ページの先頭へ△

2019年10月21日

綺麗な夕焼け!台風が最も接近しているはずなのに・・・

sunset20191020w4456.jpg
昨日の台風20号最接近中の沖縄。まさに台風の中心が最も近い場所にある・・・はずなのに、この夕焼け。むしろ雨は最接近前の方が激しく、雨台風らしく中心の北側(最接近前)だけでしたね。一応風もまとめておきます。

#台風20号の最大瞬間風速
#南大東島 28.5m/s
#北大東島 27.8m/s
#渡嘉敷島 16.9m/s
#那覇市街 14.4m/s
#喜界島 15.4m/s

って感じで、大東島のみ台風らしい風ですが、それでも30m/s以下なので大した影響はないレベル。沖縄本島に至っては冬時期の風程度で、台風って感じでは無かったです。逆に台風が雲を持って行ってくれ、最接近時はそれが顕著で夕焼けもキレイになりました。

気象庁からは「予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄25m/s(35m/s)、奄美20m/s(30m/s)」で、実際はこのてーど。台風情報は机上の空論だけじゃダメですね。現地で空気を肌で感じないと!さらに・・・

「気象庁は20日、強風や高波、土砂災害や低地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けた。」

だそーです!しかし現実は、台風20号最接近時にこの夕焼けショーw

おいおい・・・

台風20号直後というか最接近中に雨どころか夕焼け!



















posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/21-09:54 | 沖縄ライフ

台風20号の沖縄本島への影響軽微。しかし本土の明日の式典への影響甚大?



まずは台風20号。昨日、沖縄本島と大東島の間を通過するも、沖縄本島では正午過ぎに激しい雨はあったものの終日風は弱く、夕方には晴れて綺麗な夕焼けを望めるほど。しかしその夕方が台風20号の沖縄本島最接近のタイミングだっただけに、やっぱり台風中心の西側は影響が軽微でした。反面、台風中心の東側に位置する大東島では、南大東島で最大瞬間風速29.5mを記録も、沖縄では30m以下の風なら許容範囲内。特に被害も無かったと思います(停電情報も無し)。

今回の台風20号の特徴も、台風19号同様に中心北側に活発な雨雲群を伴う「雨台風」のようで、沖縄はその雨雲群が上手く本島と大東島の間を抜けたので、影響も軽微だったと推測されます。

しかしその活発な雨雲群。西日本の太平洋側へ向けて徐々に北上中。既に四国の南沖まで来ており、今後の台風の進路次第では四国・紀伊半島・東海エリアで激しい雨になる可能性もあります。そして関東もまた激しい雨になるかもしれません。

毎回同じことを書きますが、本土の太平洋側で北側や西側に高い山があるエリアは、他のエリアに比べて猛烈な豪雨が続く恐れがありますので、台風進路なんて無視して、雨雲レーダーでその活発な雨雲群の位置を常に把握しましょう。もちろん、備えあれば憂い無しなので、今日中にできる対策を全て施し、豪雨再来に備えていただきたい次第です。

とりあえず台風20号が先に接近した沖縄から見ると、今回も「雨台風」のようなので、養生テープのような無駄な「風台風対策」はせず、土嚢や隙間の目止めなど「雨台風対策」を万全に行い、あとは通過まで耐えましょう。


しかしその台風20号通過後も台風21号の影響が・・・

今のところ日本への接近はしない予想進路になっていますが、先の話のように台風の北側に雨雲群を伴うので、関東太平洋側への影響があるかもしれません。なので台風20号で施した台風対策は台風21号が通過するまでそのままにするのがおすすめ。また台風21号の進路も台風20号に引っ張られて本土寄りを通る可能性もありますので、とにかく日本海域から台風が消えるまでは常に台風対策を施した状態で過ごしていただきたい次第です。


ただ個人的に気になるのは、米軍情報にも未だに出ていないもう1個の気になる雲

徐々に沖縄方面へ向かってきているんです。しかもタイミング的には週末前に沖縄近海まで来そうで、今週末は1年で最も楽しみにしている「沖縄の産業まつり」開催。2年前のような台風で3日間すべて中止のような事態は、もう勘弁して欲しいものです(あのときは泣きそうだった…)。

でも米軍情報に出ていないと言うことは、雨のみのプチ台風かもしれませんので、雨だけならイベント開催は問題なし(風があるとテントが飛ばされるので中止)。どうかそのまま発達せずに沖縄海域を通過して欲しいと願う次第です。


実は、それ以上に気になるのが、台風20号の本土接近タイミング。当初は台風20号が本土接近するのは「10/23」だったので、明日の「即位礼正殿の儀」はギリギリセーフかと思っていましたが、台風20号は昨日から今朝にかけて猛烈にスピードアップ。当初の予想の倍の早さで本土接近中。もろに式典が行われる「10月22日」に本土最接近しそうな状況になってきました。パレードはもともと延期になっていますが、式典は予定通りとのことなので、無事に行われるか否かが一番心配です。しかも明日は国民の休日になるので、なおさら台風20号の動向が気になります。

台風20号にはさらにスピードアップしていただき、明日の式典前には関東の東に抜けていることを切に願います!!!


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/21-08:49 | 沖縄台風/災害情報

2019年10月20日

昨日の朝焼け以降、ずっとグレーの那覇の空。台風20号接近中!

那覇〜台風前の赤い空
那覇〜台風前の赤い空


那覇〜台風前の橙の空
那覇〜台風前の橙の空


既にこのブログでもアップしていましたが、昨日の朝焼けの大きな画像をアップ。昨日の夕焼けも、そして今朝の空も全く色づかなかったので、まさにこの朝焼けが台風前ラストのものになりました。つまり綺麗な空模様のピークだったってことですね。

一瞬だったけど、真っ赤に色づく光景はキレイだったな〜。

そーいえばここ最近の朝焼けも夕焼けも、雲が少なくて焼けることがあまりなかったですし、焼けても色が薄めで感動もイマイチ。昨日の朝の赤色は久しぶりの濃い空模様でしたね。まぁ夏シーズンもそろそろ終わる沖縄なので、空の色も徐々に薄めになってくる時期。そういう意味では昨日の朝焼けは貴重なものだったのかと思います。


そして今日の沖縄。午前は読み通り雨無しで外出も無事にできました。しかも風がほとんど無く、ホントに台風来ているの?って感じ。

しかし正午前に状況が一変。猛烈な雨が降ったり止んだりしています。といっても台風外側の雲がかかる程度で、本体の雨雲群は沖縄本島と大東島の間にすっぽり収まっています。結果、沖縄本島も大東島も、今のところ降っても普通の雨程度。このまま本島にも大東島にも接近せずに北上してくれるとうれしいですね。

ただ沖縄を通過後、奄美大島や喜界島に台風北側の活発な雨雲群がかかる恐れがあります。その後も本土の太平洋側への影響必至で、台風19号の時にかなり似た状態になりそうです。毎回同じことを書きますが、本土でも西や北に高い山がある地域の方は、猛烈な豪雨に警戒していただきたい次第です。そして河川の増水もふたたび。

まぁ台風19号であれだけの水害を目の当たりにしていれば、今回の台風への備えは大丈夫だと思いますが、備えあれば憂い無し。

本土への影響は10/22〜10/23あたりにありそうなので、どうかこの週末で対策を万全にしておきましょう。前回の台風19号の際は水害の恐れがあるのに、多くの方が暴風対策ばかりしてしまったので対策が不十分でしたが、今回は19号に引き続いて水害の危険性が高いので、前回のものを教訓に万全の対策を施しておきましょう。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/20-12:36 | 沖縄ライフ

台風20号は沖縄接近後関東接近?台風21号は東沖へ抜けるも関東へ影響あり?



台風20号の位置からしても、気象衛星の雲の画像からしても、どーーー考えても雨モードのはずの沖縄本島なんですが、全然雨、降っていません。しかも風もそれほど強くなく、空気感だけをとって見れば、台風モードとはほど遠い状況です。

まぁ中心気圧が970hPaなので、それほど猛烈では無いですし、どうやら当初の懸念とは違って「雨台風」に変わったみたい。沖縄本島は中心の西側に位置するので、雨台風だとかなり接近しない限り雨にはならないかもしれません。

風台風だとこの距離なら、とっくに猛烈な風が吹き荒れますが、本土近海にあった前線の雨雲を取り込み、雨台風の性質になったみたいです。反面、北に延びる雨雲群が広大になり、既に本土まで到達しているものもあります。このタイプは先の「台風19号」にとても近いものなので、今回も本土は「水害」に要警戒です。


しかし本土は台風20号だけじゃ無い!


台風21号。よーやく気象庁からも台風認定。名前は「ブアローイ」。タイの言葉で「お菓子の名前」だそうです。今のところ、この季節らしい東へ抜ける進路になっていますが、沖縄への影響は無いと思いますが、本土は台風20号の影響で進路が大きく変わることもあり、油断は禁物です。また先に接近する台風20号の雨雲群との干渉で、台風21号も北側に雨雲群を発達させる可能性があるので、こちらも水害には要警戒です。

この先1週間の本土は、ほぼ毎日台風に備える必要がありそうです。どうかこれ以上の水害にならないよう、台風20号も台風21号も、影響が少ない進路を進んで欲しい次第です。そして可能な限りの台風対策(水害対策)を十二分に備えて、先の台風19号の時のようなパニック状態にならないよう、冷静に対応願いたい次第です。台風対策は過剰なほど行うのが鉄則。少しでも甘くみると、そこから一気に被害が広がります。


ちなみに今朝の沖縄。先の話のように、奇跡的に雨無し。その理由は沖縄接近前に南の海上で旋回。急激にスピードダウンしました。結果、沖縄本島の一歩手前で雨雲群が昨日から停止している次第です。おかげで沖縄本島は雨無しで助かりますが、反面、一度雨になると猛烈なものが延々続くと言うことにもなりかねません。今日の沖縄はその雨のタイミングの読みが重要。午前いっぱいもつか、はたまた午前の早い時間から雨になるか、まさかの午後も雨無しか?

個人的には午後はNG、午前の早い時間ならまだ雨はOKと予想。買物は午前の早めの時間に済ませたいと思います。なにせ今日は日曜日。スーパーの朝市開催(笑)。さらにイオン系スーパーはお客様感謝デーで「5%オフ」w(主夫/主婦してまーすwww)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/20-08:26 | 沖縄台風/災害情報

2019年10月19日

米軍情報で台風21号認定。もはや台風シーズンピーク以上の日本海域!!



もはや台風シーズンピーク以上の状態になりつつある日本海域の気象。

「台風20号」は沖縄にかなり接近しそうで、下手すると沖縄本島にも直接的な影響も出てきました。さらに沖縄海域を通過後も、本土にさらに近い予想に!?台風ってその直前のものと同じ進路をたどることが多いので、昨日から今朝にかけて本土を縦断した「プチ台風」と同じような進路を、台風20号はたどっていくかと思います。本土の方も台風20号には十分警戒していただきたい次第です。沖縄接近時に雨台風か風台風か明確にわかると思いますので、適切な準備をお願いいたします。


そして本題「台風21号」


米軍情報では正午には台風認定。気象庁でも1日遅れで台風のタマゴ扱いとして台風情報に出てきましたが、こちらは全ての情報が遅いので、台風認定までは時間がかかると思います。なので台風の名前などは先に出しておきます!


台風21号「ブアローイ」
・・・タイの言葉で「お菓子の名前」だそうです。


ちなみに先の台風20号は、法相辞任のタイミングばっちりの名前で韓国の言葉でタヌキこと「ノグリー」。今回はお菓子の名前なので甘そうですが、進路は甘く無さそうです。なにせ米軍予想では・・・


「本土一直線?」


でも米軍情報の最初の予想は、先の台風20号もそうでしたが大きく変わる可能性がありますので、まだわかりません。むしろ台風20号の進路次第というところもあり、台風21号はその後を追っていくかと思います。

しかし台風19号とそっくりな予想進路は、確かに甘さは感じられません。台風20号が本土に近づけば、台風21号も近づく可能性が高いですし、逆に20号が本土から遠い場所を通れば、21号も遠くを通るかも?


2つとも外れるか、2つとも接近するか!?


さらに米軍情報にも出ていない、マリアナ諸島西の「気になる雲」も個人的にはまさに気になる次第です。なんなんでしょうね〜。台風シーズンピークのような、イヤ、それを超えるこの日本海域の気象状況。

台風ブログは来週末まで確実に続きそうです・・・



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/19-13:19 | 沖縄台風/災害情報

台風前の朝焼け・夕焼けはキレイ!でもキレイということは台風接近必至?



台風前の朝焼け・夕焼けはキレイに焼ける!

まさに今朝の那覇はそのセオリー通りの、真っ赤な朝焼けでした。でもほんの一瞬で消えてしまい、この色合いが望めたのはラッキーでした。まぁこの朝焼けを見る前はもっと真っ赤だったかもしれませんが、それでもこの雲をキャンパスに描かれた赤いラインはとってもキレイでした。

しかし綺麗な朝焼けや夕焼けが望めると言うことは、台風の影響が今後ある証拠。

台風20号。予想進路だと沖縄本島へ接近する前に旋回し、大東島方面へ向かうとのことでしたが、な〜んか沖縄本島へ向かってきているような気がするような・・・

一番イヤなのは、接近するだけ接近しての旋回。旋回中はスピードダウンしてしまうので、台風の猛烈な部分が延々同じ場所にかかってしまいますからね。今回の沖縄本島はその旋回のイヤなタイミングでの接近になるかもしれません。むしろすぐ近くまで来る大東島の方が、一過性で済むので、影響がすくなくなるかもしれません。

ホント、台風って中途半端な接近が最も面倒です。むしろど真ん中に直撃した方が、影響する時間が短くなる分、楽だったりします。

予想では明後日の月曜日に沖縄本島最接近となっていましたが、影響は明日から出てきそうです。下手すると今日から多少なりの影響もあるかも?明日の日曜日は、あまり遠出せずに近場で済ませたいと思います。

でも朝ランはするかな〜(雨が降っていなければ)。




sunrise20191019s4420.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/19-11:32 | 沖縄ライフ

台風20号は沖縄へ接近後、本土へも影響必至!そして台風21号も間もなく?



ホントに、10月16日に発表した、ウェザーニュース社の「熱帯低気圧(台風20号)は日本接近無し」って言ったの誰?って感じです。あの時点でも沖縄県民とすると、少なくとも沖縄には接近すると思っていたのに加えて、昨日、そして今朝の米軍の進路予想。ついに本土へ影響が出る進路になっていました。

本土直撃はなくとも、台風19号同様に台風北側には活発な雨雲群を伴いますので、この進路でも本土の太平洋側は大きな影響を受ける可能性があります。むしろ進路から少し離れた方が暴風雨が超時間続くので、この予想進路通りだとかなり本土の太平洋側はヤバそうです。

ただ今回の台風20号。沖縄近海にいる段階では「風台風」っぽい。

風台風だと、その中心が近いエリアは猛烈な暴風雨になりますが、影響範囲は狭くなる傾向。今回も沖縄では本島・大東島への影響があるものの、宮古・八重山はむしろ晴れる可能性もあります。風台風は周辺の雲を持っていくので、少しのエリアの違いで状況は大きく変わります。


なので大東島はかなりヤバいです・・・


予想だと台風20号は沖縄本島と大東島の間を通過しそうですが、台風の中心東側は猛烈に荒れるので、そこに位置する大東島は猛烈な暴風雨になる可能性があります。ただ大東島は北も南も、「幕」と呼ばわる岩山に島が囲まれており、集落はその内側にあるので、猛烈な台風でも岩山がかなりガードしてくれます。加えて台風銀座とも呼ばれる大東島だけに、対策も万全。難なくやり過ごしてくれそうに思います(願っています)。


むしろ問題はやっぱり本土。


先日の台風19号も、雨台風と風台風との見極めができなかったみたいで、台風19号の時も台風15号と同じ風台風用の対策(養生テープなど)をして、雨台風の台風19号には無力だった部分も多く見受けられます。もちろん今回の台風20号が風台風と決まったわけでもありませんし、本土接近時にパワーダウンしている可能性もあります。

風台風だと海が猛烈に荒れ、確か来週末って「新月」前だったと思いますので、今回も異常潮位に警戒が必要です。また暴風とともに津波レベルの高波になる可能性もありますので、今回は「陸(河川)」より「海」に警戒が必要かも知れません。

まぁ本土の場合は、台風の中心がそれほど接近しないと思いますので、直接的な暴風は吹き荒れないと思いますが、高波は台風の中心が遠くても到達しますので、今回の本土は海沿いエリアならびに河川でも河口エリアの方は要警戒かと思います。少しでも陸地から離れたエリアを台風20号が通過することを願っています。


しかし台風20号で台風シーズンは終了では無い・・・


マリアナ諸島東の気になる雲。間もなく米軍情報で台風21号に認定されるかも。まだ「22W(米軍情報は連番が1個多い)」には認定されていませんが、この雲はずっと「97W」として米軍情報では警戒レベルが高かったもの。そして今朝は「台風になる直前」まで警戒レベルアップ。もちろん、気象庁などの日本の気象情報には、この情報は出ていないと思います(苦笑)。また米軍情報にも出ていない雲ですが、マリアナ諸島西にもずっと気になる雲があって、徐々に確実に西に進んでいます。

なんか本来なら台風シーズンが終わる10月中旬なのに、台風シーズンピークの9月の様相。今月後半はどういう気象になるか予想が付きません。今月末あたりに離島へ行こうと思っていたのですが、またしても・・・(涙)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/19-07:07 | 沖縄台風/災害情報

2019年10月18日

昨日は沖縄そばの日。お店の前をいろいろ通過(のみw)

okinawasobashop20191017.jpg

昨日は沖縄そばの日でしたが、前に書いたように、私自身は沖縄そばが苦手なので、結局昨日、沖縄そばは食べませんでした。ネタ的に食べた方がいいか悩みましたが、ネタのために食べたくないものを無理に食べるのもどうかと思い止めました。

その代わり、昨日の外出は、沖縄そば屋の近くを通るコースに設定。いろいろな沖縄そばのお店の前を通過「だけ」してきましたw

ソーキそば専門 田舎(泊漁港)


那覇でも怪しさトップクラスの「ソーキそば専門店 田舎」。その中でも、最も怪しいのが泊漁港前にある店舗。以前はオレンジ色の建物が目印でしたが、最近、緑色に塗り替えられました。でも相変わらずあの「ソーキそば390円」の看板は変わらず。田舎では他の店舗でも、普通の沖縄そばよりソーキそばの方が安いですからね〜。とにかくこのお店は入りにくい。扉が何処にあるかわかりにくいですし、その扉も怖くて開けられない。でも勇気を出して・・・w



ソーキそば専門 田舎(那覇新港)


実は、怪しい泊漁港前の店舗から、比較的近く(といっても歩くと10分以上かかる)に、同じ「ソーキそば専門店 田舎」がもう1店舗あります。近くに業務スーパーのパクリのようなお店があって、買物ついでにこの近くはよく通ります。でもこの店舗も怪しさ満点で、入口脇に何故か「ミネラルウォーター自販機」があり、怪しさアップ。でも建物自体は赤瓦の古民家で、田舎の店舗の中では最も沖縄らしいかも?でもここも入りにくい扉でかなり勇気が要りますw



ソーキそば専門 田舎(牧志公設市場)


ちなみに「ソーキそば専門 田舎」といえば、やっぱり牧志公設市場近くにあるこの店舗。路地からして怪しさ満点。去年の沖縄そばの日はここで沖縄そばを食べましたが、それ以来丸々1年、沖縄そばは食べていません(写真は去年のもの)。でもこの店舗は比較的入りやすく、居心地も悪くないです。



亀そば(港町)


そして最初の田舎2店舗がある那覇新港エリアには、有名店「亀そば」もあります。「亀そば」といえば、沖縄でもトップクラスの認知度の高いお店です。イベントなどでもよく出店しています。その本店的なものが那覇新港エリアにあります。でも周辺は倉庫街で、そば屋があることを知らないと、まず来ない場所。でも個人的にはランニングコースの近くので、お店周辺はよく通りますのでわかりますが、知らない人だとそば屋があるなんて思わない場所。こちらもソーキそばが一押しのお店です。



田そば(真嘉比)


あと、完全に地元系ですが、昨日は那覇の東部にある「真嘉比」に用事があり、そのエリアにあった沖縄そば屋さん「田そば」。沖縄そばの日の幟もあったので、サービスも期待できそうでしたね。でも那覇市街はちょっと歩けば沖縄そばのお店はいっぱいありますので、もしかすると気づかず素通りしたお店もあったかもしれません。いかんせん、沖縄そばは基本的に食べないもので、お店の有無も記憶が定かではありません・・・



だるまそば(波之上)


個人的に、沖縄本島で初めて食べた沖縄そば屋さん。田舎に並んで怪しさマックスの「だるまそば」。でも田舎よりは入りやすいお店ですが、場所とその外観が怪しすぎ。なにせすぐ裏手はピンク街ですし、建物も真っ黄色。といっても波之上ビーチにもほど近い場所で、近くにビーチサイドホテルやパシフィックホテルがあって、意外と観光客も足を運ぶお店。地元にも人気のお店です。ただ幹線道路沿いにお店があるのに駐車場が超狭く小型車2台のみ。しかも超停めにくい。路側帯が無いので路上駐車も無理です。裏手のピンク街に時間貸し駐車場ありますのでそちらを利用しましょうw



沖縄のスーパー


そしてスーパーにも寄り道。麺コーナーに、沖縄そばの日特設の棚ができていました。といってももともと沖縄そばの棚で、そこにポスターを貼っただけ。沖縄では沖縄そばの麺だけではなく、袋詰めされたスープも単体で売っていますので、自宅でも簡単に本格的な沖縄そばがいただけます。もちろんソーキや三枚肉も普通に売っていますので、好みの沖縄そばをすぐに作ることができます。


でも冒頭の通り、昨日の沖縄そばの日に沖縄そば、食べませんでしたけどね。夕食は普通に和食でした(自炊)。そもそも夜に炭水化物はほとんど取らないので、沖縄そばのみならず麺類自体、夜に食べることはほとんどありません。昼はパンだし、朝は和定食(自炊)なので、麺類を食べる余地がもともとありません。

沖縄そばを食べるとしたら離島旅行中で、食事なしの宿の時ぐらいかな?離島の食堂の場合、普通の定食を頼むと、味噌汁代わりに沖縄そばが付いてきますので(笑)。でも一時期は、ネタ集めのために離島の沖縄そばをいろいろ食べていましたが、あれもかなり無理していましたからね〜。でも食べたのは変わり種ばかりで、あれなら沖縄そばっぽくないので、どうにか食べることができましたけどね(カツカレーそば・ゆし豆腐そば・ステーキそば等々w)。

さて、次に「沖縄そば」単体をがっつり食べるのは、何時になるかな〜?(最後は2018年の沖縄そばの日)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/18-10:03 | グルメ

台風20号北上!本土気象予報士の台風予測、沖縄のおじー未満w



台風20号によーーーやく認定されました。名前は「ノグリー」。K国の言葉で「たぬき(法相)」w

しかし、ウェザーニュースの気象予報士が豪語した、10/16-10時31分のコメント。


「熱帯低気圧が日本に影響する可能性は引き続き低い」
Yahooニュース


このときもブログやツイッターで「少なくとも沖縄への間接的な影響はあるでしょー!」って書きましたが、今朝の米軍予想を見てびっくり。間接的な影響どころか、沖縄の大東島一直線の進路に予想進路が変わっていました。昨日の夜の予想では八重山の南にかなり接近するものの、そのまま西に抜ける予想でしたが、今朝になってまさに急展開(急転回)。沖縄方面へ北上しはじめました。

ただ本土の方に最初にお伝えしたいですが、この時期の台風は本土方面へ北上しても、本土接近前に偏西風に乗って一気に東へ移動するので、先の19号のような本土接近の可能性は低いと思います。現に、本土では日本海にある雨雲群が西から東へ移動しているので、確実に西から東への空気の流れがありますので、その点、あまり不安にならないでいただきたい次第です。

ただしその風の流れの影響で、沖縄から北上したプチ台風が、九州南部から本土の太平洋側を縦断していく可能性があります。なにせ昨日、そのプチ台風の影響で、沖縄本島北部と与論島では半日で100mmを超える豪雨になりましたからね。本土も九州南部、四国、紀伊半島あたりは注意が必要かと思います。また日本海側にある雨雲群も気になるところで、今週末の本土は広範囲で雨っぽいです。

台風19号の影響が色濃く残るだけに心配ですが、先の雨台風で少しは行政も学習していると願います。


それより沖縄は台風20号接近モード。しかし・・・


本土の気象予報士の台風予測。
島のおじー未満の的中率w



おそらく本土の気象予報士は台風の「実体験」が無いから、こうも外れるんでしょうね。逆に島のおじーは台風の実体験が豊富なので、理論とか数値ではなく、感覚(経験)で台風を分析しているので、当たるんでしょうね。

このブログでお伝えしている台風情報も、あくまで「実体験」を元に、米軍情報を加味してお届けしている次第です。正直なところ、気象庁の台風情報も、本土の気象予報士の戯言もノーチェックです(笑)。

あと大東島の人は、台風銀座と呼ばれる島だけに、おじーだけじゃなく島の人みんなが台風達人(笑)。ホントに大東島の方の台風の分析力は凄いです。風向きや湿度などで台風が島に来るか否か、ほぼ百発百中レベル(数えたこと無いですがw)。おそらく沖縄でも大東島の方の予想が、最も当たると思います。なので今回の台風20号も、大東島へ接近する可能性もありますが、島の人は既に備えているでしょうね。

もちろん、まだ予想の段階。大東島や沖縄本面へ接近せず、本土の気象予報士の言うとおりになる可能性も「0」ではありませんが、個人的には沖縄への間接的な影響はあると思います。特に波は遠くに台風がいても影響がありますからね。

また大東島が物資不足になっちゃうかな・・・

こればかりは台風の予想が的確でも、どうにもなりませんからね。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/18-09:19 | 沖縄台風/災害情報

2019年10月17日

10月17日は「沖縄そばの日」だけど・・・

okinawasoba20181017111455.jpg

那覇まつりが終わると、その2週間後に楽しいイベント「沖縄の産業まつり」がありますが、その間にもう1個、イベントというか記念日ありましたね。

10月17日は「沖縄そばの日」

しかし、このブログを以前からお読みの方はわかると思いますが、私は・・・

沖縄そば、苦手です。

正直なところ、離島の食堂でも、沖縄そばの日でも、かなり無理して食べています(笑)。そもそも濃い味と油っぽいものが苦手で、沖縄そばを食べてもスープは一滴も飲みません。またラーメンに至っては、あまりに油っぽすぎて、つけ麺でも無理。もう何年も、いや最後に食べた記憶が無いほど食べていません。そもそも麺類はあまり好きではないんですけどね(パスタを含めて)。

なので沖縄そばの日の今日。年1回の沖縄そばを食べに行くか否か迷っています。ネタに走るか(沖縄そばを食べる)、普段通りにするか(沖縄そばを食べない)。去年は沖縄そばの写真が欲しくて、ソーキそばを食べに行きましたが、今年は沖縄そばの写真はもう要らないので、食べに行く理由がありません。

まぁ行くとすれば、久しぶりに「大東そば」かな〜?

太麺なので、うどん感覚でいただけますからね(通常の沖縄そばは細麺でラーメンみたいだから見た目も苦手)。ちなみに去年も大東そばはお店まで行きましたが、何故か沖縄そばの日なのに臨時休業。仕方なく、「ソーキそば専門店 田舎」へ行った次第です(冒頭の写真)。まぁ那覇の大東そばのお店なら、少し歩けば先の「田舎」もありますし、「我部祖河食堂」もありますし(他にもあるけど観光客が多いお店はイヤ)。

ただ去年行った「田舎」は、沖縄そばの日のサービスが一切無く、通常通りでした。沖縄そばの日だと、サービス品が付いたり、割引があったりするのですが、さすがに激安のお店だとそういうものはありませんね。大東そばは、以前一度だけ沖縄そばの日に行きましたが、大東寿司1貫サービスでした。でも過去にサービス品で「三枚肉サンド」という、沖縄そば屋なのに「パン」をサービスしてくれたお店があってこれにはビックリ。意外とパンと合う三枚肉でしたが、沖縄そばには合いませんでしたw

なので、ネタ探しに沖縄そばを食べに行くのはありですね。でもサービス品は行ってみないと分かりません。ネタにならない場合、苦手な沖縄そばのみではちょっとね・・・

沖縄そばの日の由来など、詳細ガイド

沖縄そばの日って知ってる?その日も役立つ沖縄そば屋ガイド
<旅コラム「沖縄そばの日にも役立つ旅行ガイド」>

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/17-07:23 | 沖縄イベント情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲