ページの先頭へ△

2019年12月12日

昨日の那覇は最高気温が深夜2時、最低気温が正午過ぎ!普通は逆?

昨日の那覇の気温、変でした。

気温の数値だけ見ると珍しく「平年並み」なんですが、その記録した時間が・・・

最高「21.2度」午前2時
最低「16.4度」正午過ぎ

・・・逆だろw

確かに感覚的にはその通りでした。室内での服装は、寝ている間は薄着だったのに、日中は室内にいるのに、外出するときのような厚着。でも昨日のその正午以降は一気に気温が上がり、午後4時に20度を記録。午後に外出しましたが、出発時は厚着も、時間の経過とともに1枚、また1枚脱いで、最後は半袖1枚!午後は天気が回復したのに加え、風がぴたりと止んだので、日差しがある時間はかなり暑く感じた午後の那覇でした。

ちなみに昨日の午前は、雨が降ったり止んだり。風も暴風レベル。まさか午後にあそこまで回復するとは思えない状態でした。しかし夕時は、本気で「雲一つ無い快晴」。しかしあまりに天気が良すぎて、昨日の夕時、焼ける雲が無いので、写真を撮っても空なのか、単なるグラデーションなのかわからないレベル。

あまりに天気が良すぎた昨日の夕焼け(空か分からない?)




あまりに味も素っ気も無いので、夕焼けに無理矢理点景をフレームイン。これならどうにか「空」って分かりますよね。1枚目は「飛行機と船」、2枚目は「飛行機」、3枚目は多分「人工衛星」かな?

天気が良すぎたので点景を入れた夕焼け(空と分かる!)




そして今朝の那覇。朝ランしてきましたが、夜明け前だったものの、外は何故かかなり明るかったです。もちろんその理由は「月」。ほぼ満月。しかも那覇は西岸なので、西に沈む月をずっと見ながらランニングできました。

月灯りで水面が光る!今日の夜明け前の那覇




そして朝ラン終了する頃には夜明け。しかしまたしても雲一つ無い快晴の状態。朝焼けなんだか昨日の夕焼けなんだか、違いが分かりにくいです。でも方角は昨日のものとは180度違うんですけどね・・・

今朝も雲一つ無い快晴の那覇(朝焼け)




でもその後に出てきた朝日。雲が少なかったせいで良い感じでした。でも那覇は西向きなので、東から昇る朝日はかなり高くならないと望めません。しかも首里や識名といった高台が東側にあるので、それ越しで望むことになります。でも今日あたりの朝日は、ちょうど初日の出の時期に近い状態なので、正確な方角は確認できました!

初日の出と同じ方角?今朝の那覇の朝日




そんな感じで、今日も初夏の陽気の沖縄になりそうです。1週間前は日中でも16度前後、外の体感温度は2〜3度と極寒でしたね・・・


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/12-08:59 | 沖縄の服装/天気

2019年12月11日

不安定な天気は今だけ?明日以降はまた夏模様になりそうな沖縄

今日の那覇の天気は読みにくいです。夜明け前は雨無しで、朝焼けも微妙なレベルなものの、少しだけ色づいていましたが、その後一転雨モード。気温も深夜は21度前後もあったのに、夜明け後は17度まで急降下。雨も強めのものが降っていましたが、その後急に外が明るくなって日差しまで出てきました?

ホワイ?って思ったものの、すぐにまたどんよりした空へ。

今日の那覇。午前はこんな感じで変わりやすい空模様になりそうですが、雨雲群が明らかに西から東へ移動しているので、午後の天気は期待できるかも?っというのも今日はその午後に外出予定だったので、午後に回復するように切に願っています。なにせその用事の中に「写真撮影」もあるので、雨だとまともに撮影ができませんからね〜。まぁ撮影はできても、暗い写真になっちゃうので、午後の天気の回復を切に願う次第です。


でも予報では沖縄の雨は一過性で、早いところで今日の午後には回復となっています。まぁ予報機関によって、雨の上がるタイミングも予想がまちまちですが・・・


そして今週末の沖縄は先週より10度も高い予想気温!といっても先週末の気温が低すぎただけなんでしょうが、やっぱり気温は高い方がいいですよねー。また冬で沖縄の気温が高いときは、本土の気温も高めになるので、今週末は本土も極寒からは開放されそうですね。なにせ先週末は、沖縄が超極寒のとき、首都圏で初雪観測。今週末は沖縄が「夏模様」になれば、本土は「小春日和」って感じかな?


ちなみに昨日の那覇の朝焼けと夕焼け。どっちも綺麗でした。朝は雲が多かったので、綺麗に空が焼けましたが、夕方はあまりに天気が良すぎて焼ける雲無し。絵的には朝焼けの方がいいですね。しかしこの夕焼けの数時間後に、今朝のどんよりした那覇の空になるとはね・・・

毎度のことですが、冬の沖縄の天気はホントに読みにくいです。現地でこの状況なので、いかに本土の気象予報士が出す、冬の沖縄の天気予報が外れるかってわかりますよねw

昨日(12/10)の朝焼けと筋雲









昨日(12/10)の空全体の夕焼け







posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/11-09:20 | 沖縄の服装/天気

2019年12月10日

昨日の空模様。いいね♪

朝一番の記事で、昨日の朝焼けと夕焼けをアップしようと思っていましたが、まさかの朝ランの悲劇w

朝焼け/夕焼け記事は後回しになってしまいました。まぁこの記事は写真がメインで、基本「内容がない記事w」なので、後でもいいですけどね。

それでも昨日は朝と夕の天気だけ見事に良い感じ。日中も晴れていましたが、ちょっと雲が多め。なので夕焼けは厳しいかな?って思っていたら、良い感じになっちゃいました。しばらくはこんな感じの空模様、楽しめる沖縄かな〜?

今朝も朝ラン時に真っ赤な朝焼けが望めたものの、良い写真を撮れる場所がなく、撮ってもスマホカメラだとイマイチ。なので、ペースアップして早く家に帰り、どうにか今日の朝焼けも撮影できた次第です(一部を既にFacebookページにアップ済み)

まぁ今日の写真は夕時もあるので、明日以降に紹介するとして、まずは昨日の朝焼けと夕焼け。お楽しみくださいませ。

昨日(12/9)の朝焼け








昨日(12/9)の夕焼け








posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/10-09:54 | 沖縄ライフ

朝ランでモノレール延長部分の高架下、走ってきた!しかし・・・

2日に1回ぐらいのペースで朝ランしていますが、たまーに、普段は行かないコースも走ったりするのですが、今朝は何となくあのルートを選択。


「沖縄都市モノレール延長部分」


モノレール自体は、多分、一生乗らない区間(笑)

でも朝ランするにはほどよい距離ですし、さらにモノレール高架下なら道路整備もされていて、街灯もありそうなので早朝でも走りやすいかも?なにせ12月の沖縄は午前6時台でも真っ暗ですからね。この「街灯の有無」はホントに大きいです。といっても沖縄の道路には、国道でも街灯がない場所が多いので、基本的にLEDライト持参で走っています。

ちなみに今朝のルートは、那覇中心街から首里駅を目指し、そのまま延長部分の「石嶺駅〜経塚駅〜浦添前田駅〜てだこ浦西駅」の高架下をトレース予定。でもどれも今まで行ったことが無い場所なので、どういう道か分からないので少し不安。その結果は!?

那覇中心街〜首里駅


言わずと知れた、那覇で最も強烈な高低差がある道!わずか2kmで100mも登ります(5%勾配)。でもこの区間は信号が少なく、歩道もしっかりしているので、急坂ですが走りやすいんですよね。さらに急坂なので、NAHAマラソン前でも「にわかランナー」がほとんどいない(笑)。そもそも走り慣れているので、今はこの坂道も気になりませんけどね。ちなみにこの区間、街灯があるので手持ちのLEDライトは不要。ただし車通りが早朝でも多いので、車と同じ方向を向いて走らないと「目つぶしライト」で視界ゼロになります。最近の車のライトって、ホントに歩行者のことを一切考えていない輝度ですからね・・・

首里駅〜石嶺駅(延長1駅目)


首里といっても首里城は近くになく、地元でも「首里」ではなく「鳥堀」の方がなじみがある首里城駅。坂を登り切り、左・左へと曲がります。もちろんモノレールの高架も左・左へと転回していきます。そしてここからがモノレール延長部分。でも最初の石嶺駅までは、もともと賑わっていた場所なので、道も広くて街灯もあってとっても走りやすかったです。ただアップダウンを繰り返すので、慣れないときついですが、逆に良いトレーニングになります。とにかく明るい道で、これは延長部分のコースも期待できそう?そう思ったものの・・・

石嶺駅〜経塚駅(延長2駅目)


石嶺駅を超えた瞬間、突然「街灯ゼロ」になりました。モノレール高架下には幹線道路も併設されているのに、街灯ゼロってどういうこと?って感じです。さらに石嶺駅から先は、もともと閑散としているエリアだったのもあり、街灯がないばかりか頼みの自販機の灯りもありませんし、さらにお店もないので看板の灯りもありません。まさに「真っ暗」。この石嶺駅を境に、闇の世界に変わりました。でも道路はまだ広くて走りやすいですし、無意味に多い信号のおかげでなんとか明るさも確保。しかし次の駅の浦添市に入ると・・・

経塚駅〜浦添前田駅(延長3駅目)


暗さはさらにきつくなり、さらに今度は高架下の道路が酷くなりました。っていうかモノレール延長したのに、駅も道路もまだ完全にできていないんです!駅も工事中のままですし、道路に至っては工事中どころか、造る気あるの?の掘り返したままほったらかしのレベル。特にこの経塚駅から先は悲惨を極め、歩道は通れないし、車道はでこぼこだらけで、さらに真っ暗なのでそのでこぼこも確認できないレベルで、何度も転びそうになる始末。正直「恐怖」しか感じられませんでした。そして浦添前田駅直前で、その工事状況がさらに悲惨になったので、最後の駅までたどり着く前にUターン。悲惨な道すぎる・・・

浦添前田駅〜てだこ浦西駅(延長4駅目最終)


結果、最後の4駅目にはたどり着けず。っていうか、もう二度と、このルートは走りたくない!ってレベルの悲惨な道でした。特に石嶺駅から先は結局、最後まで「街灯1本も無し」。幹線道路でここまで酷い道は、見たこと無いです。特に浦添市に入った後が悲惨を極めた次第です。そもそもモノレール延長が開業したのに、駅も道路も工事中でまともに使えないってどういうこと?って感じです。何より石嶺駅から先の町並み、街灯がないばかりか町の雰囲気も完全に「ゴーストタウン」。モノレールの駅があっても、ここまで真っ暗だと、女性や子供は安心して歩けそうにありません。

モノレール延長部分の印象

既に結論は出ていますが、酷いものでした。ここまで街灯が皆無な町並み、沖縄本島の郊外でもあり得ないレベル。まるで離島の郊外のような状況でした。朝で真っ暗なので、もちろん夜も真っ暗(街灯が消えているのではなくそもそも設置していない)。さらにまともなインフラとなる道路ができる前に、モノレールを開通って、順番が逆です。まともにアクセスできない駅を先造ってどうするのやら・・・

そもそもモノレールに乗るのは、観光客以外は公務員がメイン。沖縄ではモノレールを「公務員専用」と揶揄するレベル。その理由は以前も書きましたが、モノレールの駅は公務員宿舎となる県営住宅がある場所のみをつなぐルート上。特に今回の延長部分は、観光客には全く用がない場所なので、完全に公務員専用区間。建前では渋滞緩和のためと言いますが、こんな不便な場所にある駅では公務員以外は誰も乗りません。パークアンドライドも、強制された公務員がするだけで、他の一般の人は誰もしませんね。


嗚呼、また無駄なものを造った沖縄県。本当にニーズがあるのは「那覇〜宜野湾〜北谷」方面なのにね・・・。観光客も、在住者も、そして渋滞緩和の意味でも、この区間にモノレールがあったら効果絶大だったのにね・・・。

結果、公務員以外「無意味な4駅延長モノレール」を、今朝、実感してきた次第です。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/10-09:40 | 沖縄ライフ

2019年12月09日

極寒悪夢の3日間から解放された沖縄!今週は夏復活!!

今朝の朝焼けも綺麗だったけど、昨日は朝焼けも夕焼けも良い感じ。なにせその前の日までの3日間は、朝日どころか太陽すら望めない日が続いていましたからね。木金土の3日間、雨ばっか。でも止むタイミングは3日間ともにあったものの、さすがに日差しサンサンとなることはありませんでしたが、昨日は1日中日差しサンサンでホントに良い天気でした。

特に日中の青空。半端なく青かった。それまでの嵐の影響で空気が澄み、真っ青な空が綺麗でした。でも雲が全く無かったので、絵的にはイマイチ(青いだけの空)。なので写真はあまり撮る気にならなかったです。

でも朝と夕方は、雲は少なかったものの、空の色が刻一刻と変わっていくのが楽しめたので、久しぶりに写真をいっぱい撮影。そーいえば、木金土の3日間は写真1枚も撮影していませんでした。12月4日にアップ後は、昨日の12月8日のものになっていたので、12/5、6、7の3日間はずっと灰色の空だったんでしょうね・・・



そしてこの先の沖縄。天気予報は予報期間によってバラバラなので参考にもなりませんが、この先の予想気温は那覇で「最高25度/最低20度」と、まさに初夏の陽気。なにせその3日間は「最高気温16度/最低気温14度」とかでしたからね・・・(しかも最高気温は夜中で最低気温が日中)

今週は一気にその3日間に比べて10度も気温が高くなる、そんな沖縄になりそうです。


沖縄の冬は、猛烈に寒くなってもほとんどが一過性。なので寒いからといってコタツとか出しちゃうと、出したときには夏模様に戻っていることが多いんですよね。結果、寒くなってもとりあえずそのままで我慢しちゃいます。今回も寒くなったのはその3日間だけだったので、どうにか我慢してしのぎました。ストーブこそ出しましたが、羽布団は未だに圧縮したまま。この布団を出した時が、本格的に沖縄が冬シーズンになった証拠でしょうね。

さてさて、この冬の沖縄。掛け布団登場は年内か?年明けか?

とりあえず今週の沖縄は、掛け布団どころかタオルケットのみで十分な陽気になりそうです。朝焼けも夕焼けも、ご期待ください!

昨日(12/8)の朝焼け





昨日(12/8)の夕焼け







posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/09-09:12 | 沖縄の服装/天気

2019年12月08日

悩んだ奄美ハナハナウルトララン。こんな良いコースだもんなぁ。

奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース1
奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース1


奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース2
奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース2


既にマラソンブログでは綴りましたが、2020年2月2日に奄美大島で「第1回奄美ハナハナウルトララン」が開催されます。景勝地が多い奄美大島北部を中心にしたコースなので、景色的にはかなり楽しいコースになりそうです。中でも奄美大島西岸は絶景ロード多し。しかも写真のような海沿いのコースも多いので、沖縄・奄美のウルトラマラソンのコースの中では、絶景度ナンバーワンレベルかも?

実は沖縄で最もメジャーな「宮古島100kmワイドーマラソン」も、3つの大橋こそ走るものの、海沿いのコースはほんのわずか。ほとんどが内陸なんですよね。そもそも宮古島ドライブでも海沿いの道は少ないですけどね。また来週末だっけ?沖縄本島でもウルトラマラソン大会が開催されますが、あれも内陸ばかりでNAHAマラソンと同じようなコースで景色的にはイマイチ・イマニ・イマサン(実際に同じ部分が多い)。

でもこの「第1回奄美ハナハナウルトララン」のコースは、個人的に走ったことがあるのでよくわかりますが、とにかく海沿いのコースが多く、景色も良いところばかりなんですよね。

なので本気で参加するか否か悩みましたが、大会まで2ヶ月を切っている段階だったので、調整ができずに断念。そもそも沖縄本島から奄美大島って、飛行機も高いし船でも片道1万円弱もかかりますので、気軽に行けないんですよね。むしろ本土からなら成田と関西からLCCが飛んでいるので、安く行けるんですよね・・・

まぁこのコースの大半は、個人的に走ったこともあるので、高い参加費を払ってまで走ることもないかな?という理由もありますけどね。


ちなみにウルトラマラソンで走るコースの多くは、ドライブでも通ることができるコースなのでドライブにもおすすめ。ただしこの奄美のコースは、一部でジャングルの中を走るので、さすがにそこはドライブも厳しい。さらにアップダウンも強烈なので、ウルトラマラソンでも厳しいw

また2月の奄美大島は那覇同様に桜の開花時期でもあるので、花見しながら走れると良いですね。去年までは「桜マラソン」的なハーフマラソン大会が同じ2月に奄美大島で開催されていたものの、何故か今年から中止。そして5倍近い距離になって復活w

みなさま、いかが?www




奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース1奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース1


奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース2奄美大島〜奄美ハナハナウルトララン・コース2




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/08-13:51 | 沖縄マラソン情報

沖縄の寒さの峠過ぎる!今週は夏模様に戻りそうです

今朝も那覇の体感気温「3.6度」(屋外)。

気温こそ「16度台」ですが、まだ風が強い状態が続いています。でもさすがに「雨季」は、よーーーやく終わったみたいで、今朝は湿度も60%台まで下がっています。ホント、昨日までの2日間の沖縄。梅雨よりも雨が多かったですからね(そもそも沖縄は梅雨より冬の方が雨が多いけど)。しかも「雨!」って感じでは無く「雨?」って感じの中途半端な降り方で、正直「どっちかにして!」って感じでした。

でも週末2日間、どちらも外出しましたが、少しの雨はあったものの、両日ともに天気を読めて、大半が雨無し。さすがに今日は天気を読まなくても、いい天気っぽいので、のびのび外出できそうです。なにせ昨日までの2日間は、雨雲レーダーと常ににらめっこ状態。しばらく雨雲レーダー情報は見たくないレベルです。。。

ちなみに今日の那覇の予想最高気温「20度」と、昨日までは日中でも16度台だったので一気に気温が上がりますが、それでも平年よりまだ低め(平年22度)。

しかし、昨日までがボトムだったみたいで、この先の沖縄の気温はうなぎ登り。予想機関の中では、来週「25度」の夏日を記録するとかしないとか。那覇でそのレベルなら、宮古・八重山は確実に夏日を記録しそうですね。わずか1週間で10度も違う気温差になるとは、比較的寒暖の差が少ない沖縄なので、珍しいです。反面、体調管理が大変で、昨日までの寒さでコタツやストーブを出しても、すぐに使わなくなっちゃうんですよね〜。

なので我が家もストーブこそ出したものの、コタツは我慢。布団も羽布団はまだ出さず、毛布のみでしのぎました(羽布団は圧縮収納しているので出すのが大変)。とりあえず沖縄の寒さは今日までみたいで、明日以降は平年並みかやや高めの気温で推移しそうです。

この先1週間の那覇の気温

12/08 最高度20度/最低16度
12/09 最高度22度/最低18度
12/10 最高度22-24度/最低20度
12/11 最高度23-24度/最低20度
12/12 最高度22-23度/最低19度
12/13 最高度21-24度/最低19度
12/14 最高度24度/最低20度
12/15 最高度25度/最低22度



実は今週末(1週間後)、数日那覇を離れる予定。那覇がせっかく夏模様になるのに、わざわざ寒いエリアへ。その気温差、20度近い?いつものことですが、この時期に那覇を離れるときは服装にホントに困ります。那覇なら半袖1枚で過ごせるのに、行った先では厚手のコートが必要なレベル。

なのでこの時期の装いは、ファッションよりも実用性を重視し、荷物になる厚手のものは持っていかず、軽い薄手の素材のものにしています。コートも春秋もので、インナーにフリースとか。あとダウンジャケットも意外と圧縮が効くので、重宝します(ユニクロのウルトラライトダウンは特に重宝)。

たまには冬物のコートを着ていきたいですが、いかんせん出発元の那覇が案津日だとね・・・

逆のこの時期の沖縄にお越しの方も、沖縄で荷物になる重い服は避けて、軽めのものを羽織るのがおすすめですよ。正直、荷物でも最もかさばり、そして重いのが「服」。特に冬は顕著なので、冬に沖縄旅行を計画の方は、軽いものを重ね着するのがおすすめですよ。
tempture20191208_15.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/08-06:00 | 沖縄の服装/天気

2019年12月07日

体感温度「3度」もちろん外の話ですが室内も寒い!!

沖縄だけの話じゃ無いと思いますが、今朝は超ーーー寒い!

まだ本土は暖房(エアコン)があるからなんとかなりますが、沖縄ではエアコンに暖房機能がない家も多く、我が家も去年エアコンを新調したばかりですが、暖房機能無し(その方が台風が多い沖縄だと故障が少ない)。

なので寒さをしのぐ方法が、ストーブぐらいしかありません。さすがに寝ているときにストーブ点けっぱなしは危険なので、昨晩は着込んで寝たものの寒くて何度も目が覚める始末。さらに沖縄に住宅は断熱性が皆無なので、外が寒いとダイレクトに室内までその寒さが来てしまいます。さらに沖縄の建物はコンクリート造が多いので、コンクリートに寒さ(冷たさ)が蓄積され、外が温暖になっても室内の寒さは延々に続きます。


まさに今朝の沖縄はその状態!


昨日までずっと雨で建物が冷やされた状態でしたし、日差しがなかったので気温が上がる要素ゼロ。さらにそれまで寒さをしのげていた無風状態も、昨日の夜から暴風モードに変わり、さらに寒くなる始末。

今朝の那覇の気温は15度と、真冬並みの気温に加えて、平均風速が11mもあるので、外の体感温度は「3度」。その冷たさがそのまま室内に入ってくるのですから、そりゃ寒くて目が覚めますよね・・・


沖縄がこの寒さで雨モードだと、本土は雪かな?


雨雲レーダーを見ると、太平洋側にまとまった雨雲群がありますので、もろに雪になる可能性が高い「南岸低気圧」っぽいですね。本土の雪って実は沖縄の気候である程度読むことができ、沖縄が広範囲に雨模様で気温が低いと、本土では雪になることが多いです。


さてさて、今週末の本土は雪になるか?そして相も変わらず交通麻痺状態になるか?


ちなみに今日の沖縄・那覇は予報では日中「ずっと雨」になっていますが、個人的には雨は早朝だけで、日中は雨が上がる時間もあると読んでいます。なので週末の朝ランは今のところできませんが、午前中なら可能と読んでいます。


明日は沖縄も本土も天気が回復するらしいので、お出かけは明日の予定。でも今週末は沖縄も本土も、猛烈に寒くなりそうですね。あと沖縄は海が大シケなので、天気が良くても離島へ行くに行けない状態。そーいえば今年は台風があまりに多くて、離島行きが何度も中止に追い込まれていて、6月の阿嘉島以降は全く行けていません(そもそも7-8月は繁忙期なので行かないですが)。9月・10月・11月も、離島行きを計画していたのに、ぜーーーんぶ台風や悪天候で中止。

12月はいろいろ忙しいので難しいですし、1月以降は本格的な冬状態になる沖縄なので、さらに海も大シケ。来年3月まで離島行きはお預けかな・・・(T_T)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/07-06:09 | 沖縄ライフ

2019年12月06日

首里城火災を政治利用!腹黒「沖縄県知事/沖縄県議会議員」備忘録

Facebookページツイッターだと、情報がなかなか見つからないので、ブログにも備忘録てきに綴っておきます。


首里城火災を食い物して、政治利用する
腹黒「沖縄県知事/沖縄県議会議員」



しっかしここまで出る数値が露骨だと、逆に笑えます。まずは備忘録的に彼らの発言と、その政治利用が明確な根拠を綴っておきます。


沖縄県知事の首里城再建政治利用

2022年までに首里城再建計画 玉城知事が方針
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1018898.html



2022年に沖縄県知事選挙があるからです!

>沖縄県知事選挙 2022年9月29日

沖縄県議会議員の首里城再建の政治利用

首里城再建へ議員報酬を6ヶ月間・月2万円削減 沖縄県議会、全会一致で可決
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/506171



6ヶ月後に沖縄県議会議員選挙があるからです!

>沖縄県議会議員選挙 2020年6月24日


笑えますよねwww


ちなみに前者は「沖縄の日本復帰から50年となる2022年まで」とぬかしますが、そんなの建前で明らかに「次期知事選挙まで」です。後者も「任期中のみ」とかぬかしますが、次期議員にも負担させるのは当然の話。だって今回は明らかに「沖縄県の落ち度」ですので、完全に再建できるまでずっと報酬削減すべきです。そーいえばその沖縄県の最高責任者「沖縄県知事」は、一切の報酬減とか責任論の話をしませんね。。。


沖縄県民とすれば、首里城火災の責任をとって、沖縄県知事も沖縄県議会議員も全員クビ。心機一転すべてやり直して欲しいものです。


責任者は責任をとるために居るんですw

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/06-13:00 | 沖縄の服装/天気

馬毛島160億円が高い?いやいや激安!西表島沖のウ離島はその7倍相当

なんかマスゴミがまた、無駄なことで騒いでいますね。


160億円の無人島 当初提示の3倍以上
米軍訓練用 高いのか?(毎日新聞)

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191203/pol/00m/010/007000


馬毛島の広さは約「8km2」、平米換算で「8,000,000m2」ですので、平米単価はぴったり「0.2万円(2,000円)/m2」。

これを見てもピンとこないと思いますが、一般的な沖縄の離島の土地(宅地)で郊外のものだと、坪単価「5万円」がボトム相場。平米単価に換算すると「15,125円/m2」。まぁ無人島と有人島を比較しちゃいけないとは思いますが、まずは参考まで。

しかし沖縄では実際に無人島の不動産売買もあります。中でも沖縄で一時期ニュースにもなった、西表島北東沖の「ウ離島」。話題になった理由は、C国人がここを購入するとの話になったから(その後は不明)。その際にも、販売金額が明らかになっていますが、それ以前に普通にネット上でも売買情報が出ていました。


ウ離島 36,800m2/5億円




平米単価で見ると「1.3587万円(13,587円)/m2」と、先の有人島の土地より少し安いレベルで取引されているので、やや高いものの相場に近いレベルってことになります。つまり今回の馬毛島は「0.2万円(2,000円)/m2」と、実際にあった沖縄の「ウ離島」不動産売買の単価と比較すると・・・


1/7の破格の安さ!


そもそも馬毛島売買の当初の価格が安すぎただけです。マスゴミ様。

おそらく当初はボランティア的な良心価格だったのでしょうね。それを「3倍につり上げた」とかマスゴミが騒ぐのは筋違いなような気がしてなりません。そもそも「ウ離島」は使い道があまりないのに対し、「馬毛島」は使う用途が明確なので、逆にプレミアで高くなるところが「1/7」という激安価格。


大騒ぎするマスゴミの皆様。もう少し勉強してからお騒ぎくださいませwww

#ウ離島 36800m2/5億円(平米1.3587万円)


https://img.ritou.com/iriomote-uritou.pdf

#馬毛島 8000000m2/160億円(平米0.2万円)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/06-12:57 | 沖縄ニュース
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲