ページの先頭へ△

2021年11月29日

旅の荷物のコツ!長期間でも短期間でも通用します。

redleaf202111282831.jpg
redleaf202111282808.jpg

昨日の散策途中の光景。ホントは360度画像も良い感じで撮影できたのですが、いかんせん360度全て見えちゃうので場所のネタバレになるので今のところ非公開w

昨日も快晴の良い天気でしたが、とにかく沖縄感覚からすると極寒でした。でも昨日は沖縄でも天気が1日悪かったようですし、中でも八重山ではほぼ1日雨モード。気温も日中でも20度台と真冬よりも寒い状態でした。さらに風も強めで、日中の体感温度は10度前後。本土は日中なら15度以上のところも多かったみたいなので、昨日は石垣島の方が寒く感じたかもしれませんね。

ライブカメラで那覇の様子を見ていても、あまりに景色が「グレー」で寂しい限りでした。本来なら沖縄が色鮮やかな景色で、本土がグレーな景色の時期なんですけどね・・・

でも体感的には沖縄も本土も日中なら体感的な気温はそれほど差が無いので、離那覇から戻る際は意外と楽かも。いつもは沖縄では要らない服が荷物になって大変ですが、このままなら戻那覇しても服は荷物にならずに済むかもしれませんね。ただ今回の離那覇は期間が長いので、持ってきた服が異常に多いですが・・・(結局着込んでも荷物は多い)

ちなみに今回の離那覇はかなりの期間になりますが、荷物は2泊3日の離島旅行と大して変わりませんw

変わるのは持ってきたパソコンが小型か大型かの違いぐらい。服もそんなに量は大差ありません。むしろ離島旅行だとマリングッズとかが少なからず必要になる分、服以外の荷物は少なめなんですよね。そもそも私の旅の際の荷物、端から見ると「それだけ?」って言われるぐらい少ないんですよね〜。LCCに乗り慣れると、荷物を小さく(少なく)する習慣がついちゃますよね(今回は乗らないけど)。

荷物を少なくするコツはこんなところ。

#着替えは2日分のみでほぼ毎日洗濯する(着ている分を含めて3日分)
#洗濯してもすぐ乾く素材の服を選ぶ(綿素材は絶対に持っていかない)
#タオルは薄い温泉タオル2枚のみしか持っていかない
#タオルと服はビニール袋にまとめて圧縮する(空気を抜くだけでもok)



他にもいろいろあるけど、やっぱり衣類がかさばるので、これらをするだけでも荷物は半分ぐらいになると思います。ポイントは「徹底してポリエステル」かな?綿素材はかさばるし、重いし、洗濯してもなかなか乾かないので、徹底的に避けています。特にソックスは大きさも重さも乾きも、綿素材とは桁違い。普段の生活では綿素材のソックスも、旅の時は全てポリエステル系にしますね。確かに肌触りもクッション性も悪いけど、旅なら数日の我慢。何より洗濯の際の乾く速度が雲泥の差。

あとは余計なものは持っていかず、旅先で必要になったら買うぐらいの感覚も必要ですね。旅する前に必ず「要らないものリスト」を作ります。要るものリストは作らないものの要らないものリストは準備の際に最初に作ります。

余計なものを持っていかない。

これが旅の荷物のコツってことかな?(今回の離那覇は旅じゃ無いけど…)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/29-10:00 | 沖縄旅行/離島旅行

この冬の沖縄は久しぶりの平年並み?外出するより厚着の室内着w

nowc_hrpns_20211128203000_20211128203000.png

今日も沖縄は全域で雨モード。すっかり雨季の冬シーズンって感じですね。でも冬シーズンの雨の日は気温は高め。今朝も沖縄全域で夜明けまでも20度前後。平年なら日中の気温です。でも雨は強めで、特に八重山ではひたすら雨って感じっぽいです。反面、沖縄本島は薄い雨雲群がかかっている程度で、傘無しでもどうにか過ごせるレベル(夜明け前の状態なら)。

でもここ数年の冬の沖縄は雨が少なく、カラカラ空気の年が多かったものの、今シーズンはようやく平年並みの雨が多い冬に戻ったって感じです。ここ数年使っていなかった乾燥機も、今年は活用する機会が多そうだな〜(でもあまりに使っていないのできちんと稼働できるか否か…)。

ちなみに沖縄では1年を通して乾燥機は必須。なにせ夏は夏で雨が無くても湿度90%超と、洗濯物を外干しすると逆に湿気を吸い込むレベルです。そして冬は雨季なので雨が多いし、かといって夏と冬の間の時期(本土で言う秋や春の時期)は突然のスコールが多く、沖縄での洗濯物の外干しはホントに頭を使います。

沖縄では乾燥機と除湿機は必須アイテム。

でも除湿機は上手に使えば乾燥機代わりになるので、実際は除湿機だけで十分ですけどね。夏は熱風が出てくる除湿機なのでなかなか積極的には使いたくないものの、冬シーズンはその暖気が良い感じ。はたして今シーズンの冬の沖縄は平年通りの雨季(高温多湿)になるかな?

ちなみに那覇宅の室温は閉め切った状態で22度台。半袖1枚だとやや肌寒いものの、薄手の長袖1枚で十分過ごせる温度です。室内なので湿度も50%前後ですしね(外は雨モードもあって湿度80%前後)。


あとは今シーズンの冬の沖縄は気温がどこまで下がるかです。ここ数年は雨は少ないものの、気温は平年より遙かに寒い日が多く、洗濯するにはいいものの、生活するにはあまりの寒さに大変でした。なにせエアコンが冷房専用機なので、寒くてもエアコン使えず。さらに沖縄の建築物はコンクリート造が多く、加えて無断熱もあってコンクリートに冷気がこもって室内は屋外よりも寒くなり、結果外出時よりも室内で過ごす方が厚着w

さすがに室内でコートは着ませんが、フリースは完全に室内専用。外出ではフリースは暑すぎてまず着ませんが、室内では冬は常時着用って感じです。ちなみにそのコート。沖縄ではまず着る機会がありませんが、さらに冬に本土に行く際も那覇空港まで大荷物になってしまうので、沖縄でコートは本気で不要なんですよね。一応持っていますが、もう何年も着ていない・・・(クリーニング済みも何年も放置していると状態がどうなっているか怖いw)

冬の沖縄では室内はフリース、屋外はフード付きウインドブレーカーが最強です(雨が多いので)。

ちなみに今回の離那覇の際は、コートは沖縄でも使える薄手のものを持ってきています。あとは薄手のものを重ね着して寒さをしのいでいる感じ。厚手のものは荷物になるので那覇での移動で邪魔ですしね。でもコロナ禍のおかげか、首回りはバフのおかげでマフラー不要ですね。マフラーも沖縄ではまず使いませんが、バフは沖縄でのランニング時に必ず使うので、沖縄生活ではバフは重宝しますね。我が家にバフは3枚もあり、ファッションに合わせて使い分けも可能です。

しかしこのマスク・バフ生活。新たな変異種でまだまだ続きそうですね・・・(オミクロン株)。ヨーロッパで猛威を振るっているってことは、既に日本にも入ってきているんでしょうね・・・(南アフリカ→ヨーロッパ→アジア?)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/29-06:01 | 沖縄の服装/天気

2021年11月28日

そろそろ青い海も恋しい?那覇なら気軽に離島へ行けるはずも…

GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜遠景
gotoyoronyurifarwide2021.jpg


GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大
GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大


離那覇中に楽しんでいる紅葉や黄葉。沖縄ではほとんど望めないものですが、さすがに飽きてきましたw

そろそろ違った色の景色も見たくなりますね。例えば那覇市街のトックリキワタのピンク色や、百合ヶ浜の水色など「鮮やかな色」が見たいですね。紅葉や黄葉も良いのですが、色合いとしては「鮮やか」というよりも「やや色褪せた」感が否めませんので、沖縄や離島の鮮やかな景色をたまには見たくなります。

もちろん沖縄以外でもこの時期に鮮やかな色合いの景色を見ることも可能ですが、移動が大変。離那覇中で感じるのは、同じ地図を見てもスケール感が桁違いで、沖縄なら「歩いて行ける」という感覚の地図上の距離でも、離那覇中だととてもとても無理って感じになることしばしば(途中で諦めて公共交通機関利用w)。

沖縄や離島なら少し歩けばすぐ海に出れますが、離那覇中の場所はいつまで経っても海に出れない場所ばかり。出れても「海?」っていうか運河や港で、自然の海はなかなか望めません。まぁ那覇でも自然な海まで歩いて行くことはなかなかできませんが、隣の浦添市(カーミージー)や豊見城市(瀬長島)まで出れば望めますからね。


そろそろ山以外の自然に触れたくなってきています。
でも自然以外の「街」としては、正直那覇にはあまり戻りたくないですけどね。


利便性が良いのもさることながら、食材も豊富ですし、人も他人を気遣うので居心地が良いですし、特に車(ドライバー)は感動レベルで、信号の無い横断歩道を渡ろうとすると必ず車が停まってくれますからねw(沖縄だと停まらないどころかクラクション鳴らされる)。マスク着用率も沖縄の10倍以上で安心して街を歩けますしね・・・

そういう意味では沖縄って「住む(長期滞在)」より「旅する(たまに行く)」のがベターなのかな?って、離那覇中は考えさせられたりしています。

でも那覇在住だと朝起きて「今日は離島へ行こう」ってことができるのは最大のメリットなんですけどね〜。与論島をはじめとする奄美の離島も、朝6時までに決めれば行けちゃいますからね〜(那覇7時出航・6時半まで乗船必須)。

その自由さが那覇在住のメリット!

生活の自由か(沖縄以外)、余暇の自由か(沖縄在住)。今回の離那覇ではいろいろ考えさせられることが多い次第です。

GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜遠景GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜遠景


GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大




posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/28-13:33 | 逃避行

冬の沖縄は雨季!今日も宮古・八重山では完全な雨モード

「雨季」といえば、日本だと夏の「梅雨」をイメージしますが、沖縄だと雨季は確実に「冬」。実際に雨が降っている「時間」としては、沖縄では冬が最も長いと思います。なにせ沖縄の梅雨はスコールが多いだけで1日中雨ってことはまずありません。逆に冬の沖縄は1日中雨が降ったり止んだりする日が多く、まさに本土のシトシト梅雨の印象。

昨日から今日にかけての沖縄は、まさに冬の沖縄らしい雨季の様相です。

特に宮古・八重山が本格的な雨季の感覚で、昨日から周辺に雨雲群だらけ。活発な雨雲群は無いものの、小雨が降ったり止んだりを延々繰り返しているようです。でも雨の間の気温は高め。今朝も夜明け前の宮古・八重山は軒並み20度超。風もやや強めも暴風レベルではありませんので、意外と過ごしやすい空気感かもしれませんね。

反面、沖縄本島は雨は収まるものの、雨季の沖縄は雨の後に必ず暴風が吹き荒れることもあり、今朝の那覇は気温こそ20度近くあるものの、外の体感温度は「一桁台」と体感的にはかなり寒くなっています。

冬の沖縄は雨季で雨が多いことに加え、その雨が収まると暴風と、1年で最も旅行や観光するのに向かない時期(断言)。

ちなみに沖縄の冬の雨季は正確には「1月〜2月」ですが、11月ぐらいか雨季の気候になることもあります。とかく今年の気候は1ヶ月先に進んでいるので、この11月後半ので雨季開始はあながち間違っていませんね。

ホント、2021年はここまで全てにおいて「1ヶ月先の気候」になっている沖縄です(断言)。

#3月末にリアルな梅雨入り(平年は4月末〜5月上旬)
#5月初旬にリアルな梅雨明け(平年は6月上旬〜下旬)
#6月上旬に台風接近(平年は7月)
#9月に台風シーズン終了(平年は10月下旬)
#11月に雨季突入(平年は12月後半〜1月上旬)


でも1ヶ月先に進んでいても、冬の終わりが早くなる訳では無く、単に冬が長くなる、っていうか冬がさらに深くなる感じです。その「深くなる」というのは猛烈に寒くなるという意味。まぁ雨が降っているうちは寒さはそれほどでもないですが、雨季の最中に雨が降らずに晴れるときは、本土の冬のような寒さになることも多いここ近年の沖縄です。

その分(寒くなる分)、雨は少なく晴れることも多いですが、寒さに慣れない沖縄生活であの本土並みの寒さはキツいです。その影響で冬の沖縄の定番「桜(カンヒザクラ)」も花付き悪かったですからね。

やっぱり沖縄でも本土でも「平年並み」が一番です(結論)。

まぁ平年の冬の沖縄は常に曇っていて雨も多いものの、気温は常時20度前後と生活するには過ごしやすい時期。反面、観光するには雨が多いので最悪な時期ですが、2021年-2022年の沖縄の冬はどっちになるんでしょうね。。。

<午前6時台の雨雲レーダー(リンク先で最新情報)>
nowc_hrpns_20211127210000_20211127210000.png
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/28-06:10 | 沖縄の服装/天気

2021年11月27日

沖縄は平年並みですな。11月後半は初夏と真冬が日替わりでやってくる時期。

redleaf202111262767.jpgredleaf202111262727.jpg

沖縄以外からの読者の方には申し訳ありませんw

いかんせん、沖縄生活だとこんな感じの「紅葉(黄葉)」は絶対に望めないので、この時期のこの景色はリアルに珍しく感じてしまうのです(本土の方だと珍しくもなんともない光景)。現に昨日の散策時もこんな感じの写真を撮っている人は1人もいませんでしたからねw

でも紅葉も黄葉もまだピーク前で、完全に色づいてはいませんでした。ピークがいつ頃なのかさっぱり分かりませんので(沖縄に住んで長いので)、しばらくはこんな感じの光景を毎週のように撮りまくっているかもしれません。まぁ写真はそんなにアップしないようにしますのでしばらくお付き合いいただければと思います。


ちなみに昨日の離那覇中の場所は、とにかく良い天気でまさに絵に描いたような「雲一つ無い快晴」。おかげか日向では沖縄とあまり変わらず暑さも、日影に入ると一気に沖縄ではあり得ない寒さになりますね。

沖縄も寒さのピークは越えたみたいで、一昨日(木曜)は日中でも20度ちょっとの真冬の空気感だった那覇も昨日(金曜)は「最高気温24.7度」とあわや夏日。波照間島では午前10時台で「最高気温26.6度」を記録したようです。

<昨日(金曜)の沖縄各地の最高気温>
#波照間島26・6度
#下地島26・5度
#宮古島25・7度
#石垣島25・4度
#西表島25・3度
#那覇24・7度
#多良間島24・7度
#北大東島24・6度
#久米島24・3度
#与那国島24・3度



しかし冬シーズンで気温が高い時は必ず「雨」になりますけどね。昨日も宮古・八重山で雨が降ったり止んだりだったものの、沖縄本島では晴れベースでしたが、今朝は沖縄全域に雨雲群がかかっているようです。

っといっても冬シーズンの雨なので、1日中雨ということはまずなく、雨が降ったり止んだりを延々繰り返しているだけで、実際は降っていない時間の方が長そうです。なにせ冬シーズンの沖縄は「雨季」ですので、今日の沖縄はまさに「冬」さながらの天気かと思います。そしてこの雨が収まって風が強くなると一気に真冬の空気感へ。外の体感温度は10度未満になってしまいます。

でも予報では雨は今日の朝だけで、日中こそ曇りがちなものの、明日の日曜日は晴れ予報。今週末の沖縄は外でのレジャーは土曜を避けて日曜日がベターかな?

離那覇中の場所は土曜も日曜も良い天気っぽいですが、土曜は仕事で日曜は1日ダラダラ凄そうかと思います。そーいえば週末(日曜日)は毎週のように遠出していたのでたまには体を休めないとね。いかんせん、離那覇中の場所は沖縄では体験できないものが多くて、ついつい・・・(無理しちゃう)

weekendtozan202111142381.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/27-06:01 | 沖縄の服装/天気

2021年11月26日

今の離島はキャンプに最適!逆に真夏はおすすめできないかも?

やっぱり昨日の沖縄は本島エリアと宮古・八重山で季節の境界線があったみたい。日中でも八重山ではあわや「夏日」の24度台まで気温上昇したものの、沖縄本島では那覇でギリギリ20度を超えたものの、広範囲で20度未満と、まさに「真冬」の空気感。しかし相変わらず大東島エリアだけは夏模様で、宮古島エリアより気温が高かったようです。

大東島はキャンプもできるので、この週末にキャンプに行ったら気持ちよさそうだな〜。

<去年の南大東島キャンプ>
campminamidaito2020DSC03837.jpg

夏は夏で超暑いので、正直なところ沖縄でのキャンプはイマイチで、逆に冬は気温こそ快適なものの冷たい北風が吹き荒れるので沖縄でのキャンプは結構寒いんですよね。そして春先(初夏)の3月前後は雨が多いし、この11月ぐらいが沖縄でのキャンプのベストシーズン。

去年は10月にチャレンジできましたが、今年はキャンプは1回もできないまま終わりそうな感じです。まぁ夏の奄美でキャンプまでいきませんが、それに近いことはできましたけどね。

でもキャンプ道具って丸々1年使わないと、いろいろ不具合が出やすいんですよね。もちろん部屋の中でテントを仮に組むだけでも良いのですが、それやっちゃうと変な虫の死骸とかいっぱい出てきそうでさすがに室内でテントを開くのは恐怖w(とかく沖縄でのキャンプは虫だらけになる)

ちなみに我流キャンプスタイルは、調理器具は一切使いませんので、そっちのメンテナンスは不要なだけ楽ですけどね。テント・シュラフ・ランタン程度のメンテで済みますが、そのテントとシュラフが何より虫の温床。畳む際に干したり叩いたりしても少なからずの虫は残っていますからね〜。

ってことでそのテント開梱は来年のキャンプまでとっておきますw

<去年のラストキャンプ>
campkumejimaDSC05320.jpg

その前に離那覇中の那覇宅。テント状態になりつつあります。なにせ3週間以上の窓もドアも開けていませんからね。でも沖縄の住宅ってとにかく「隙間」が多いので、閉め切っているはずなのにどこかしらで空気が出入りしています。その結果、閉め切っているはずなのに室温は外気温とほぼ同じ。まぁ沖縄の建物の断熱性能がほぼ皆無なのもありますが、結果的に24時間換気はできているので長期間閉め切っていても意外と安心です。むしろ留守中に嵐になった方が恐怖で、隙間から雨が吹き込んでこないか心配になりますけどね。

どのみち留守中の那覇宅には防犯カメラもありますし、室温や湿度のモニタリングもできますので、常時チェックはしていますが・・・
(今朝の室温20.2度/外気温19.6度)

ちなみに離那覇中の場所は「常時空調」なので外気温がどうかは外に出ないとわかりまへん。そういう意味では室温の上下動が激しいですが、那覇での生活の方が楽ですね〜(室温≒外気温)。でもまだホームシックにはなっていません!サーターアンダギーも代替に美味しいパン屋のパンを食べていますし、それ以上に食材が豊富なので沖縄よりも食は充実しています。

今日は外出がてらに「激安スイーツ」をgetしてこようと思いますw
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/26-06:27 | 沖縄離島情報

2021年11月25日

小さな離島なのに空港と集落では気温差6度!その距離わずか4km

な〜んか沖縄本島エリアだけ異常に寒そうですね。宮古・八重山では最低気温で20度前後もあるのに、何故か沖縄本島ではそれより4度から5度も低い今朝の気温。那覇で「16.0度」、名護で「14.4度」、そして久米島では「13.7度」まで気温が下がっています。ちなみに波照間島では今のところ最低気温「21.6度」と、同じ沖縄県内でも波照間島と久米島では「8度近く」も気温差があります。

最低気温21度台は夏模様の空気感も、最低気温13度台は真冬より寒い空気感。那覇の室温も閉め切っているのに「20度台」と、室温としては猛烈に寒いです(快適な室温は24度前後)。まぁこの寒さは本土の方が強烈で、各地でこの冬一番の寒さらしいので、その寒気が沖縄本島エリアまで南下していて、宮古・八重山まではギリギリ届いていないって感じかな?

ちなみに沖縄本島にも宮古・八重山エリアにも気候が属さない大東島エリアは、ちょっとおかしな状態になっています。特にアメダスポイントが2ヶ所ある南大東島。島の東側にある南大東空港では最低気温19度台なのに対し(宮古・八重山レベル)、島の西側にある南大東集落では13度台(沖縄本島レベル)と、同じ島なのに「気温差6度」もあります。

その距離わずか「4km」

minamidaito_map750.png

本来なら吹きさらしの空港の方が気温が低く、内陸の集落の方が気温が高めのはずの南大東島だけになんか変な状態になっています。まぁ大東島の集落は「盆地」のようになっているので、その地形の影響もあるかもしれませんが、それにしても小さな島の中でここまで気温差があるのは珍しいです。ちなみに狭いエリアに2つ観測点がある那覇では、那覇市街で最低気温16.0度も、那覇空港では16.6度と大して変わりません。

まぁどっちにつけ、宮古・八重山を除けば沖縄本島エリアは広域で「寒い(この冬一番の寒さ)」ということには変わりませんけどね〜。

といっても日中は沖縄本島でも大東島でも予想最高気温24度と初夏の陽気。むしろ宮古・八重山は気温こそ25度超の夏日予想も天気的には今日はひと雨あるとのこと。この時期の沖縄は寒い時は晴れ、気温が高めの時は雨になるのがセオリー。その通りの気候になるだけかもしれません。

なので今日の那覇の日中は晴れそうなので、ライブカメラも良い感じの明るい景色になりそうです。

<リアルタイム沖縄那覇ライブカメラ>


ちなみに離那覇中の場所は天気的には良い感じ。写真は昨日の朝ですが、今朝も同じような感じの好天になっています。ただ寒さは強烈も、室内空調で今のところは無問題。あとは外出時にどれだけの寒さになるかですね。幸い、日の出時間は沖縄より遙かに早いので、日差しサンサン浴びながらの外出はできそう。

そーいえば今週は一昨日(火曜)が祝日で、明日の乗り切ればもう土日。先々週は登山、先週はマラソン大会、今週末は今のところ予定無し。ゆっくり休むかな?

<昨日の離那覇中の朝>
sunrise202111242684.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/25-05:16 | 沖縄離島情報

2021年11月24日

いよいよ沖縄も本格的な冬?でも運動するには最高かもね。

今朝の沖縄は軒並み20度未満。しかも湿度が50%前後と、日中でもなかなか無いほど空気が乾燥。体感的には気温よりも寒い朝を迎えているようです。ただ風は平均風速で5m/s前後とそれほど強く無いのが幸いも、半袖1枚ではちょっと無理な空気感です。まぁ11月も後半に入れば本土とかではコートですからねw

そしてその本土はまさに「この冬一番(この秋?)」の寒さなようで、雨雲レーダーで雲の分布を見るとまさに「真冬の雲」って感じ。日本海側に冬の雲がびっちりって状態ですね。もしかすると本土の日本海側では雪になっている場所もありそうな雰囲気ですね(北海道や東北北部など)。

ただ本土の寒気は沖縄までは届いていないようで、空気が乾燥しているものの、気温がまだ20度近くもあるので(真冬は15度前後)、まだ真冬の空気感までは至っていないようです。これなら日中も程よい空気感かもしれませんね。12月も近くなるので、そろそろ那覇市街の街路樹でも「トックリキワタ」のピンク色の花が望める場所もありそうだな〜。



といっても離那覇中なので、那覇市街のトックリキワタの開花状況を確認する術はありませんが、まぁ年内は各所で開花するので望めないことはないと思いますけどね。そしてトックリキワタが終わると(年明け)、いよいよ「桜」の季節になる沖縄です。沖縄での桜の開花は1月中旬以降で那覇での最盛期は2月。その代わり、その1月・2月の沖縄は1年で最も寒い時期になりますけどね・・・

はたして離那覇中の寒さになれた状態で戻那覇すると、沖縄の空気感をどう感じるか!?

おそらく外の空気は温暖に感じるものの、室内は断熱皆無の沖縄の建築に加え、さらにエアコンに暖房が無いこともあって沖縄の方が寒そうな気がしますね(離那覇中は自動空調なのでなおさら)。ちなみに今朝の那覇の室温も、昨日の朝までは25度もあったのに今朝は21度と閉め切っているはずなのに一気に4度も室温が下がっています。外気温は遙かに離那覇中の場所の方が低いですが、室温は明らかに高いですね〜(室温21度は体感的には極寒レベル)。

まぁ那覇は西向きなので、天気がよければ西日がいっぱい差し込んで午後以降は超温暖になりますけどね(夜も)。離那覇中の現在は気候的に沖縄が恋しくなることはありませんが、そろそろサーターアンダギーは食べたくなってきましたね。戻那覇したら真っ先に「呉屋」行こうかなw

まぁ食に関しては那覇があまりに食材の数も質も少ないので、離那覇中の方が食は満喫できていますけどね。逆にいかに「那覇の食材がダメダメ」なのかを痛感している次第です。特に「量」に関しては沖縄の食材企業の「せこさ(ケチさ)」を痛感している次第です(そのうちレポートします)。食材に関しては「沖縄の方がいいな」って思うものは皆無でございます。

強いて言えば朝ランは沖縄の方が温暖で楽だな〜
(離那覇=肌を一切露出させない服装・那覇=半袖半ズボン)

特に今朝は那覇と離那覇の気温差は強烈。運動したくなくなる気温でございますw(寒すぎる)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/24-05:37 | 沖縄ライフ

2021年11月23日

360度画像で某離島の展望台へバーチャルトリップ!

離那覇中で沖縄らしい光景を自ら望めない状況ですが、そういうときは自ら撮影した「360度画像」で自らバーチャルトリップ!

・・・そもそもリアルにトリップして撮影したものですがw

今回は某離島の絶景展望台からの景色をお届けします。静止画だと味わえないバーチャル感を、360度画像ならグリグリ動かせて景色を楽しめます。さらにポイントも3つ。といっても2つは意味があるポイントも、最後の1個は展望台のど真ん中からの光景で、たしかに展望台の雰囲気は味わえるものの、まさかの景色!?

あとはこの記事に組み込んだ360度画像でお楽しみ下さい。





定番の光景は360度画像なら見る角度も変えられますし拡大・縮小も自在なので良い感じのアングルを自分で決めて楽しめます。島到着時はどんより曇っていたものの、展望台到着時はまさかの晴れ模様。360度画像も良い感じのものが撮影できた次第です。





定番の光景は展望台南側ですが、反対の北側景色も意外となかなか良い感じ。遠くに左から外地島・慶留間島・阿嘉島・座間味島が見えています。さらに某離島の西岸も望め、景色的にはこっちの方が楽しいかも。でもやっぱりビーチが望める南側の景色の方が人気なんですよね〜。





最後は展望台の真ん中にある柱からの撮影。しかし三脚などで底上げなしでの撮影だったので、まさかの景色は一切望めない結果。でもコレはコレで滅多に見ることができない光景なのである意味「あり」かな?とも思います。展望台の奥行きを好きなだけ楽しめますw


ちなみに今回は新たな試みでの撮影。通常は360度カメラを手に持って撮影し自分が映り込むのであとで補正しますが、今回は「タイマー」利用しての撮影なので映り込みの補正無し。でも撮影ボタンを押した後、2秒以内にアングル外へ避難。端から見たらちょっと恥ずかしい状態です。最初の2つは柱の陰に隠れ、最後の1枚は階段下りて隠れていますw

このタイマー撮影はなかなか便利なものの、強風でカメラが倒れたら撮影失敗だけじゃなく、カメラレンズを傷つけてしまうので、かなりの注意が必要。三脚を立てるとその三脚が変に映り込むので、今回はいろいろ考えて「重し」を付けて撮影。特に気になる映り込みも無く成功したと思います。ただ置いての撮影になるので全般的にアングルが低めになっちゃいますね。先の展望台中央からの映像も、アングルが高ければ景色も写ったんでしょうけどね・・・


とにもかくにもこれだけでも十分離島へバーチャルトリップできるかと思います。まだまだ某離島での360度画像はいっぱいありますので徐々にアップしていきますし、さらに離那覇中の360度画像も今後追加していきますのでご期待下さい。

360度画像をもっと増やして、ホムペの離島情報でも閲覧できればさらにホムペが楽しくなるんですけどね。しかしホムペには観光情報だけでも何千ポイントもあるので全ての場所で360度画像を撮影するのはさすがに無理。徐々に徐々に長い目で情報充填して行ければと思います。

まずは某離島の展望台からの絶景と展望台そのものを、バーチャルでお楽しみ下さいませ。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/23-15:20 | 360度画像/動画

昨日今日の沖縄はまさに10度気温急降下!でも徐々にスッキリ空模様

今日は勤労感謝の日。色づく木々を眺めてゆっくり休みましょうw

でも今日の沖縄は必然的に休みたくなる気候のようで、昨日の最高気温が27度台に対し、今朝は17度台と「10度近くも気温が急降下」(沖縄は1年を通して1日の中では3〜5度前後しか気温上下せず)。さらに風も冷たい北風に変わり、那覇では「最大瞬間風速20m/s超」と台風レベル(台風強風域は22.5m/s以上)。つまり最低気温17度台でも「外の体感温度は5度とか6度」ということになり、さすがの南国沖縄でも今朝は真冬の季節案のようです。

ってことで今日の沖縄は室内でゴロゴロするのが一番でしょうね。まぁその室内も暖房(エアコン)がないと居心地が良いとは言えないかもしれませんが・・・

ちなみに昨日の沖縄は激しい雨の時間もあったみたいですが、基本的に小雨が降ったり止んだりと、まさに雨季の冬の天気。今朝も同じ状況が続いていて、今のところスッキリとした天気にはならないっぽい。そういう意味でも今日は仕事を休んでゴロゴロするのがいいんでしょうね。

反面、昨日嵐だった本土は雨雲群も抜けて、今日は「台風一過」ならぬ「嵐一過」とスッキリした空模様になるとのこと。個人的には今日は休養日だったのですが、午前中だけでも日差しを浴びに外に出ようと思っています。なにせ昨日はほぼ1日室内にこもっていたので、日光浴してスッキリしたいですからね。ただ日曜日の「1日5000kcal消費」のダメージが色濃く残っていて、アクティブには動けそうにないかも。そういう意味では沖縄同様に離那覇中の場所でも大部分はゴロゴロ過ごすことになるかな。

まぁ勤労感謝の日ですから・・・w

でも今日は午前中だけプチ外出予定。なにせ今の離那覇中の場所は、紅葉っていうか黄葉?が見頃ですからね。沖縄は1年中温暖(体感温度は本土並みでも気温そのものは高め)なので、木々が赤色や黄色に色づくことはほとんどありませんから紅葉や黄葉で色づく木々はホントに新鮮です。

<離那覇中の黄葉>
redleaf202111222654.jpg

もちろん沖縄でも離島の高台へ行けば紅葉らしい木々も探せば見つかりますが、気温的に1年中緑一色。やっぱり紅葉・黄葉は「モミジ」や「イチョウ」が最高ですよね。といっても離那覇風の場所ではどこがその名所かさっぱりわかりませんので、望めたとしても偶然の産物。先の黄葉もたまたま近道で通過した場所のものですしね。なので今日のプチ外出はデジカメは持たず(スマホカメラありますし)、360度カメラのみで思いついたら撮影するって感じでのんびり休養したいと思います。

でも沖縄もどんより曇るのは今日までで、明日以降は晴れる日も多くなり、気温も初夏の陽気に戻りそうです。といっても次の週末が11月最後の週末。来週後半以降はいよいよ本格的な冬シーズンの「12月」になりますね。沖縄も徐々に冬の空気の日の方が多くなりそうです。はたしてこの冬の沖縄の気候はどっちになるのかな・・・(本土のように晴れるけど極寒or従来のような温暖だけど不安定な天気)

<10月末の離島の紅葉>
redleaf202110281731.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/23-06:00 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲