大丈夫だと思います(石垣島の南ぬ浜町と宮古島のトゥリバーは埋立地)。ただし、宮古島のシギラ、石垣島のマエザトはホテルの都合で埋め立てられた人工ビーチなので要注意です。

沖縄全体で40ヶ所とも50ヶ所ともいわれている人工ビーチ。最後に抜粋ですが、沖縄の人工ビーチ一覧です。参考まで。

沖縄の人工ビーチ一覧(抜粋)

  • #エメラルドビーチ(本島北部・本部町)
  • #あざまサンサンビーチ(本島南部・南城市)
  • #きらきらビーチ(本島南部・西原町)
  • #美々ビーチ(本島南部・糸満市)
  • #美らSUNビーチ(本島南部・豊見城市)
  • #波の上ビーチ(本島南部・那覇市)
  • #トロピカルビーチ(本島中部・宜野湾市)
  • #アラハビーチ(本島中部・北谷町)
  • #サンセットビーチ(本島中部・北谷町)
  • #残波ビーチ(本島中部・読谷村)
  • #宇座ビーチ(本島中部・読谷村)
  • #宇堅ビーチ(本島中部・うるま市)
  • #サンマリーナビーチ(本島北部・恩納村)
  • #ブセナビーチ(本島北部・名護市)
  • #21世紀ビーチ(本島北部・名護市)
  • #シギラビーチ(宮古島)
  • #パイナガマビーチ(宮古島)
  • #トゥリバービーチ(宮古島)
  • #マエザトビーチ(石垣島)
  • #南ぬ浜町ビーチ(石垣島)

おまけ


旅行ガイドで「天然ビーチが目の前!真の沖縄オーシャンビューホテル5選」というものを書きましたが、実際のところ「5選」としていますが「5個ぐらいしか思いつかなかった」という事実。さらに人工ビーチを具体的にどこか記事に書いたら、旅行ガイドの編集部にNG出されました。事実(現実)は書いてはいけないらしいです(/_;)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/15-09:31 | 沖縄旅行/離島旅行

今日はマンゴーの日?でも沖縄県民、あまり食べませんが・・・

沖縄の夏の果物と言えば「マンゴー」ですが、実は沖縄ではあまりマンゴーは消費されません。沖縄でマンゴーは「本土輸出用」。スーパーの果物コーナーでも、沖縄県民のためのものはなんと「外国産」。沖縄県産のものは贈答品扱いなので、普通の果物コーナーでは売っていません。そもそもスーパーの果物コーナーで、マンゴーはほとんど売っていません。


なので「7月15日はマンゴーの日」と、沖縄のメディアはいろいろうたっていますが、あれは意味ありません。


ちなみに7月15日がマンゴーの日なのは、業者がPRしたいだけ。うたい文句で「マンゴーの食べごろ」と言いますが、実際は6月からですからね。むしろ7月は単価が下がる時期なので、業者が売りたいために制定された日です。


なので今日はマンゴーの日でも、沖縄県民は総すかんですw


今朝もスーパーで果物コーナーを見てきましたが、相変わらず一等地には何故か「リンゴ」。二番目は「バナナ」って感じでした。マンゴーの日にも関わらず、スーパーには気づく場所にマンゴーは置いていませんでした(置いても誰も買わないからw)。

ちなみに私は、果物好きですが、マンゴーはあまり好きではありません。もしかすると果物の中で最も食べないものじゃないかな〜?あの中途半端な食感が苦手で、味もなんか中途半端で好きになれません。なのでマンゴーの日でもスルー。今日も好きな酸味がある果物をいただきます^^ゞ

そろそろドラゴンフルーツの時期ですが、最初は甘い系の「赤」で、酸味がある「白」は夏本番になったあとなので、もう少し待ちます。

マンゴーは露地物で1個100円なら買いますがwww


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/15-08:44 | 沖縄買い物情報

海の日には良い暑さ?運動には厳しすぎる暑さ?


今朝の那覇は「くらくらするような暑さの朝」ではなく、「暑さでくらくらした朝」でした^^;

最低気温こそ昨日が「28.1度」に対し、今朝は「27.9度」と、多少なりに低かったですが、問題は風。昨日は風速8〜9mとかなりの強い風が吹いていたので、気温の割に暑さは感じませんでしたが、今朝は風速2m。いわゆる「ほぼ無風」状態で、湿度も昨日は風のおかげで90%を割り込むものでしたが、今朝は97%。

朝ランするには地獄でした(T_T)

この夏、初のブラックアウトすれすれの状態になってしまい、早朝にも関わらず熱中症の一歩手前。ホント、この時期の昼とか夜にランニングしている人って「大丈夫なの?」っていっつも思います。私は絶対に無理なので、早朝オンリーです。

なにせ昨日の沖縄。この夏一番の暑さのところも多く、中でも八重山では軒並み33度超。波照間島では「34.1度」もありましたからね。8月中旬の最も暑い時期の気温です。しかしその波照間島に次ぐ気温を記録したのが、なんと奄美大島の名瀬の「34.0度」。まぁあそこは山に囲まれた盆地のような地形なので、風がなく気温が上がりやすいのですが、まさかのこの時期の34度台。名瀬の夏って、本気で暑いんですよね〜(何度も経験あり)。

昨日の沖縄/奄美の最高気温

#波照間島 34.1度
#奄美大島 34.0度(名瀬)
#石垣島 33.8度(北部)
#与那国島 33.2度
#西表島 33.1度
#多良間島 32.9度
#徳之島 32.7度
#久米島 32.7度
#宮古島 32.5度
#下地島 32.5度
#那覇 32.1度


ただ、今朝はスコールがあったようで(午前8時前後)、那覇よりは気温が低い「27.1度」。といっても今日もまた八重山並みの暑さになりそうですね。

まぁ沖縄も奄美も「泳ぐ」にはいい暑さかもしれませんが、それでも風がない場所では熱中症になりやすいので、できる限り日影で風通しがいい場所を見つけておいて、そこで休みましょう。なにせ今日は「海の日」ですからね^^ゞ

ってことで、昨日ですが海。通過してきました^^ゞ

人工ビーチでしたが、2つほど。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/15-07:54 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲